ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ポドルスキー!ドルトムント新監督シュテーガーを勇気づける!《ドイツの反応》




ビルト】

ポドルスキー!彼を勇気づける!

彼を犯罪者のように扱うなんてありえない!!



entry_img_2003.jpeg


僕は数日前にドイツに戻ってきたんだけれど、シュテーガーがドルトムントの監督に就任した事がどのように語られているか、耳にすることになった。

スポンサーリンク




いったいこの解釈と言ったら・・・・・。


結局のところは直接関係した人じゃないと何が起こったかは分からないよ。


もちろんペーター・シュテーガーはケルンを解任されたわけだから、その後にBVBから打診されれば、それについて考えることは正当なことだと思う。素晴らしいクラブだし、僕だって仕事するだろうよ。


僕だって自分のクラブを解雇され、その5日後にオファーが来たら、考えると思う。


ただ何年も赤と白だったのに、急に黄色と黒になるのは変な感じだね。でもほかにペーター・シュテーガーに何ができたと言うんだい?ドルトムントに断れとでも?


彼はヨーロッパの大きなクラブで働くチャンスをもらったんだ。僕は何も問題ないと思っているよ。ペーター・シュテーガーが犯罪者のように扱われるなんて、あってはならない事だ。ドルトムントとシュテーガーは別にドラマチックなものではないよ。


僕にとって残念なのは、彼がケルンとこのようにして分かれてしまったことだけだ。


それからケルンファンに一言いいたい。僕はFCケルンだしファンでもある。今日ヴォルフスブルクに勝てば、まだ可能性はあるよ。他のチームとの差はまだそれほどないけれど。


もちろんケルンはすでに2部リーガに向けて準備をするべきだ。だけど冬休み後に負傷者がみんな戻って来て、勢いが付けば、まだセンセーショナルは可能だ。


まずは誰が新監督になるか待とうじゃないか・・・。







以上です。

ポドルスキーは、すでにドイツに戻ってきているようですね。シュテーガーのBVB監督就任に関しては、ケルンから見たらあまりポジティブには受け取られなかったようですね。それでポドルスキーがこのような発言をしたという事でしょう。

あまりにもあっさりドルトムントの監督を承諾したように見えますから、ケルンファンからしたら裏切られたように感じるのも分かりますが、その矛先を向けるのは、解任の決断を下したフロントですね。



[ 2017/12/16 21:30 ] ポドルスキー | TB(-) | CM(3)
解任されて休養してるときに話し来たんですし、裏切ってBVBに飛びついた訳ではないですしね
ケルンのフロントの補強失敗で大失速しての解任ですし、BVBで直ぐに1勝上げた事を見てもケルンフロントと選手の責任ですね
[ 2017/12/17 00:47 ] [ 編集 ]
有能監督
[ 2017/12/17 13:18 ] [ 編集 ]
偶然のタイミングなのでしょうが、ケルンにとっては不幸で
ドルトムントにとっては不幸中の幸いだったのでしょう。
ポドルスキーのケルン愛は本当に理解出来ます。
今ではもうケルンでは賄い切れない程の選手になってしまいましたが、
正直なところ、ケルンで活躍するポドルスキーを再び見てみたいです。
[ 2017/12/19 01:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。