ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!前半戦ドイツ紙選手採点!ディフェンダー編!+キッカー平均点《ドイツの反応》




西ドイツアルゲマイネ

entry_img_2026.jpeg



ビュルキ 3
リーガではたいてい力強いパフォーマンスを見せたが、チャンピオンズリーグでは何度か不運な夜を過ごすことになった。



ヴァイデンフェラー 採点なし
リーガ1試合でプレーしたが、よりによって4:4に終わったシャルケ戦だった・・。



ピスチェク 2
ピスチェクは7試合に渡って力強いパフォーマンスを見せたが、代表選で靭帯を損傷してしまい、その後はプレーが出来なくなった。彼がいなくなってからBVBは下降線をたどった。

スポンサーリンク





ソクラティス 3
このギリシア人はまるで降格がかかっているかのように1対1すべてに挑んだ。しかしボシュの下での彼は、いくつかの試合で良くなかった。



ズボティチ 4 
多くのファンにとっては過去の存在となっていたが、ミドルスブラへの移籍が判断に終わってしまった。ボシュの下でのズボティチはほとんどベンチ入りしなかったが、終盤はまだチームにとって必要な存在であることを証明している。



シュメルツァー 4
足首の負傷で10月半ばまでプレーできなかった。難しい時期にチームに戻ってきたが、元の力を取り戻すために苦労した。最近では上昇傾向。



ゲレイロ 3
踝の手術後11月に戻って来ると、これまで怪我していなかったかのように左サイドでプレーして見せた。



トルヤン 4
この新加入は前半戦12試合でプレー。そこで光と影を見せることになった。シュテーガーの下ではボシュ時代には欠けていた安定性を取り戻しつつある。



バルトラ 3
バルトラはセンターバックとしては良いパフォーマンスを継続していた。しかし小さな負傷で何度もスタメン落ち。



トプラク 3
トプラクは序盤チームの安定に貢献していた。しかしチームが危機に陥ると、彼に負傷が付きまとう事になった。その後はプレーしてもチームに安定をもたらせていない。



ザガドゥ 3
この18歳は育成枠でやってきたが、選手の負傷により、すぐにプレーする事となった。このセンターバックの選手は左サイドバックで良いプレーを見せた。




キッカー選手平均採点 リーガのみ】

オバメヤン 3.67

バルトラ 3.89

ビュルキ 2.84

カストロ 3.5

ダフード 3.5

ゲッツェ 2.89

ゲレイロ 4.5

香川 3.3

フィリップ 2.88

ピスチェク 3.21

プリシチ 3.07

シャヒン 3.36

シュメルツァー 3.75

シュルレ 4.17

ソクラティス 3.41

ズボティチ 4

トルヤン 3.91

トプラク 3.5

ヴァイデンフェラー 3.5

ヴァイグル 3.8

ヤルモレンコ 3.25

ザガドゥー 3.78







以上です。

まあ前半戦すべてのパフォーマンスを採点すると、どうしてこう無難な感じになってしまうのでしょうか。最近の試合のイメージからすると随分守備陣には甘くも感じますが、序盤を考えると、こんなもんでしょうか。まあキッカーの採点も平均するとほとんどが3と4になりますね。

ちなみにドルトムントのチーム平均は3.44でした。バイエルンは3.1となっています。



オバメヤンのキッカー採点が3.67点なのを見ると、実際の貢献度や選手の価値とは関係ないと分かりますね。
だって3.0を切っている中盤の選手の貢献度を見たらもう…
一体どれだけスペシャルなプレーをしてくれたのかと思いますもの。
あなたはデブライネですか?と。
[ 2017/12/28 06:43 ] [ 編集 ]
唯一2点台のゲッツェに違和感しかないですね〜
[ 2017/12/28 07:35 ] [ 編集 ]
ゲッツェが平均で3切るって笑えます。
カストロ、香川、ダフードには本当に同情します。
守備陣もなんか甘いですね。
やっぱり採点は信用してはいけないと改めて感じました。
[ 2017/12/28 07:36 ] [ 編集 ]
まぁキッカーの点がやっぱ重要かなと日本にいたら思います
ゲッツェに関してはとりあえずもう何も言いませんがビュルキがかなり高いところがなんというか闇の時期の象徴ですね
フィリップはボールをもつとあまり何も期待できないイメージから高いなと思いそうになりますが、エリア内では覆ってもうフィリップにシュート撃たせるのが一番いいような気もしてくるし妥当かな。シュートテクニックがすごい
フィリップとゲレイロがシュート撃てそうになったらちょっとテンション上がりますし
[ 2017/12/28 07:41 ] [ 編集 ]
ゲッツェに甘過ぎるだろ
[ 2017/12/28 09:23 ] [ 編集 ]
採点が甘い!
ビュルキは最初は圧勝続きで無難採点、負け試合はどうしても目立つので高採点なのであの平均採点はわかりますが、やはりゲッツェの採点は不思議で仕方ないですね。活躍試合があったフィリップと0.01差ですか。笑
[ 2017/12/28 10:11 ] [ 編集 ]
え…ゲッツェ笑
[ 2017/12/28 10:41 ] [ 編集 ]
ドイツ人には甘いなあ
[ 2017/12/28 11:38 ] [ 編集 ]
 ゲッツェが甘い採点なのは、彼が持病と戦っているということころが加味されているのでしょう。90分プレー出来ない状態なのにスタメンで起用されていたのがおかしな事でしたからね。あと、ゲレイロにはちょっと同情します。
[ 2017/12/28 12:06 ] [ 編集 ]
試合数少ない選手が有利に見える採点ですよね。それはちょっとな。それと、ゲッツェが二点台とかまじかよ。
[ 2017/12/28 13:47 ] [ 編集 ]
管理人さん同様な感想です。まぁゲッツェは下駄履かせてる感有りですが…
バルトラは不安定でしたが、小さな怪我が頻繁してたのですね、知りませんでした。後、思い出せばシュメルもゲレイロも怪我あけでしたし。ピスチェクは居なくなってその大きさに気づきました。後半戦はディフェンス陣の完全復活を期待してます。
[ 2017/12/28 16:36 ] [ 編集 ]
ソクラテスがDFラインを牛耳っている限りドルの完全復活はないと思う
ファールに頼り過ぎでしょ彼
接触プレイ以外では評価出来るところがない
[ 2017/12/28 18:20 ] [ 編集 ]
フィリップが2点台なのはまあ分かります。空気だったりする事がよくありますけど、ゴールアシストはしっかり刻むしシュート上手いので

でも、ゲッツェだけは理解できない。オバメヤンやヤルモレンコ、シャヒン香川を差し置いてこの点数は有り得ない 。難病復帰ボーナス点というなら香川やゲレイロには怪我でシーズン突入して復帰ボーナス点を与えて欲しいものです。
[ 2017/12/28 20:17 ] [ 編集 ]
ポシュ解任になった試合、攻撃陣はプリ以外5とかでしたよね。香川も責任取らされてたから平均採点も下がった感じ。ゲッツェは怪我でもう離脱してたから難を逃れたような。
それにしてもキッカーはなぜゲレイロに厳しいのかな。やはり中盤には向いてないという事なんだろうか。
[ 2017/12/28 20:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。