ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

キッカー!ドイツサッカー!前半戦ポジション別ランキング発表①!《ドイツの反応》



キッカー、ドイツサッカーランキング、キーパー編】


ワールドクラス なし


・インターナショナルクラス


1.ペーター・グラシ (ライプツィヒ)
2.ルーカス・ラデツキー (フランクフルト)
3.ズヴェン・ウルライヒ (バイエルン)
4.オリバー・バウマン (ホッフェンハイム)
5.パヴレンカ (ブレーメン)

スポンサーリンク





その周辺のクラス

6.ラルフ・フェアマン (シャルケ)
7.ティーモ・ホルン (ケルン)
8.ヤールシュタイン (ヘルタ)
9.カスティールス (ヴォルフスブルク)
10.アドラー (マインツ)
11.レーノ (レヴァークーゼン)
12.ツィーラー (シュトゥットガルト)
13.ショホロフ (フライブルク)


要注目
ローマン・ビュルキ (ドルトムント)
マルヴィン・ヒッツ (アウグスブルク)
ヤン・ゾンマー (グラートバッハ)




選手評 (抜粋)

ビュルキ
点で見れば、弱いBVBディフェンスの後ろで力強いプレーも見せている。しかしチャンピオンズリーグなどで個人のミスが多すぎた。

ラデツキー
彼は現代サッカータイプのキーパーではないかもしれない。しかしライン上でのプレーなど典型的なプレーにおいてはこのキーパーはワールドクラスだ。ラデツキーの反応が何度もフランクフルトを救っている。

ホルン
彼はケルンの現在の状況においてはできる事はやっている。ヴォルフスブルク戦での勝利を守っている。しかしケルンの危機が彼と無関係というわけでもない。





キッカー・ランキング・センターバック編】

・ワールドクラス

なし



インターナショナルクラス

1.マッツ・フンメルス (バイエルン)
2.ナルド (シャルケ)


その周辺のクラス

3.ニクラス・ズィーレ (バイエルン)
4.ヨナタン・ターン (レヴァークーゼン)
5.ディアッロ (マインツ)
6.ジェロム・ボアテン (バイエルン)
7.パヴァ―ド (シュトゥットガルト)
8.バートシュトゥーバー (シュトゥットガルト)
9.ウパメカノ (ライプツィヒ)
10.サリフ・ザネー (ハノーファー)
11.ケヴィン・フォークト (ホッフェンハイム)
12.アブラハム (フランクフルト)
13.ジェフリー (アウグスブルク)
14.ウドゥカイ (ヴォルフスブルク)
15.レキク (ヘルタ)
16.オルバン (ライプツィヒ)
17.ハインツ (ケルン)



要注目

ズヴェン・ベンダー
マティアス・ギンター
ソクラティス



選手評

バルトラ (ランク外)
夏の選考では、その周辺のクラスであったが、彼はいくつかの要因で自分の調子からかけ離れており、ランク外となっている。

ナルド 
パフォーマンスに年は関係ない。とシャルケの幹部も考えたようで彼との契約を2019年まで延長している。彼は採点の平均が2.65とシャルケで最も高く、さらに試合後のベストイレブンには最多となる5回選ばれている。ドルトムントやフランクフルトでは非常に重要なラスト・ミニッツゴールを決めている。

バートシュトゥーバー
彼はここ数年負傷のため話題に上らなかった。彼は夏にシュトゥットガルトに移籍した。彼は素早さを失ったが、その落ち着きとパスの能力でシュトゥットガルトでは最も採点の平均が高い(2.91)。この若いチームにおいて重要だ。







以上です。

ランキングが発表されましたので、少しまとめてみました。

今回はドルトムントから誰も上位にランキングしないという寂しい結果になってしまいましたね。しかしまあ当然の結果ともいえるでしょう。

ナルドの名前を見ると数々の嫌な記憶が蘇りますね。ブレーメン対バイエルン戦をスタジアムに見に行った時は、ブレーメンを応援していたんですが、そこでナルドはオウンゴールを決めて、バイエルンに同点ゴールを献上し、その後リベリーに逆転されてしまったんですよね・・・。
ヴォルフスブルク時代にもドルトムント戦で活躍していた記憶がありますし、この間のダービーなぞは思い出したくもないです・・・

まあ、あのドロ沼状態ではドルトムントからは無理でしょう。
仕方がありません。

後半戦に期待しましょう。
[ 2018/01/03 20:21 ] [ 編集 ]
バルトラの不調が心配。
ピスチェクがキャンプ参加のニュース、後半戦は活躍を期待してます。
[ 2018/01/03 22:43 ] [ 編集 ]
最後の3戦を見る限り評価あがるはず
結構選手の特徴出せる距離感に上手く監督が調整してるよ
以前はトプラクの縦パスなんてあんなに見れなかったよ、あのフォメだとズボティッチのほうがパパより良い気がするけどやっぱり体力的な問題なんだろうか
バルトラももっとやれる気がするし。
中盤から前線はバイエルン戦の通りもともっとやれる後半戦はかなり勢いつく気がする、たぶん・・・きっと・・・だよね・・・
[ 2018/01/04 04:47 ] [ 編集 ]
後半戦、ゲッツェが帰ってきた時のフォメがどうなるかだけは心配かな
DF陣は監督変わってから徐々に特徴出してきて自信取り戻してきてる感じするし
ピシュ、カストロあたりの復帰は楽しみなんだけど
[ 2018/01/04 16:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。