ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川!子供が泣くまでドリブル!礼儀正しい日本人に対するアンチテーゼ!ドイツメディア《ドイツの反応》




Watson】


礼儀正しい日本人に対するアンチテーゼ

香川、子供が泣くまでドリブル!





日本人は、とにかく礼儀正しい事で知られている。しかし、それが誰にでもあてはならないという事を香川真司のビデオが示している。このボルシア・ドルトムントのスターは小さな子供を捕まえ、“ツヴァイカンプフ”を行い、あらゆる芸術的な技を駆使して、子供が泣くまでプレーを続けたのだ。周りが大きな声で笑った事も、この子供にとっては簡単なことではなかったようだ。



スポンサーリンク







クライネ・ツァイトゥング】

香川、このようにして子供を泣かす!



entry_img_2027.jpeg


ペーター・シュテーガー監督の下で香川の調子は再び上がっている。しかし香川は、さらに小さな子供が泣くまでまた抜きをくりかえすことによって、さらに自信を深めている。

ペーター・シュテーガーが監督になってから、香川の調子は再び良くなっている。リーガ2試合で1ゴール2アシストを記録しているのだ。さらにその後1:2で敗れたバイエルン戦でもアシストをしている。

現在の香川は自信が欠けているという事はない。それにも関わらず、香川は小さな子供を捕まえた。この子供が彼の子供かどうかは定かではない。そして香川はこの小さな子供が泣くまで苦しめたのだ。

少なくとも、最終的に香川はこの子供を抱きしめている。





以上です。

香川選手のインスタグラムの投稿がドイツ・メディアでも話題になっていましたので紹介しました。今回取り上げたのは、アドレスから推測するにオーストリアとスイスのメディアだと思いますが、まあドイツ語圏だったらどこでも読めます。

記事にはいくつかコメントが寄せられていましたが、「泣いたのは、周りが笑っているから。」、とか、「大人が子供を笑うのは良くない。」、「エヴィル・カガワ」などといったコメントも見られましたね。



[ 2017/12/28 19:07 ] 香川2017 | TB(-) | CM(25)
どうやら温泉にも行ったようだし、休み明けからはエゴむき出しでもいいから点取って対戦相手泣かせて欲しいですね。
[ 2017/12/28 19:25 ] [ 編集 ]
これは股抜きされたことではなく、周りの大人が笑っていたことで泣いてしまった感じですね。。かなりいろいろなSNSでupされているので仲直り画像とか上げたほうがいいかも。苦笑
[ 2017/12/28 19:26 ] [ 編集 ]
日本人は他人には礼儀正しいですが身内には違うような気はします。この子供は香川よりたぶん撮影していた父親に怒ってるんでしょうね。笑われたのが悔しかったんだろうなあ。誰の子供なんだろう。成長した姿を見たいですね。
[ 2017/12/28 19:51 ] [ 編集 ]
ドイツ人のジョークはよくわからんというのがよくわかります
[ 2017/12/28 20:40 ] [ 編集 ]
大人が子供を笑うのは日本ではありふれた風景なので文化の違いなんでしょうね
まぁ外国人が見たら印象が良くないのは間違いないでしょうね
[ 2017/12/28 20:58 ] [ 編集 ]
ほほえましい&香川の思い
微笑ましい光景ですね。
物凄い再生数と反響で、ヨーロッパ中からアメリカ、中東アジアと、世界中のメディアに取り上げられていますよ。

以前、香川本人が、自分が子供の頃にプロのサッカー選手と接して、もし相手がわざと負けるような事をしたら、子供は「プロは大した事がないな」と思うだろう。
失望するかもしれない。
舐めるかもしれない。
サッカーに対する憧れを失うかもしれない。
そう感じた子供は大成しない。
やはりプロは凄い、格好いい、敵わないなと思わせなければいけないんだと。
このような感じの事を言っていたのを記憶しています。
カズに憧れたサッカー少年カガワだったからこそ、小さな子供がプロを前にした時にどう感じ取るか、何が大切なのかが分かっているのでしょう。

そういえば、うちの母は、孫にいつもオセロをわざと負けてやっています…
勝つと泣いて不機嫌になるからなのですが、孫は当然それにはまったく気付かず「ボクはめっちゃ強い」と完全に母を小馬鹿にするようになっています…
[ 2017/12/28 21:18 ] [ 編集 ]
オーストリアやスイスのメディアでも取り上げられるって、世界の香川ですね。
悔し泣きする位、この子は負けず嫌いだから、この悔しさが良い刺激になると思いますよ。負けて笑ってるような子は伸びないし、プロの凄さを肌で感じた事は凄い宝物。
[ 2017/12/28 22:00 ] [ 編集 ]
まあ、笑いすぎかとは思いましたが。

否定的に取られてもおかしくはないかと
[ 2017/12/28 22:07 ] [ 編集 ]
最初見たとき、大久保選手の子供かと思いましたw
[ 2017/12/28 22:56 ] [ 編集 ]
>まぁ外国人が見たら印象が良くないのは間違いないでしょうね


へ!?
いろんな外国のメディアのツイートにupされてますが、どのコメントを見ても、外国人たちも可愛らしいなと笑っていますよ。
[ 2017/12/28 22:59 ] [ 編集 ]
>外国人が見たら印象が良くないのは間違いないでしょうね
外国って範囲広すぎでしょ。
状況によって普通にいくらでも笑う国はありますよ。
日本人は外国って広すぎる範囲で括ろうとする人がやたら多い、そこが一番不思議。
あと外国の目を気にしすぎです。
[ 2017/12/28 23:07 ] [ 編集 ]
現時点でインスタグラムは67,000人がいいね、ツイッターは34,000人がいいねを押してくれていますね(^-^)
[ 2017/12/28 23:30 ] [ 編集 ]
オリバーカーンが、チャリティイベントで子供相手にガチでPK止めたって話があったな。
[ 2017/12/29 00:20 ] [ 編集 ]
イギリスのデイリーメールで、香川の息子として取り上げられてて笑ってしまった。
[ 2017/12/29 00:50 ] [ 編集 ]
この子が将来フットボーラーになって真司超えをしてくれるといいですね
まぁ否定的なコメントが多少あるのは仕方ないでしょう
それぞれ違った文化がありますからね
[ 2017/12/29 01:38 ] [ 編集 ]
この男の子はきっとお父さんが笑ってたのが悔しいやら悲しいやらで泣いちゃったんでしょうね。
でも何回股抜きされても果敢にボール奪取しにいってますね。負けず嫌いなんだろうなあ。
自分の息子もこんな時があったなあなんてこの動画に和ませてもらいました。微笑ましいです。
香川さんはほんと子供好きなんですね。子供相手でも一切子供扱いしないのは子供には嬉しい事だと思うな
[ 2017/12/29 02:15 ] [ 編集 ]
でも、子供の試合で点を取り過ぎたチームの監督が解任されたとかってヨーロッパでは聞くよね
子供にトラウマを植え付けたり、自信を無くすような過度なことはしてはいけないみたいな
子供同士の試合とは言え、日本だと手を抜くなとか、最後まで真剣にやるのが礼儀みたいなのは文化の違いだと思う
日本はそこで大敗して悔しい気持ちを忘れずに這い上がることを望んで、ヨーロッパは大敗させて嫌な思いをさせることなく、拮抗した試合をするためにカテゴリーも細かく分けてみんなで楽しくやろうって感じ
香川にフルボッコにされて恥ずかしさからか、悔しさからかわからないけど、泣けるこの子は素晴らしいと思うけどねw
[ 2017/12/29 03:22 ] [ 編集 ]
あんな狭い子供の股を よくあんなに抜けるもんだなぁ 
[ 2017/12/29 04:43 ] [ 編集 ]
この親の態度に関しては日本でも意見が分かれると思います。
子供にとっては良い経験になったでしょうね。
[ 2017/12/29 07:14 ] [ 編集 ]
教育って結局は大人に成った時にあれはありがたい教えだったと思えるかだと思う
俺は子供の頃に親父にボッコボコにされて風呂のシャワーが傷口に沁みて浴びれなかったのを今でも思い出すから体罰は絶対に反対
でもこういう厳しさは大人に成ったときにありがたいと感じると思う
[ 2017/12/29 07:46 ] [ 編集 ]
この容赦ない(笑)叱咤激励にはいくつもの高いハードルを小さい頃から越え続けた香川の半生が垣間見られる思いです。
この子も香川のように高いハードルを超え続ける強い子に育つように祈ります。
[ 2017/12/29 10:22 ] [ 編集 ]
 小さい子でもプライドありますからね。笑われたり、負けたりすれば悔しくて泣いたりする事もあるでしょうね。しかし、勝負事で手を抜かれた後にわざとらしく褒められたりすると、それはそれでバカにされているようで、内心ムっとする子もいます。手を抜かれてるのは子供にもわかりますから。私が幼少の頃は手を抜かれるほうが嫌でした。
[ 2017/12/29 12:37 ] [ 編集 ]
圧倒的な凄さを身をもって知れたことがいい体験じゃないの
[ 2017/12/29 12:52 ] [ 編集 ]
こ、これは(笑
この子の年齢があと2・3歳上だったら、真司とのこのプレーは本当に一生の宝物になったかもしれない。
でも覚えてないでしょ5歳くらいじゃないかな。
[ 2017/12/29 17:02 ] [ 編集 ]
この動画、、あっという間に世界中に広まって反響を呼んだことに驚きました。
[ 2017/12/29 17:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。