ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムントのプリシチ!アメリカ年間最優秀選手に選ばれる!《ドイツの反応》



レヴィーア・スポーツ】

BVB

クリスティアン・プリシチ、アメリカ年間最優秀選手に選ばれる


entry_img_2001.jpeg



ボルシア・ドルトムントの19歳アメリカ人は故郷で年間最優秀選手に選ばれた。


すでにBVBがツイッターで発表していたが、クリスティアン・プリシチが19歳にしてアメリカ合衆国の年間最優秀サッカー選手に選ばれた。

スポンサーリンク


このヤングスターはドルトムントでポカールを獲得し、さらにブンデスリーガ76試合でプレーしている。これまでの成績は10ゴール14アシストだ。


またこの173センチの選手は、すでにアメリカ代表として20試合プレーしており、9ゴールを記録している。しかし来年行われるロシアワールドカップの出場は逃している。アメリカ代表は参加を決める、対トリニタード・トバゴ戦に恥ずべく負けを喫したのだ。


プリシチは史上最年少での受賞となっている。“この受賞を誇りに思う。こんな事が可能だとは想像もできなかった。”とプリシチは語っている。


彼の市場価値はトランスファーマルクトによると4500万ユーロとみられている。








以上です。

最年少での受賞良かったですね。ここ最近BVBではあまり調子が良くありませんが、それでもアメリカ代表では中心となってゴールをしていました。これからのアメリカのスターとしての期待の表れでもあるでしょう。

ボシュはプリシチにうまく役割を伝えられていなかったのかもしれませんが、シュテーガーがどうするか見ものですね。シュテーガーには少し期待しています。

才能ある選手ですので、よりチームのためにプレーしてほしいです。

[ 2017/12/16 06:34 ] プリシチ | TB(-) | CM(10)
おめっとさんだけど、今後はプレースタイル変えないと厳しいかな?パサーに転向した方がドリブルが活きると思うけど。
[ 2017/12/16 06:52 ] [ 編集 ]
これだけの才能があって、まだ19歳ですから、周りの選手たちも羨ましくて仕方無いでしょうね。
彼のプレースタイルが大好きだし、爽やかでキュートなルックスも最高です。
それに比べてレナト・サンチェスの落ちっぷりの酷さよ……
アンチェロッティではなく、ペップだったらもっと上手く育てただろうか?
いや、やはりメガクラブは早かったのか。
[ 2017/12/16 07:54 ] [ 編集 ]
ちょっと彼の良さが解らないです
彼が選ばれるのなら伊藤くんも注目されているのでしょうね
彼にはプレイヤーとしての経験が豊富な監督の方が合うんじゃないでしょうか
[ 2017/12/16 13:39 ] [ 編集 ]
ドリブルするタイミングさえ改善してくれればなぁ
[ 2017/12/16 14:54 ] [ 編集 ]
もちろん才能ある選手だけど、最近のプレーっぷりは正直この賞には相応しくない。
[ 2017/12/16 16:51 ] [ 編集 ]
プリシッチは良い選手ですよ。それにまだ19歳!これからも楽しみです。
ボシュはプリシッチに、第2のデンベレを期待していたのだと思います。ドリブルのスピードは素晴らしいし、いろいろ見えている事も有ります。ただ、最後がデンベレとの大きな差で…残念になってしまう。やはりまだ一人での突破は無理でしょう。
ボシュ体制での開幕戦ゴール1発目がプリシッチでしたね。そこからの連勝…私は脆さを感じていましたけど、ボシュにとって栄光の日々だったはず。プリシッチは怪我以外ではずっとスタメンで、ボシュに途中交代させられたのは、たったの1回だけですし、そのスタイルもボシュのお気に入りだったのでしょうね。

マインツ戦で、シュテガーは試合中にプリシッチに何かを指示していました。それからはオナドリが減ったように思いますし、一番に交代させられたのもプリシッチ。シュテガーがそこら辺りは教育しなおしてくれそうで、期待してます。
[ 2017/12/16 17:34 ] [ 編集 ]
19歳でトップチームに居るというのが、彼にとって大きなアドバンテージだね。
プレースタイルはスプリントのスピード以外まだあまり融通が効くモノではありませんが、なんせ若いですもの、可能性の扉は大きく広がっています。 大事に導いてほしいですね。
[ 2017/12/16 17:49 ] [ 編集 ]
大人気プリシッチ
プリシッチはもはやドルトムントでアイドル的な人気を誇っていますね。
最新の市場価格を調べてみましたが、確かに4500万ユーロに上がっていますね。
これでオバメヤン(6500万ユーロ)に次いで、ドルトムントでは2番目に高い選手になりました。
凄いですね。
クロップを始めとする、ビッククラブがこぞって獲得を熱望してくるでしょうが、あと数年間はドルトムントにいて欲しいものです。
ちなみにロイスは3500万ユーロまで落ちていました。
[ 2017/12/16 18:08 ] [ 編集 ]
プリシッチ、おめでとう。
昨シーズンは縦へのドリブル、今シーズンはカットインを勉強中といった印象。
となると次は横への「カニのような」ドリブルを身につければいいのかな。
中央にいる選手に直接渡して、そのまま回り込めば…。誰かさん(23番)が喜びそうなプレーが生まれそう。
[ 2017/12/16 19:36 ] [ 編集 ]
ドリブル成功したあとの選択がまたドリブルなのが痛い。
絶対に良い選手だからドリブル後の選択を間違えないようにすれば攻撃ではとても大きな希望になる
[ 2017/12/18 22:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。