ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドルトムントのインモビレ!復活で欧州最高のスコアラーに!《ドイツの反応》



Sport1】

BVB失敗のチーロ・インモビレ。ヨーロッパトップリーグ最高のスコアラーに!

チーロ・インモビレの復活!



entry_img_2006.jpeg



ボルシア・ドルトムントでのチーロ・インモビレはチャンスを潰してしまうとして叫ばれ、失敗作の烙印を押されてしまった。しかしイタリアに戻った彼はラツィオ・ローマで花開き、メッシらトップ選手を抑えている。


チーロ・インモビレは彼の自信のある様を木曜の試合でも見せた。


2部のチッタデッラと対戦したその試合で、インモビレは87分に感性豊かなループキックで得点を挙げ4:1での勝利を決定づけたのだ。



BVBファンにとっては想像もつかない姿だ。

スポンサーリンク





インモビレ帳尻合わせに成功


しかしインモビレのゴール時の喜びは割と控えめだった。すこしばかりにんまりと笑みを浮かべスタジアムを眺めると、胸のワッペンを叩いただけだ。


“この前の失敗を帳消しにしたかったんだ。”と彼はライ・スポルトで語っている。


その背景には月曜に行われた対トリノ戦(1:3)で相手選手をヘディングして退場となった事が挙げられる。それによって彼は“これはスキャンダルでは済まないし、我々は損害を被ったよ。もっとリスペクトが必要だ。”とラツィオのSDからも批判を受けることになったのだ。彼はこのレッドカードによってリーガは出場停止となっているが、ポカールでの出場が許され、そこでまたしても今シーズンのクオリティーを証明したのだ。


ゴールに関して言えば、この27歳はある種の大黒柱と化している。彼が木曜の試合で見せたループキックは、この日2度目の得点だった。彼はすでに開始11分に先制ゴールを決めていたのだ。


“チーロに火がついている事がわかるよ。”とラツィオの監督インザーギは試合前に語ったが、インモビレはこの日キャプテンマークを巻いてチームを率いている。


インザーギはこのストライカーの力を良く知っており、9月の時点ではインモビレと仕事が出来て光栄だと述べいていた。さらに彼の成長も賛辞している。インモビレは良いパフォーマンスを続けることでリーダーとしての地位を手に入れたのだ。



BVB時代のフラストレーションはセリエAでは忘れられた。


実際に彼の今シーズンの成績は注目に値する。彼はリーガ15試合に出場し15ゴールをあげており、こんなに早く15ゴールをあげたことは彼にとっても初めてだ。さらにヨーロッパリーグで2ゴール、ユヴェントスとのスーパーコッパでも2ゴール、そしてポカールでも2ゴール上げている。


BVBでは、リーガ24試合に出場したが3ゴールしか上げることができなかった。しかし大抵の試合では少ない時間でしかプレーしておらず、トリノで22ゴールをあげてやって来たにも関わらず、BVBでスタメンに定着することが出来なかった。


しかし、このイタリア代表選手はイタリアに戻って幸運をつかんだようだ。ラツィオでのインモビレはアシストでも輝いている。彼はすでにリーガで7アシストを記録しているのだ。



トップスコアラー



彼は現在スコアポイント22ポイントとイタリア・セリエAのトップであるが、それだけでなく欧州リーグの中でもトップの成績を残している。例えばリオネル・メッシは現在19ポイントだ。


インモビレは木曜のポカール戦後“我々のパフォーマンスにある種の継続性をもたらすことが重要だった。”と述べている。さらに“このまま続けるようにしたいよ。”と続けている。


“我々は”と語った彼だったが、もちろん自分自身の事を思っていたのであろう。







以上です。


インモビレの活躍がドイツでも話題になっていました。15ゴール7アシストは素晴らしい数字ですね。

今にして思えば、あのシーズンはどの選手にとっても不幸なシーズンでしたね。チーム何とか7位まで盛り返すことに成功しましたが、クロップもフォワードに関しては結構試行錯誤していました。

最終的にはオバメヤンがフォワードに定着して、その後開花してくれたので良かったですが、インモビレやラモスにとっては忘れたいシーズンでしょうね。







[ 2017/12/17 21:15 ] 元BVB選手 | TB(-) | CM(5)
インモービレはトリノでも大活躍でしたしセリエが合っているんでしょうね
ドルトムント同様セビージャ時代も忘れたいんじゃないかな
[ 2017/12/17 22:11 ] [ 編集 ]
セビージャでのプレーを見てて本来は凄い良い選手なんだろうなって話題になってましたね当時も。
大概が監督の責任でしょうけど歯車が狂ったチームでは選手の能力が酷く見えてしまうものですよね。
今のダイナミックなインモービレのプレーが再び見れて嬉しいです。
[ 2017/12/18 08:23 ] [ 編集 ]
クロップは通訳付けてくれたけど、トゥヘルは許可しなかった見たいですし、その辺りが不調の原因なんでしょうけど。
言語で選手を締めるのは良くない傾向だと思いますが、ドイツメディア辺りも言語の上達有無で香川を攻撃してますね。
サッカーをプレーしに来てるのか、語学留学しに来てるのかどちらなんですかね。
そりゃ現地語が出来るに越したことは無いですが、それによってアスリートにストレスを与えるのは差別じゃないでしょうか。
[ 2017/12/18 09:41 ] [ 編集 ]
ドルトムントとセビージャで失敗してますので、セリエの水が合うのでしょう。
[ 2017/12/18 17:58 ] [ 編集 ]
誰もメシ誘ってくれない!とか言ってたから、いろいろドイツとは合わなかったんだろうなと思う
[ 2017/12/19 10:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。