ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

オバメヤン!腰の故障はディスコ通いが原因か?《ドイツの反応》





ビルト】

BVBのスター!ホッフェンハイム戦後にパーティー!


オバ、ダンスで腰を故障?
ディスコが良いの後でバイエルン戦を欠場!





entry_img_2016.jpeg


ディスコでの彼は調子が良かったが、ポカールに出場するには足りなかった!

1:2に終わった水曜日のポカールでストライカーのピエール・エメリック・オバメヤンは腰の問題のため欠場となったのだ。

スポンサーリンク


土曜日のホッフェンハイムの勝利の後で、香川、ヴァイグル、ヤルモレンコなどチームの一部が高級イタリア料理店、アクア・パッツァでパーティーをした。そしてそのまま近くのクラブQへと繰り出したようなのだ。そこにはオバメヤンの姿もあった。


金色のジャケットに銀のネックレス、そしてあめ玉をくわえたオバメヤンはマイケル・ジャクソンの曲に合わせて、キング・オブ・ポップの伝説的な腰の動きを再現したらしい!
この腰の動きが多すぎたのだろうか…?少なくとも彼のポカール欠場は予想外だった。



オバとBVB、この関係はどのぐらい続くだろうか?



オバメヤンがランボルギーニでパリへと向かった昨日、クラブ幹部のヴァツケ、ツォルク、シュテーガーは年内の総括をした。


そこで大きな話題となったのがオバメヤンだ。このストライカーはミランに帰りたがっているとみられている。







以上です。

マイケル・ジャクソンをおどり過ぎてしまったのでは、腰を悪くしても仕方ありませんね・・。一度見てみたい気もします・・。

冗談はさておき、久しぶりの勝利でチームの一部で食事に行ったようですね。香川選手もそのままディスコに行ったのか、なかなか興味深いですが、それについては触れられていませんでした。

チーム内のグループ化が噂されるドルトムントですが、香川選手、オバ、ヴァイグル、ヤルモレンコは同グループの可能性が高そうですね。

ただグループ化しているからと言って、別にそれぞれのグループが対立しているというわけではなさそうですし、まあ最近のドルトムントにしては珍しい、という程度なのではないかと勝手に想像しています。

[ 2017/12/22 19:05 ] オバメヤン | TB(-) | CM(19)
ディスコで撮った写真を見ましたから、行ってますよ。
よく行くレストランとディスコですよね。
オーナーさんが一緒なのかな?
かなり選手と仲良いみたいです。
美女もいっぱい来てますよね(笑)
[ 2017/12/22 19:42 ] [ 編集 ]
オバメヤンがマイケル・ジャク ソンを踊ってる動画見ましたよ。
上手かったです。
ドルトムントの選手たちの行きつけの店ですよね。
[ 2017/12/22 19:44 ] [ 編集 ]
 香川は誘われれば断らないタイプのようなので、彼が誰とディスコに行こうが、グループとは関係ないかも。

 彼は社交的でUTD時代もさまざまなチームメイトから夜遊びに誘われては参加していたらしいです。まぁ、あのグロスクロイツと遊んでたような人ですから、イロイロな遊びに抵抗なく応じるでしょう。独身を楽しんでいるようでなによりですね!
[ 2017/12/22 19:54 ] [ 編集 ]
香川選手は日本から長谷川アーリア選手・元セレッソの北野選手が訪れていて
北野選手がツイッターなどで「食事の後に熱く語り合った」と言ってましたから
ディスコは行ってないかもしれませんね
[ 2017/12/22 19:56 ] [ 編集 ]
昔からいつも行ってる店ですよ。
オバメヤン、香川、ヴァイグル、ヤルモレンコ、オバメヤンの兄弟?の5人で写真撮ってます。
まあこれまでもソクラテスやバルトラや、旧ドルトムントの選手やOBたち、みんなよく行ってる行きつけの店ですよ。
[ 2017/12/22 20:15 ] [ 編集 ]
こういうニュースを目にする度に、クラブ通いとかライブ行ったりとかは普通高2辺りで卒業するものなので「そんな歳かよ!」ってつっこみたくなります。
その頃は行けなかったんでしょうけど日本でも大学に入ってから行き出す人もいますからね。
不思議です。
[ 2017/12/22 20:16 ] [ 編集 ]
男は拳で語る・・・みたいなノリでダンスで熱く語り合った可能性も捨てきれず笑
[ 2017/12/22 20:18 ] [ 編集 ]
このレストランにはソクラテス、ビュルキなどもよく行ってるみたいですね。
試合後などに集合して騒いでいるんでしょうか?
[ 2017/12/22 20:34 ] [ 編集 ]
>>クラブ通いとかライブ行ったりとかは普通高2辺りで卒業するものなので

クラブやライブにもいろいろな種類がありますよ
ご自分の「普通」が全ての方に当てはまると思わない方がよろしいかと
特にハイステイタスのプロサッカー選手たちが集まるクラブやライブは色々違うかと
[ 2017/12/22 21:55 ] [ 編集 ]
まあたまには羽を伸ばして欲しいですがサッカーに支障がないようにお願いします、オバ。
でもこのひと自由がないと駄目なんでしょうね。
[ 2017/12/22 22:02 ] [ 編集 ]
ドルトムントって何もない街だし、選手たちの息抜きに大事な場所なんでしょうね。
お店の写真を見ると、チーム全体の食事会も毎回やっているようで、オフの笑顔の選手たちの写真を見るとなんだかホッとしますね。
ロイスはもちろん、ムヒタリアンやギュンドアン、フンメルスなどの懐かしの選手もたくさんいて。(マテウスやオモボエラまで)
こういったコミニュケーションの場、息抜きの出来る場がなければ、オバメヤンだって長くは居てくれないですもんね。
[ 2017/12/22 22:16 ] [ 編集 ]
>12/22 20:16
クラブはむしろ未成年が行っちゃダメなところよ。未成年でも入れる時間帯とかイベントもあるけど高二で卒業はまずいって。

ライブについても何歳で卒業するっていうものでは無いよ。ポールマッカートニーやローリングストーンズのライブの主な客層が高校生とかあり得ないし。
[ 2017/12/22 22:56 ] [ 編集 ]
ドルトムントの雰囲気からして対立は無いでしょう。ブラジル人とアルゼンチン人がいる訳でもないし。おっしゃる通りグループがあるのは当たり前で、でもそれだから対立があるなんてバカバカしい。仲の良いもの同士が集まる、それだけのことですよ。
[ 2017/12/22 22:59 ] [ 編集 ]
マジで言うと音楽が好きなら何歳になっても一人でもディスコやライブも行くもんですよ
不思議な方は大音量で音楽が鳴ってるのが苦手なだけでしょう
にしても欧州はいいですね、自分の地元のライブハウスやクラブでオバや香川に会ったら感動で泣きそうですわ
[ 2017/12/22 23:15 ] [ 編集 ]
クラブ通いとライブ通いは高2で卒業?ライブはいくつになって行っても
楽しい私には解らんわ
しかも空いてたら前にどうぞと譲ってくれて若い子のやさしさにいつも
感謝しかないなー
[ 2017/12/22 23:17 ] [ 編集 ]
※クラブ通いとかライブ行ったりとかは
普通高2辺りで卒業するもの

そもそもクラブは大人のためのものだから
何も不思議じゃないし
大人になったらクラブに行くななんて
聞いたことがない



[ 2017/12/23 06:27 ] [ 編集 ]
『夜遊びできるグループ(年齢高め)』なんですかね?w
他に仲が良さそうなゲレイロも子持ちだしシャヒンもたしか子持ちだったはずなんで、さすがに家族のいるチームメートは夜遊びしないのかなあ…まあオバは単身赴任で、しかも遊び好きだから関係ないのでしょうが。
で、プリシッチなどは昔デンベレと仲が良かったみたいなんで、やっぱり若い選手はプライベートで遊ぶのなら同年代同士が多いのかな。

でもそう考えるとヴァイグルがちょっと面白いですね。
ポカール優勝パレードでのはしゃぎ様から見てなかなか陽気なタイプのようですが、この30歳近いオッサン面子の中に入って遊んでいるところがなかなか興味深いです。
[ 2017/12/23 06:59 ] [ 編集 ]
申し訳ありませんでした。
そりゃ当てはまる人はイラッとしますよね。
ハイステイタスさんもすみませんでした。日本とは色々違うんですかね。
[ 2017/12/23 10:57 ] [ 編集 ]
プリシッチはアメリカ人だからドイツで夜遊びできる年齢でも
アメリカ基準で考えたらどうみられるか、解ってるから
夜遊んでる写真は出てこない気がするな。

普通のティーンなら法律違反でも遊ぶでしょうが、名前と顔が売れてる
アスリートだからねえ。
ビッグクラブに将来行きたければ、余計な事はできないはず
[ 2017/12/23 17:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。