ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント・シュルレ!シュトゥットガルトにローン移籍か?《ドイツの反応》



西ドイツアルゲマイネ】


シュルレ!冬にシュトゥットガルト移籍か?




entry_img_2028.jpeg


ブンデスリーガのVfBシュトゥットガルトはマリオ・ゴメスの獲得に続いて、アンドレ・シュルレの獲得を考えている。

現在アンドレ・シュルレは南アフリカで休暇中であるが、その前にシュトゥットガルトの空港で目撃されている。

スポンサーリンク



すでにルーア・ナッハリヒテンやビルトが伝えているように、シュトゥットガルトはローンでの獲得に興味を抱いているようだ。シュトゥットガルトのミヒャエル・レンシュケは、かつてシュルレをマインツからレヴァークーゼンに呼び寄せている。


また、すでにシュルレの代理人インゴ・ハプセルは数週間前に、ロシアワールドカップ出場を見越した移籍に向けて動いている、と語っていた。“基本的にアンドレは、できるだけ多くプレーしたいと考えている。将来的にプレー時間を確保する方法を考えなかったとしたらそれは怠慢というものだろう。”



シュトゥットガルトへのローン移籍という事になるかもしれない。







以上です。

できるだけプレー時間を、という事で本人は移籍を希望しているようですね。やはりドイツ人選手にとってもワールドカップ出場は簡単ではありませんね。今からシュルレがワールドカップに出場するには、後半戦かなりの活躍をしなければ厳しそうに見えます。

しかしドルトムント側としては、あっさり出してしまって良いのでしょうか。フィリップは戻ってくるまでに時間がかかりそうですし、後一人怪我したら、それこそ困ってしまう状況になるわけですが・・・。

まさかシュルレ移籍でミキタリアン獲得?なんて事になったりして・・。


[ 2017/12/29 06:00 ] シュルレ | TB(-) | CM(8)
こうなると、ゲッツェはウィング起用で考えた方が良いのではないかなと。



[ 2017/12/29 06:38 ] [ 編集 ]
シュツットガルトにしても、勿論ドルトムントとしても、そしてシュールレにしてもワールドカップ出場は大きな目標でしょう。マリオ・ゴメスとシュールレの連帯でゴール量産…なんて事になれば、二人とも代表に、ともなる。
予想される最高のシナリオは、レンタルでのシュールレ移籍、そして代表入り。そうすればドルトムントからも代表選手選出された事になる。その穴をミキタリアンの買い取りオプション付き半年レンタル。ロイスの復帰やフィリップ、シュールレ次第で買い取るかお返しするか決められる‥なんてことは、ミキタリアンは同意しないでしょうけど…
それにしても、そんな事になると浅野の出番は殆ど無くなって、ベンチ入りも難しくなりそうで、日本と浅野には厳しいい事になりますね。浅野がアーセナルの選手で無ければ、もう少し大切に扱ってもらえるのでしょうけど。
[ 2017/12/29 08:24 ] [ 編集 ]
移籍金最高額があっさりローン。何やってんだか。こうなる未来はなんとなく見えましたけどね。ドルトムントやはりネームバリューで獲得すべきでないと改めて思いました。フランスやウクライナから実力者を引っ張ってきた方が賢明ですね。
[ 2017/12/29 10:05 ] [ 編集 ]
>ドイツ人選手にとってもワールドカップ出場は簡単ではありませんね
ゲッツェが選ばれた時点でどうなのかなってのはある
レーブも好き嫌いで選んでいるみたいに思える
[ 2017/12/29 11:36 ] [ 編集 ]
絶対ムヒ戻ってくるから
[ 2017/12/29 13:32 ] [ 編集 ]
シュルレがシュトゥットガルトへローンですか。浅野も厳しくなりますね。
アーセナルは浅野の事忘れちゃうんじゃないでしょうか…
浅野?居たっけ?とならないようにがんばって欲しいです。
ミキタリアンは戻って来るんですかね?
シュルレを出して下準備は整いつつありますがどうなるんでしょうか
また戻って来た場合、どのポジで使うんでしょうね?
ちょっと興味は沸きますね。
[ 2017/12/29 14:16 ] [ 編集 ]
シュールレ移籍でミキタリアンはやっぱりありそうですよね。
ロイスは2月、フィリップはまだいつ戻れるかわからない様ですし、、、。
あとは金銭的問題だけでしょうか?
[ 2017/12/29 17:33 ] [ 編集 ]
35億をレンタルって。。。
[ 2017/12/29 18:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。