ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙!ペーター・ボシュの変な記者会見!記者からの質問をはぐらかす。《ドイツの反応》




Welt】


BVB監督ペーター・ボシュの変な記者会見



entry_img_1991.jpeg


BVBはブレーメンとの重要な試合を控えている。選手たちは転換期になることを誓ったが、おかしなことにそのことをペーター・ボシュ監督は憶えていないようだ。

ペーター・ボシュの状況は簡単ではない。しかし彼自身がそうしてしまっている。ボルシア・ドルトムントの監督はここ12試合で1勝しかしておらず、大きなプレッシャーにさらされている。そしてブレーメンとの試合を前にした記者会見で彼は、自ら周りを混乱させている。


スポンサーリンク


4:4に終わったシャルケ戦の後で、重要なミーティングが行われた事を選手が明かしていた。そのミーティングでは選手はフラストレーションや気持ちを正直に話し、この話し合いが将来、力を発揮する上で重要な意味を持つとしていた。しかしボシュは、そんな事はまったく知らないと語ったのだ。


“彼らがいったいどのミーティングの事を言っているのか全く分からないね。”とボシュは金曜の記者会見で述べている。彼によると、彼は毎週沢山ミーティングをしているとのことだ。時には全員と、また時には少数のグループ、もしくは個人と。しかしヌリ・シャヒンが語っていたミーティングがどのミーティングだったのか彼は全く知らないらしい。


どうやら、ダービー戦の後の火曜日に行われたミーティングの意味合いは、選手と監督とでは全く異なっているようだ。いずれにせよチームのリーダー的存在のシャヒンにとっては、このミーティング重要な意味を持つようだ。


“そのミーティングではいくつかの事柄についてはっきりと意見が言われ、それによって変わる事になった。”とトルコ代表はレアル・マドリッド戦後に語っている。シャヒン自身もこのミーティングがなければ0:2から追いつくことはなかっただろうと語っている。“その話し合いで僕らが正直にハッキリと言わなかったら、今日2:2となることはなかっただろうね。”これがシャヒンの言葉だ。



こうしたコミュニケーションの問題とは別に、ボシュは自分がチームを握っていると強調した。4バックから3バックへと変更したのは、選手の強い希望ではないと強調したのだ。



もちろん彼は、どうしたシステムがより良いか選手と話をするが、“最終的に決めるのは私だ。”と語っている。また3バックへの変更に関して言えば、噂されているように誰もそのような希望を述べなかったようだ。“僕たちは3バックにしなければならない、とはだれも言わなかったよ。”
とボシュは述べている。


さらにシュメルツァーやシャヒンがズボティチの起用を要求したという事に関してもボシュは否定している。“ネヴェンがシーズン序盤あまりプレーしなかったのは確かだ。”とボシュは語っている。ズボティチは序盤は全くプレーしなかったがレヴァークーゼン戦でプレーすると、マドリッド戦ではいきなり3バックの中央でプレーした。ボシュによると、ズボティッチはトレーニングで良い印象を与えたようだ。“彼は素晴らしい選手で、我々が必要とすればそこにいてくれる。そして我々には彼が必要だ。”とボシュは続けている。


ブレーメン戦でもズボティチは出場するとみられている。次の試合はボシュにとっては“重要な試合”とのことだ。“我々は転換期を待っている。”とボシュは語った。







以上です。

レアル戦後にシャヒンが重要なミーティングについて語っていましたが、記者会見ではそれについて質問が及んだようですね。

しかしボシュはそのミーティングについては、はぐらかしてしまったようです。

4バックから3バックへの変更や、ズボティチの起用が選手の要求であったかどうかは、あくまで記者の憶測にすぎませんでしたからボシュがこれを否定しても別に不思議ではありません。

ボシュが言っていることが本当かもしれません。しかし選手にとって重要だったミーティングを監督が覚えていないという発言には多くの人が疑問を抱いたようですね。

監督としては、それを認めてしまったら自分の立場がさらに弱くなるとでも思っての発言かもしれませんが・・・。




[ 2017/12/09 19:09 ] ボシュ2017 | TB(-) | CM(6)
チームのことより自分のキャリアの心配をしてるようにみえるw
[ 2017/12/09 19:22 ] [ 編集 ]
とりあえずなんでもいいから監督変えてくれー
[ 2017/12/09 20:14 ] [ 編集 ]
サラリーマンぽい監督ですよね
どこと対立しても結果を出すためには頑張る
監督ではなくて、保身第一

フロントは扱いやすそう
[ 2017/12/09 21:15 ] [ 編集 ]
でも自分の意志で変更を加えていると肯定することは悪いことではないと思う。
選手の意見を取り入れ、考えを改めたと言われた方が、頼りなく感じるし、選手におもねっている印象を持つので。この変更を自分が肯定して進めていると言うのなら、突き進んでいい結果を出して欲しい。交代がいつも外れることだけはなんとかならないものか。それとも新しく来た選手はみな出場数等の取り決めがあるのか?だったら合点がいく。
[ 2017/12/09 21:15 ] [ 編集 ]
チームの和を乱すとか散々叩いてトゥヘルを切って新しい監督を連れてきた結果がこれかよ。結果出した選手が次節でベンチになるわ、かたくなにゲッツェを酷使し続けるわ。選手のモチベもあったもんじゃないでしょ。皮肉すぎやしませんかね?
[ 2017/12/09 21:57 ] [ 編集 ]
ミーティングの内容は会社で言えば、社外秘だよ。高校サッカーでも部外秘。マスコミに喋る人はいないよ。
[ 2017/12/09 22:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。