ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「シャルケの人気者!日本に戻る!」内田の日本復帰をドイツメディアも一斉に伝える!《ドイツの反応》




レヴィーア・スポーツ】

シャルケの人気者、日本に戻る!



entry_8mg_2037.jpeg



日本人内田篤人は、シャルケの心の中にしっかりとした場所を築いた。この29歳はユニオン・ベルリンから故郷のクラブへと戻る事になる。

スポンサーリンク


サイドバックの内田篤人は、約4か月の時を経て、ウニオン・ベルリンを去り、日本の故郷へと戻る事になった。度重なる負傷により、この29歳は2部リーガでも公式戦2試合にしか出場することができず、ドイツでの7年以上でのキャリアを終えて、鹿島アントラーズへと戻る事になった。


すでにウニオンが火曜日に伝えたように、移籍金に関しては両クラブとも口外しないことで合意している。


内田の契約は今シーズン末まで有効であった。彼はベルリンに行く前はシャルケに7年間在籍していた。シャルケでも怪我に苦しんでいたが、そのため、よりシャルケファンの心にしっかりと自分の場所を築いていた。シャルケのボス、クレメンス・テニスは“君をとても誇りに思うよ!”とお別れのセレモニーで語っていた。




ベルリナー新聞】


内田、ウニオン・ベルリンを去る。


サイドバックの内田は篤人はウニオン・ベルリンでの4か月の時を経て日本の故郷へと移籍する。この29歳は負傷のため2部リーガでも2試合でしかプレーする事ができず、ドイツでの7年以上のキャリアを終えて、プロデビューした鹿島アントラーズへと戻る事になった。


“篤人は残念ながら彼のポテンシャルを示すことができなかった。”とウニオンのヘルムート・シュルテは語る。“そのため、彼の故郷へ戻りたいという希望を叶えることにした。彼がそこでスポーツ面においての成功を願っている。”


内田の契約は今シーズン末までとなっていた。内田はウニオン・ベルリンに移籍する前はシャルケに7年間在籍していた。







以上です。

内田選手のアントラーズ復帰のニュースですが、キッカーを初めて、ビルト、ベルリン地元紙など多くのドイツメディアで報道されました。

また一人日本人選手が減ってしまった残念ですが、またプレーする姿を見せてほしいですね。




【お願い】
とても長いコメントは、承認に数日かかることがあります。ツイッター程度の長さに短くして頂けると助かります。
[ 2018/01/03 07:20 ] 内田 シャルケ | TB(-) | CM(6)
おかえり
シャルケから1つクラブを挟んだ事で、本人も海外を吹っ切れたのかもしれませんね。

しかし今シーズンのドイツにおける日本人は厳しいシーズンとなっていますね。
原口の去就はどうなるでしょうか。
2部降格が決定的な大迫や宇佐美も心配です。
[ 2018/01/03 07:45 ] [ 編集 ]
内田は才能あるし、再度花が開くと思う
[ 2018/01/03 08:27 ] [ 編集 ]
残念。
でも冒険はつづくよ。
日本の方が気候が温暖だからひざにもいいかもしれない。
[ 2018/01/03 16:20 ] [ 編集 ]
2年もの間、怪我で離脱して復活出来た選手は世界中でも今まで1人も居ない。
それでも内田の復活には期待したけどスピードも大幅に落ちてしまって、最早たらい回し。
日本代表も無理だろなぁ、残念すぎる。
[ 2018/01/03 19:05 ] [ 編集 ]
内田さんは代表に潰されましたね。
ハリルに怪我してても話をするだけだから、と招集され
結局試合に出てましたね。

ファンではありませんが、誕生日同じなのでというふざけた
理由で応援してるのですがあの招集にはいまだに怒りを覚えています
[ 2018/01/03 20:21 ] [ 編集 ]
彼はとても希少で現代求められているタイプのサイドバックなので残念です。
鹿島で完治させて、再度シャルケは無理でしょうけれど、ハリルジャパン後の代表の選択肢として輝いてほしいです。
[ 2018/01/04 17:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。