ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「ドイツの反応」BVB フンメルス 最新インタビュー!!

この間の日曜日、ドルトムントはその時点で暫定18位でしたが、ビルト日曜版が専属インタビューを行いました。キャプテンがどのような気持ちでいるのか、またクロップについてどう思っているのかが語られています。

ちなみにビルト日曜版はビルトの姉妹版で、ちょっと雑誌のように特集記事が多く組まれており、少し雰囲気が違います。




20141204025356fac.jpg

ワールドカップでの優勝からブンデスリーガ18位へ。
キャプテンのフンメルスがBVBの墜落の理由についてインタビューに答える。
また彼はクロップが控室でこの危機的な状況に対してどう対処しているか、ロイスが行ってしまうか、そして選手の契約は2部リーグでも有効であるかなどうち明かす。




フンメルスさん、あなたはインターネットでのフットボールマネージャーのファンだそうですが、今シーズンはどうですか?

そんなによくないですね。僕は自分の事を買ってみたんですよ(笑)。僕は、本当に自分を買うかどうか、長い間苦心しなければなりませんでした。なぜならワールドカップ後に負傷していましたからね。伝統にのっとって結局買うことにしましたが、それによってマイナスポイントを集めることになりましたね。


あなたのトップ選手はだれですか?

ヴォルフスブルクのデ・ブルイネですね。ゴール前ではケルンのティーモ・ホルンと良い感じですよ。ストライカーはグラートバッハのラファエルですね。


BVBの危機を3つの言葉で表してもらえませんか?

驚き。困難。挑戦的。僕たちは昨シーズンも上手く行かず難しい時期を過ごしましたが、その時とはまた違いますね。なぜなら今シーズンの僕たちはあんまりポイントを獲得していませんからね。僕たちは冬休みまで待って、じゃあ今から攻撃を開始しよう、と言う事はできません。僕たちはクリスマスまでの5試合で最低でも3試合には勝たなければなりませんね。ある程度の順位を獲得するためにもね。


チャンピオンズリーグ出場はまだ目標のままですか?

僕は、今目標について話すのは間違っていると思います。もしかしたら後半戦でのどこかで、こうしたテーマについて話す事が出来るかもしれませんが、僕達の考えは今の所、ポイント、ポイント、ポイントです。そしてどのようにしてポイントを獲得するかはどうでも良いんです。僕は本当はこうしたモットーが好きではありませんが、でももしかしたらこれが大事かもしれませんね。戦う、噛み付く、ひっかく、そして僕達の試合における長所を全て使い切る。


BVBの下降の原因は何でしょうか?

もっとも悪いのは、それが沢山あることなんです。最初は信じられないほど多くの個人のミスでした。僕たちは僕達のレベルに達するためには、その2倍ぐらいのゴールをあげ、その半分ぐらいの失点にしなければなりませんでした。それにくわえて戦術面での失敗がありました。僕達では今でも対戦相手に対処しきれていません。毎試合相手に大きなチャンスを与えています。素晴らしい試合だったグラートバッハ戦でさえ、50:50の状況でしたし、僕たちは目に見えて自分たちで試合を決める事は出来ませんでした。そして自信を失い、動揺し、神経質になってしまったんです。

スポンサーリンク



IMG_4533_convert_20141002202858.jpg


レヴァンドフスキーの抜けた穴は今のところ埋められていませんが、こうした状況のおいてバイエルンの責任はどのぐらいありますか?

まったくありません。


ではこの危機にはどのぐらいクロップの責任がありますか?

チームの責任のほうが監督や他の選手の責任よりもずっと多いです。僕達選手は、自分たちで苦しい状況を作ってしまったという事がはっきりと分かっています。トレーナーは何も変わっていませんし、どういうサッカーをしたいかという事に関してもそれほど変わっていません。僕達がどう対処したかという事だけが危機を招いた原因となります。

20141204030610e2b.jpg

ではBVBはクロップ危機ではなくてチームの危機だと?

そうですね。僕たちは内部でもそれについて話し合いました。僕たちは監督にも何かお返ししなければならないとね!僕たちは自分たちが個人的にも高いレベルである事を知っています。でもそれでもユルゲン・クロップを通して一つになるんです。


クロップは問題にどう対処してますか?控室でも試合中のように爆発してますか?

敗戦直後なんかはとても感情的だし、怒ってます。また時々怒鳴りもします。での次の日には、とても事務的に僕達の失敗について分析します。これは以前も同じでした。彼の僕達に対する接し方は何も変わっていません。彼が試合後により多くのミスについて分析しなければいけない事以外はね。


続く





今回は以上です。今後はロイスについてや、自分の移籍に関してまで質問が及びます。今後訳して次回アップしたいと思います。

フンメルスがフットボールマネージャーのファンだと言うことは初めて知りました。いったいどのようなチームを作っているのか興味がありますね。

サッカー選手でも結構サッカーのゲームをする選手が多いようですね。ドイツでは今年はFIFAに代わってウイニングイレブンのドイツ版が話題になっていました。



シーズン序盤に行われたフンメルスのインタビュー も合せてご覧いただければと思います。


【おまけ 今日のドイツ】

IMG_1932.jpg

何気ない材木もちょっと工夫をしてサンタに早変わり。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

人気ブログランキングへ
[ 2014/12/04 06:00 ] フンメルス  | TB(-) | CM(3)
No title
ドルトムントに早く、冬眠から目を覚まして欲しいですね。勝ちたいという焦りからミスをし、結果が悪い方にでているだけ?(素人の発言ですみません。)時に開き直ってプレーすると良い結果に繋がったりもしますが。まずは目の前の試合をモノにし、一つずつ階段を登って欲しいです。
[ 2014/12/04 07:16 ] [ 編集 ]
No title
インターネットでのフットボールマネージャーって?
セガのとは違うよね
[ 2014/12/04 07:42 ] [ 編集 ]
No title
く、ここで続くとはやってくれるぜ
[ 2014/12/04 19:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。