ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント会長「BVBで半年監督するほうが、シャルケで5年監督するより価値がある!」シャルケが華麗に反論!《ドイツの反応》




Tオンライン】


シャルケボス、ヴァツケの発言にカウンター



entry_img_2002.jpeg


ドルトムントとシャルケの間には再び矢が飛び交っている。シャルケのボス、ハイデルはBVBボス、ヴァツケの発言に対して非常にエレガントに反論した。


スポンサーリンク


ハンス・ヨアヒム・ヴァツケはトークショーで、ライバルのシャルケに対して嫌味を言っている。ヴァツケは新監督ペーター・シュテーガーの契約期間が短いのではないかという質問に対して、“ドルトムントで半年間監督するほうが、シャルケで5年間するよりも価値が高い。”と反論したのだ。


もちろんシャルケのボス、クリスティアン・ハイデルはこれに黙っている事はなかった。土曜日のフランクフルト戦のための記者会見でハイデルは、“私はこれまで彼の元に二人も監督を送っている。これからは、どこから監督を連れてくるか自分でなんとかしなければならないね。もちろん失敗する事もあるだろう。”



2008年にはクロップがマインツからBVBに移り、7年間にわたって成功を収めた。またハイデルはドルトムントの監督は、ユルゲン・クロップ以外は長く持たなかったことにも言及している。


さらにハイデルは、“アキは賢い男だ。彼は今の状況であまり多くの拍手をもらえていない事にすぐに気が付いたに違いないよ。そうなったらシャルケの名前を引き合いに出すしかないからね。それで拍手がある事に対して僕らは光栄に思うよ。”と説明している。



いずれにせよハイデルは、ドルトムントに対して話すことによって拍手を受けようとまでは考えていないようだ。





以上です。

またヴァツケの発言が大きく取り上げられてきました。

残念ですが、ヴァツケは話せば話すほど評価を下げているという事実に気が付くべきでしょうね。ビジネスマンとしては成功を収めたかもしれませんが、彼が働いているのはスポーツの世界です。その世界で選手としても一流だった、ヘーネスやルンメニゲ、またはベッケンバウアーのような求心力、カリスマ性はどう考えたって無理でしょう。だから彼らと同じように表に出てきて振舞おうとしてもだめだと思うんですよね・・。

ドルトムントにもきちんとミヒャエル・ツォルクという優秀なスポーツディレクターがいるのですから、ヴァツケはもう少し後ろに下がっていたほうが良いように思うんですが・・。

まあ今回はハイデルの対応の方が大人の余裕を感じますね。



[ 2017/12/16 19:10 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(7)
「彼は今の状況であまり多くの拍手をもらえていない事にすぐに気が付いたに違いないよ。そうなったらシャルケの名前を引き合いに出すしかないからね。それで拍手がある事に対して僕らは光栄に思うよ。」

か、かっこいい……!
[ 2017/12/16 20:34 ] [ 編集 ]
テデスコ当てたシャルケは余裕ありますね
[ 2017/12/16 21:02 ] [ 編集 ]
手腕はそこそこでも人格に難あり
どこかにこういう監督いましたね

それより今日の試合が楽しみです
[ 2017/12/16 21:04 ] [ 編集 ]
よそで成功するより自分のところで失敗するほうが価値があるとフロントが思ってるようじゃ厳しいな
[ 2017/12/16 21:41 ] [ 編集 ]
詳細は不明ですが、トークショーのおいての発言ですよね?それならシャルケを煽るのはある意味セオリー通りだと思いますが…
ヴァツケはオープンにいろいろ話す人だから、そこが魅力ですし、炭鉱のにおいが残るドルトムントという土地の熱いファンには気取った紳士より気さくなおやじ…飲み屋で話す感じの親しみが似合っていると思いますよ。でも、ヴァツケはトゥヘルやボシュの就任中等チームが混乱するような場面では常に擁護していたから、ちゃんと場をわきまえていると思いますね。いずれにしても、私はヴァツケが大好きです!!
[ 2017/12/16 23:34 ] [ 編集 ]
シャルケ大人すぎ笑
それともドルトが子供すぎなのか?笑
[ 2017/12/17 00:15 ] [ 編集 ]
シャルケボス、ウソツケ発言に、、、、
疲れてるんだオレは、、、
[ 2017/12/17 05:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。