ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

マンチェスター・ユナイテッド!ドルトムントのプリシチ獲得に動く!?《ドイツの反応》





西ドイツアルゲマイネ】



イングランドでの噂!

BVBスター、プレミアリーグでプレーか?




クリスティアン・プリシチは、シーズン前半戦もBVBで重要な存在だった。他のクラブがこのアメリカ年間最優秀選手に興味を持つのも不思議ではない。


スポンサーリンク


デイリー・メールによると、イングランドのビッククラブがドルトムントのスターに興味を持ったようだ。マンチェスター・ユナイテッドである。


報道によると、ユナイテッドのモウリーニョ監督がサイドの選手を探しており、19歳のプリシチに注目しているとのことだ。


しかしBVBがこの至宝を放出するとは考え難い。プリシチは2020年まで契約を残している。いずれにせよマンチェスター・ユナイテッドにとって安い買い物となることはないだろう。






以上です。

プリシチの噂は年間通してありますが、ユナイテッドが名乗りを上げたのは初めてではないでしょうか。ユナイテッドは今の所チャンピオンズリーグ参加圏内をしっかりキープしているように見えますね。試合は見ていませんが、外部からはとりあえず強豪として復活したように見えます。

まあドルトムントが扱い方を間違えない限り移籍はないと思います。




[ 2017/12/24 18:00 ] プリシチ | TB(-) | CM(21)
 実際にオファーがあって、プリシッチがそれを受け入れたとしても、未完成の彼にとってリスキーなチャレンジになります。まぁでも、BVBの倍以上の給料を提示してくるんでしょうねぇ。
[ 2017/12/24 18:24 ] [ 編集 ]
ユナイテッドはアメリカ人がオーナーでしたっけ
アメリカ人のスター選手となれば喉から手が出る程欲しいでしょうね
[ 2017/12/24 18:35 ] [ 編集 ]
またこのホットラインか。
[ 2017/12/24 18:38 ] [ 編集 ]
マンU復活はまだ判断が早すぎる気がします。せめてもう一度プレミア優勝かCLでベスト4まで行かないと・・・

マンUがドルトムントから選手を引き抜くのはもう恒例のことになってますがこの間どっかの元・監督がドルトムントを小さいクラブ呼わばりしたのでプリシッチにはチーム状況以前に感情の問題で行って欲しくないですね。

香川にしろミキにせよお金に釣られて簡単に同じ所に主力を渡しすぎるとやっぱりそれでなめられる部分が出てくると思います。
ドルがこの先ただの育成クラブに成り果てないためにも金額だけを見たトレードはそろそろやめにして欲しいです。
[ 2017/12/24 18:39 ] [ 編集 ]
アメリカ人オーナーですからユナイテッドが狙うのはやっぱりねーという感じ
プリシッチのプレースタイルが変わったのは実際にそういう話が
あるんだろうな、とは思ってました

アメリカで大人気クラブだからマーケティング的にみても
ユナイテッドのフロントが狙うのはよくわかります

[ 2017/12/24 18:55 ] [ 編集 ]
ミキでさえ上手くいってないのにユナイテッドに行ってもね。というかもっとドルで経験を積んだ方が良いと思います。
[ 2017/12/24 18:58 ] [ 編集 ]
ムヒタリアンをうまく扱えないのにプリシッチまで手に入れようとか宝の持ち腐れだし、だからシティに差をつけられるんだよモウ。プリシッチもアメリカ人とはいえ今のユナイテッドのサッカーには魅力を感じてないから移籍しないでしょう。
[ 2017/12/24 19:33 ] [ 編集 ]
正直移籍してほしい。
ただ、マンUではベンチに座るのも無理だと思いますが。
[ 2017/12/24 20:39 ] [ 編集 ]
最近のドルトムントの経営方針だと、金額次第で放出は十分あり得ると思うな。アメリカ最優秀選手なら買い手も放映権料やグッズで回収できそうだし。ただ、アメリカがW杯出れないのが痛い。
[ 2017/12/24 22:01 ] [ 編集 ]
あれだけ優秀なサイドの選手がいるのにね。
ユナイテッドがシティーと張り合うには、監督を変えるほうが有効。
[ 2017/12/24 22:20 ] [ 編集 ]
アメリカ人オーナーとしてはアメリカのマンUファンをさらに増やすためにもアメリカ人のスターがほしいだろうな
[ 2017/12/24 22:54 ] [ 編集 ]
今すぐじゃなくても将来的にはプリはプレミアに行きたがるんじゃないかなぁとそんな気がします
マンUは黄金期の事が忘れられないのかウインガーや背の高いFWをやたら獲りたがりますよね
その割に獲るサイドの選手がアタッカータイプばかりで何がしたいのやら
[ 2017/12/24 23:30 ] [ 編集 ]
まだ19歳ですし本来トップチームの試合に出てるのがおかしいレベルの選手ですね
プレミアリーグのチームに行っても試合に出れないでしょうし、直ぐにレンタルに出されるかサブでしょう
ヤヌザイの様に早くからトップチームの試合にでて天狗になって伸び悩む事になるでしょうし、現在はそんな感じのプレーしてますね
もう3年くらいBVBでプレーして見て、プレーが良くなったならBVBの屋台骨になるか高額サラリー求めてプレミア行くか決めても遅くないと思います
アーセナルを放逐された宮市やマンUを放逐されたヤヌザイ、デパイ見たいになっては欲しくないですね
[ 2017/12/25 01:29 ] [ 編集 ]
ミキタリアンを使わないユナイテッドがプリシッチを使うとは思えないですね。
[ 2017/12/25 01:50 ] [ 編集 ]
ムヒタリアン放出の噂がある中で笑ってしまうわ。
マンチェスターユナイテッドは、一体ドルトムントが好きなのか嫌いなのか( ̄д ̄;)
プレミアリーグで最も成功が難しいクラブだろう。
[ 2017/12/25 05:53 ] [ 編集 ]
>香川にしろミキにせよお金に釣られて簡単に同じ所に主力を渡しすぎるとやっぱりそれでなめられる部分が出てくると思います。
ドルがこの先ただの育成クラブに成り果てないためにも金額だけを見たトレードはそろそろやめにして欲しいです。

香川の時はユナイテッドよりも高額のオファーを出した所があったんですよ。
香川本人が高額オファーよりもユナイテッドを選んだんです。
事情を知らずに真逆の決めつけコメントするのは良くないですね。
[ 2017/12/25 07:15 ] [ 編集 ]
モウリーニョ監督は守備が出来ないと使わなくなるのでプリシッチに興味を持つとは思えないんですよね。
あのマタでさえ優勝の次年度には干されていた訳ですから。最近ではミキタリアンもモウリーニョが考える守備に足りないとの理由で出場機会を失っていまくらいです。
個人的に見てプリシッチがミキタリアンよりも守備をしているとはとても思えません。
恐らく、マンUフロントのお騒がせ発言をメディアが忖度した結果の記事なんでしょうね。
[ 2017/12/25 08:02 ] [ 編集 ]
今やプリシッチは世界レベルの若手プレーヤーとして、ヨーロッパ中のメディアで注目を浴びていますね。
市場価格もオバメヤンに次いで2位(4500万ユーロ)になりました。
もはやゲッツェ(2000万ユーロ)の倍以上の価値です。
物凄いタレントなので、あとどれくらいドルトムントにいてくれるでしょうか。
完全なる自信を得て、成熟したら満を持して出て行くのでしょうね。
[ 2017/12/25 08:58 ] [ 編集 ]
ドルトムントは金額さえ納得ならば、全ての選手が放出候補でしょう。少し前はロイスだけは別格と思っていましたが、これだけ怪我が多いうえにクラブ一の高給取りですから、引き取り手が現れれば渡りに船でしょう。
過去に主力を簡単に移籍させているので、来季の構想や軸的な考えは、積まれた金の前では二の次が方針。
プリシッチも簡単に譲渡しそうです。可能性ある選手だとは思いますが現時点ではデンベレの遥か下、ヤヌザイの少し上でしょうかね。毎年メンツが変わり補強も若手中心なので、ドルトムントの監督は大変ですね。
[ 2017/12/25 11:57 ] [ 編集 ]
マーケティングですね。以上。
[ 2017/12/25 23:43 ] [ 編集 ]
マンチェスター・ユナイテッドは才能を育てるというより、才能を消費してしまう事が多いよ。
クラブ全体でサイクルを作って、結果に即結びつかなくても、母体を安定させてほしいね。
[ 2017/12/26 12:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。