ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVB監督!シュテーガー新監督の後任はすでにナーゲルスマンで決定か?《ドイツの反応》

【Sport1】


BVB?ナーゲルスマンはこう言った。

entry_img_1994.jpeg

ボルシア・ドルトムントは夏にホッフェンハイムのナーゲルスマン監督を獲得するのだろうか?

ハノーファー戦で敗れた後で彼はこう語っている。
スポンサーリンク






ホッフェンハイムの監督、ユリアン・ナーゲルスマンはボルシア・ドルトムントへの移籍の噂について口を開いた。



〝2日ごとに状況が変わるわけじゃないよ。2日前に言った通り、今のところコンタクトはないよ。”と彼は説明した。



さらにナーゲルスマンはイライラして、〝コンタクトなし、っておでこに貼っておいた方が良いかい?”と語っている。


ドルトムントは日曜日にペーター・ボシュ監督を解任し、後任にシュテーガー監督を招聘した。シュテーガー監督との契約はシーズン末までとなっっている。



しかしシュテーガー監督就任前からナーゲルスマン監督の獲得の噂が囁かれていた。



当紙の情報によると、ナーゲルスマンとBVBの交渉はかなり進んでいるようである。








以上です。



シュテーガーになったばかりで、もう次の監督が噂されています。シィテーガーは、ドルトムントからオファーが来たらたとえ2週間だけの契約でも断れない、と語っていましたね。ちなみに夏の時点でも打診はあったそうですが、ケルンとの契約を優先したようですね。


さてドルトムントはどうなるでしょうか?シュテーガーは守備的な戦術で知られていますが、割と多くのシステムを採用してもいますね。現に大迫選手はいろいろなポジションで起用されていたように思います。


今いる選手の強さが出るような起用方をみつけてほしいですね。

それから後任のナーゲルスマンですが、良い監督だと思いますが、できればCLの経験が豊富な監督を呼んでほしいですね。イングリッシュウイークの戦い方を経験している監督というのは大切だと思うのですが…
[ 2017/12/11 07:23 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(21)
新監督は多分ドルのことは熟知してると思う。覚えてる限りケルンが2部から上がってきてドルに負けたことは今シーズンの一度だけ。なので長所短所をかなり知ってるね?ならばどこをどう修正すればいいのかもわかってるはず。あとスポティッチがこの前まで一緒にやってたからやり方が浸透するのは早いんじゃないか?
2部クラブをヨーロッパのレベルに引き上げたんだからかなりやり手なのは間違いないよ。前のシーズンまでのケルンのようにエグいサッカーやんなら2位3位もあるかも?
そうなるとナーゲルスマンが次のシーズンからやるかどうかはわからない、つかないだろね。
[ 2017/12/11 08:09 ] [ 編集 ]
っていうか大迫の起用法とか見るあたりあまり期待出来ない。っていうかしてない。はっきり言って中堅クラブレベルを指揮する監督だよ。
[ 2017/12/11 08:17 ] [ 編集 ]
残念ながらBVBが大物監督を連れてくるビジョンが見えません
クロップの前からそうですしね
ここでアンチェロッティに声かければ面白いんですが年俸が払えないのでしょう
ナーゲルスマンと共に2~3年を目処に0からのスタートできれば御の字かと
[ 2017/12/11 08:36 ] [ 編集 ]
シュテーガーが6月末までですから本命はいるんでしょう。
ナーゲルスマンの内定は時期尚早のような気がします。
ヨーロッパの大会と過密日程に苦労してるようですし、シーズン後半には他の監督の動向も変化するでしょうから、もう少し様子見した方がいい気がします。
[ 2017/12/11 08:48 ] [ 編集 ]
そうなんですよねぇ、2連覇時のクロップでさえCLでは結果を残せませんでしたし経験の有無は大きいと思います。
ナーゲルスマンは優秀な監督ですからきっと数年もCL経験すれば結果を残せるようになるでしょうが
現役生活の短い選手にとってはその数年を待ってはいられませんよね、もちろん20代後半の香川も…
[ 2017/12/11 08:54 ] [ 編集 ]
シュテーガーは守備的なサッカーですけど、4バック、5バックと相手に合わして色々やってましたね。
個人的にはそんな好きなサッカーをする監督ではないですけど、オバメの速さはボシュのサッカーより活かせそうですし案外上手くいくかもしれませんね。
どこまで信用できるか分かりませんけど、来季ナーゲルスマンが本当に来てくれるなら我慢して待てます。
[ 2017/12/11 09:15 ] [ 編集 ]
>>できればCLの経験が豊富な監督を呼んでほしい
本当にそうですね。なんで未だにドルトムントほどのクラブが「有望」程度の監督を選ぶのか理解出来ません。
[ 2017/12/11 09:40 ] [ 編集 ]
ナーゲルスマンはSAPとセットで輝く監督なので、ドルトムントは
本命ならSAPとのスポンサー契約は必要でしょうね
[ 2017/12/11 13:29 ] [ 編集 ]
選手としてキャリアもなく、監督としても駆け出しなんてトゥヘルの二の舞にしかならんと思いますけどね
ブンデスリーガを優勝させた経験があるとかならいざ知らず実績皆無ですし、良くあるマニュアル監督でしょう
ナーゲルスマンが就任するってことはBVBは10位以下でフィニッシュしてELも無い場合のみでしょうね
いい加減、安っぽい若手監督やドイツ人監督は止めるべきでしょう
[ 2017/12/11 17:04 ] [ 編集 ]
違ってたら申し訳ないのですがナーゲルスマンてトゥヘルと一緒にやってた事あったような記憶があるのですが。それならトゥヘルからフロントの事色々聞けるし、となると引き受けるかどうかはわからないというかないように思います。ナーゲルスマン本人はバイヤンに行きたそうだけどレーヴがどうするかにもよるのかな。
[ 2017/12/11 17:22 ] [ 編集 ]
クロップを育てたようにクラブは有能な若手監督を辛抱強く育てたいんじゃないかと思うんですよね。そして自然にベテランは去り若手と監督が噛み合えばまたクロップのような成功を得られると。いずれにしても監督にも選手にも大金は払わないでしょうね。
[ 2017/12/11 18:59 ] [ 編集 ]
選手にお金をかけられないなら、監督にドンとかけたらいいのに。と思ったけれど、最近の傾向として、選手補強に予算が潤沢じゃない(全体バジェットじゃなく、一人にかける予算)チームには名将と言われる監督は行きたがらない。それでも来るという変わり者も中に入るけど、自分の希望は120%通そうとするタイプだからドルには来たがらないですね。
[ 2017/12/11 21:00 ] [ 編集 ]
シュテーガーにとって渡に舟っぽいけど、よく引き受けてくれたなぁとも思います。連敗続きの成績不振で解任されたのに、これまた勝利に見放されたチームの監督に就任なんて、奇妙ですが、ブンデスリーガやドルトムントの事は熟知しているだろうから、よそから来たボシュよりはマシかなと少し期待してます。それにしても監督さんって人材不足なの?
[ 2017/12/12 01:56 ] [ 編集 ]
シュテーガーは選手としてのキャリアも監督としてのキャリアもありますし、ケルンのフロントが下手打たなきゃ解任される事も無かったかもしれませんね。
そういった意味ではBVBのフロントも下手打ってるので二の舞になる可能性もありますが、得点源と中盤の屋台骨が残ってるので何とかなるかもしれません。
あのケルンをELまで押上げたのは凄いですしね。ナーゲルスマン程度の名前なんかが上がる馬鹿げた事の無いように結果を出してくれる事を願っています。
BVBではゲッツェとシュルレを使わないように出来るかがポイントになるでしょうが、どうなるか見てみましょう。
[ 2017/12/12 02:39 ] [ 編集 ]
ナーゲルスマンが来てくれるのは願ってもない程だと思いますよ。
自分はナーゲルスマンよりも明確に上回っている監督はペップとアッレグリ位だと思います。
リバプール対ホッフェンハイムの試合を見ていましたが、選手の質で勝ちを逃しはしましたが相手のプレスをいなしスペースにボールを入れる仕組み、レイオフを組み合わせ中盤でフリーな選手を作りボールを運ぶ際のユニットの驚異的な練度の高さ。
それにペップ、ジダンは監督初年度でCLを取りましたしトゥヘルも初CLでベスト8、別に経験がなければいけないというわけではないと思います。
バイエルンの後任監督とも言われていた監督ですし本当に世界で指折りの監督だと思うのでぜひ来てほしいです。
[ 2017/12/12 07:58 ] [ 編集 ]
消費期限切れのアンチェロッティなんかが来たらドルトムントは終わりでしょう…
ナーゲルスマンが来てくれるかも分かりませんが。
[ 2017/12/12 09:02 ] [ 編集 ]
過去の実績に囚われるのもどうかと思いますよ。アンチェロッティのようなこととありますからね。
選手としての経験とかなくても素晴らしい監督はいます。
クロップやトゥヘルだって派手なキャリアだったわけじゃないですし、1部昇格、残留、欧州カップ戦に進出など、ナーゲスルマンと似たような経歴で評価されて就任した監督です。クロップなんて2部降格してましたけどね。
ホッフェンハイムの試合を見てればナーゲスルマンが素晴らしい監督なのは分かります。
[ 2017/12/12 11:54 ] [ 編集 ]
グアルディオラは長く在籍したバルセロナでマネージャ業を始めれ、たまたま上手く行ってキャリアを積めて、選手が付いてくる監督としての実績を得れたのが大きいでしょう。
金が使えて選手も揃ってるならセードルフやインザーギ、モンテッラ辺りが名監督になってたかもしれませんね。
ナーゲルスマンは実績も経験も浅いですし、凄いならブンデスリーガ優勝かELをポルトを率いたモウリーニョの様に優勝して見せるべきですね。
レッドブルの監督ハーゼンヒュットルくらい重厚にならないと話にもなりません。アンチェロッティすら追い出されるのに、バイエルンの監督の話とかシニカルでした。
BVBにしても育成クラブに成り下がりましたが、OBでもない若手監督まで育成してやらにゃならん事になったら悪夢です。
[ 2017/12/12 15:01 ] [ 編集 ]
今のマンチェスターシティを見て「たまたま」などと言う人は、サッカー通には一人とて居ないでしょう。
ペップは世界一の戦術家です。
レッドブルはハーゼンヒュットルより、ラングニックの存在がとてつもなく大きいのです。
[ 2017/12/12 17:34 ] [ 編集 ]
15年前辺りのシティで今の様な結果が残せるなら凄いですが
バルセロナもバイエルンもマンチェスターシティも選手も金も揃ってる場所ばかりですね
誰しも世界一の戦術を持っているでしょうが、それを実現できる機会はそうそうないですしね
キャリアスタートが黄金期のバルセロナではなく暗黒期のバルセロナだったら、戦術のトレンドがマッチしていなければ速攻解任されてたかもしれません
そういった機会を幸運で「たまたま」得られたんでしょう
[ 2017/12/13 01:15 ] [ 編集 ]
そういった意味でもボスは気の毒でしたね
[ 2017/12/13 01:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。