ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》子ども病院を訪れたドルトムントに対するドイツ人の反応。



昨日、香川選手を含めたドルトムントの選手が子ども病院を訪問した様子が、ドルトムントのホームページやフェイスブック等で紹介されましたが、BVBに対するドイツ人の反応を主にファイスブックより紹介したいと思います。




201412031932233cc.jpg

201412031932228b2.jpg


・スポーツにおけるライバル関係がなくなる事がある。そして僕はバイエルンファンとしてこの事を素晴らしいことだと思うよ。晴れ晴れとした気持ちになる。


・順位表では最下位だけど心は一位!


・そして突然僕たちは気付かされるんだ。世の中にはサッカーよりも大事な事があるってことにね。


・君たちは素晴らしい若者達だ!


・BVBの皆へ。今日君たちが子ども病院で子供達の目を輝かせてくれたことは本当に素晴らしいことだった。僕の娘は今でも君たちとの出会いに夢中になっているよ。そして他の子供達も早く良くなるように願っている(僕の娘は今日退院したんだ。)。そして君たちにとっても良くなることを願っているよ。君たちは素晴らしいトレーナーと共に素晴らしいチームだ。ドルトムント中が壁となって君たちを後ろで支えるよ。君たちの能力を徐々に発揮する時だ!最下位にとどまらないようにね。君らなら出来るよ。ドルトムント中が信じているんだ!君たちの信じる力を失ってはならないよ。そしてもう一つドルトムントはクロップ、クロップはドルトムントだ。さあドルトムントよ!戦いと勝利を!


・病気の子供達を見ると、順位表なんてどうでもよく思える。よくやったBVB!


・素晴らしい行動だ!!!そして子供達の輝く目を見てみてよ!これに比べれば18位なんてささいな事だよ。


・香川が病気の子どもと、そしてクロップが癌の子どもと・・・・。人生にとって何が大事なことか気付かされる・・・・。


・BVBをさらに好きになる理由がもう一つ。


・サッカーよりも大事な物があるわ。


・ここでは本当に重要な物が何かという事を気づかせてくれる。リーガでの戦いも3ポイントもどうでも良い。ここでは生きるために戦っている。皆子供達のために。


・癌の子供達、怪我が治らない人々、こういう事をみると本当に順位なんてどうでも良いんだなって思う。

スポンサーリンク



201412031932208ff.jpg


・僕はディナモ・ドレスデンのファンだけどこの行動は素晴らしいと思う。こうした行動の前ではライバル関係は消滅するね。


・子供達にとっては順位表なんて関係ない!そしてこの訪問が子供達にとってどんなに重要だったことか!こうした時期にスイッチをオフにすることは大事だね。新しいエネルギーを蓄えて再びポイントを集めるんだ!。BVB!


・目がうるうるするよ。なぜ僕がBVBが好きなのかいつも気付かされる。僕からブーイングを聞くことは絶対にないよ。


・目を輝かせる子供達。これが大事なんだ。よくやったよ若者たち!本物の愛。


・尊敬するよドルトムント!そしてスポーツ面でもこれからは上り坂さ!応援しているよ。


・目を輝かせた子供達、プライスレス。素晴らしい行動だ!


・素晴らしいよBVB!バイエルンファンの僕も尊敬するよ!


・素晴らしいよ若者たち!こんなに難しい状況にも関わらず、人間らしさを失わなかった。この行動はここ数年本当にすばらしい!これからは前に向かって進むだけだね。


・素晴らしいアクション!君たちは子供達に大きな喜びをもたらしたんだ。君たちはサッカーでもこの心と頭で前に進む事を願っているよ。戦いと勝利!たとえ泥臭い勝利だったとしても!


・これは素晴らしいチームと選手だね。タイトルだけを欲しがっているチームとは違うね。


・↑これはバイエルンだってやっているよ。こうした時にスポーツのライバル関係を持ち出すのはやるべきではないよ。


・素晴らしいBVB。もしかしたらこの出会いが次の試合の助けになるかもしれないね。そうなったら素晴らしいわ。


・心があたたまるね。


・素晴らしいよ若者たち!次の試合に勝てば、子供達も凄く喜ぶだろうね。


・僕はドルトムントファンではないけど、こうした人間らしさがいいんだ。


・こうした行動がBVBを力づけると良いね。


・サッカーなんてどうでもいいさ。僕もバイエルンファンだけどこうした行動には頭がさがるよ。このように子供達の笑顔を見ると心が開かれるようだね。


・こうした行動に対してお礼を言いたい!シャルケファンより。


・順位なんてどうでも良いよ。BVBは本当に素晴らしく親しみやすいクラブだ。


・バイエルンファンの僕も言わなくてはなるまい。リスペクト!そしてサム・アップ。(訳注:ドイツ語ではダウメン・ホッホDaumen hoch!)


・素晴らしい行動だね。君たちは病気の子供達を幸せにしてくれるし、彼らはこうした出会いを忘れる事はないだろう。






コメントはもっとたくさんありましたが、これ以上は内容が重複しますので、ここまでにしたいと思います。


厳しい時期ですが、明るいニュースでした。選手もエネルギーを貰えればそれこそ素晴らしいですが、何よりも病気の子供達が早く良くなってくれる事を願います。コメントにもありましたが、次の試合に勝って、子供達がさらに喜んでくれるのが一番ですね。




【おまけ 今日のドイツ】

IMG_2592.jpg

クリスマスツリーのスポンジ

この季節は色んな物がクリスマス仕様ですね。
[ 2014/12/03 19:35 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(5)
翻訳ありがとうございます。
恒例のクリスマスシーズンのこども病院訪問ですね。
数年前の訪問の時はクロップサンタも見れましたよ。
こどもたちも大喜びだったと思いますが、病気と闘うこどもたちから選手たちも勇気と元気を貰えたらと思います。


[ 2014/12/03 20:06 ] [ 編集 ]
No title
些細なことというわりに最下位の話多いなw
[ 2014/12/04 02:54 ] [ 編集 ]
No title
こういう活動はとても素晴らしいことですね。ちょっと話がずれるかもしれませんが、ラグビーでも試合終了の際に〝ノーサイド〟の笛がなります。試合が終わると敵味方、関係なくお互いの健闘をたたえあい、そして双方 同じ仲間という精神になります。フィールドでは戦い、試合終了、そしてフィールドの外でこういう行動はうれしく思います。また、子供さん達も勇気や元気をもらえるような気がします。(実際には選手が元気をもらうかもしれません。)                             きっと次の試合は勝ってくれると信じてます。
[ 2014/12/04 05:40 ] [ 編集 ]
No title
素晴らしい行動ですね
ウルウル涙が出てきました
仕事の合間だというのに(笑)
[ 2014/12/04 13:33 ] [ 編集 ]
No title
まぁ本当はどうでもよくないからな。
[ 2014/12/09 20:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。