ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

キッカー・前半戦ポジション別ランキング②!中盤編!香川は?《ドイツサッカー》


entry_img_2039.jpeg


キッカー・前半戦ランキング・守備的中盤】



・ワールドクラス



なし

インターナショナル・クラス 

1.マルティネス (バイエルン)

2.ラース・ベンダー (レヴァークーゼン)

3.アラングイ (レヴァークーゼン)

スポンサーリンク






その周辺のクラス

4.グバミン (マインツ)
5.ケイタ (ライプツィヒ)
6.マックス・マイヤー (シャルケ)
7.サンティアゴ (シュトゥットガルト)
8.ケヴィン・プリンス・ボアテン (フランクフルト)
9.バイア― (アウグスブルク)
10.ガイガー (ホッフェンハイム)
11.サカリア (グラートバッハ)
12.ルーディ (バイエルン)
13.クラマー (グラートバッハ)
14.ラミー・ケディラ (アウグスブルク)



要注目

長谷部誠 (フランクフルト)
シャヒン (ドルトムント)
その他



個人評

ダフード (ドルトムント) ランク外
夏にはその周辺のクラスで9位にランクインしていたが、このドルトムントの選手はランク外となった。グラートバッハとケルン戦では良いプレーを見せたが、その後はチーム内で力を発揮し勢いを与えることができなかった。


・ルーディ (バイエルン)
彼はプレー時間が多かった割にはホッフェンハイムで見せたパフォーマンスを見せることができなかった。プレーでは攻撃性やある種の効果が欠けていた。彼のランクインは大いに議論され、もう少しで要注目になるところだった。




キッカー・前半戦ランキング・攻撃的中盤編】


・ワールドクラス

なし



インターナショナルクラス

1.ザービッツァー (ライプツィヒ)



その周辺のクラス

2.グレゴリッチュ (アウグスブルク)
3.ハリト (シャルケ)
4.ミュラー (バイエルン)
5.カンプル (ライプツィヒ)
6.ゴレツカ (シャルケ)
7.ハメス (バイエルン)
8.ディダヴィ (ヴォルフスブルク)
9.ハヴェルツ (レヴァークーゼン)
10.フォルスベルク (ライプツィヒ)
11.ゲッツェ (ドルトムント)
12.デミルベイ (ホッフェンハイム)
13.ティアゴ (バイエルン)
14.アミリ 



要注目

香川真司 (ドルトムント)
ユヌス・マリ (ヴォルフスブルク)
トリッソ (バイエルン)
ヴィダル (バイエルン)




選手評

香川真司

ペーター・ボシュの下では序盤ほとんどプレーせず、プレー機会が増えた時にはチームは危機的な状況が始まった時だった。しかし3ゴール3アシストと良い得点率を残し、“要注目”にランクインする事になった。



ゲッツェ
代謝障害で半年間の休養を経てマリオ・ゲッツェはBVBに復帰。しかし彼の役割は変った。彼は10番ではなく、低い位置からプレーする8番だった。安定したボール捌きと正確なパス、視野と戦術理解力が際立った。しかし一対一での軽やかさ、そしてゴール前の危険性はなくなってしまった。



ゴレツカ
この22歳はシャルケでチームを牽引する存在となり、ドイツ代表でも説得力のあるプレーを見せている。しかしこれ以上のランクに行くには安定感にかけている。






以上です。

今日発売のキッカーで中盤のランキングがありましたので紹介しました。

香川選手と長谷部選手がともに“要注目”にランクインしましたが、順位は尽きませんでしたね。まあプレー時間を考慮すると妥当な所でしょう。

最近は攻撃的中盤が活躍する事が少なくなっていますね。得点に絡む事も一時と比べて少なくなっているようですが、まあこれも戦術などによる時代の流れと言えるかもしれません。





やっぱり数字は大事ですね
採点でえーと思う事はあっても後に残って自分の味方になってくれる
ものは数字
[ 2018/01/04 21:12 ] [ 編集 ]
ヴァイグルもカストロも入ってないんですね。
う〜ん、そりゃ低迷して当然。
やはりピーター・ボスの罪は重い。
そんな中で、香川はよく入ったと思いますね。
[ 2018/01/04 21:32 ] [ 編集 ]
確かに以前は中盤を支配するチームが試合を支配していましたが、サッカーのが高速化、攻守の入れ替えのが速さが加速する昨今、ビルドアップはディフェンスから時にGKからですし、ゲームメーカーも守備的MFが担う事が多くて、攻撃的MFは前からのプレスする等、守備要因的時間が多くなっていますよね。
オバメアンやレバンドフスキの様に、得点王狙わせる戦術の縛りのせいも有るかもしれませんが、攻撃的MFが得点を量産するチームは見当たらなくなりましたね。
[ 2018/01/04 22:00 ] [ 編集 ]
ゲッツェに順位がついてるなんて!
試合に出てるだけで評価されるなんて楽チンですね。
香川はシーズンの序盤は怪我のリハビリで徐々にプレー時間増やしてたことも知らないの?!
リハビリ後、確かに一時あんまり出れなかったからその時のことならわかるけど序盤でしょ。。
しかもゲッツェはきちんと8番として評価しててて、香川は昨シーズンも含めてプレーしているポジションで評価されないのはなんなんですかね。
順位をつけろなんて言うつもりはないけど、実際のポジションで評価してほしい。
やっぱりキッカーもアンフェアだしどこの媒体でも参考程度にするべきですね。
[ 2018/01/04 22:18 ] [ 編集 ]
ヴァイグルと香川。
やはり昨シーズンの中盤二人が怪我で出遅れたのは、大きかったのではないかなと。
そういった中で、もう一人の主力であるカストロにとっては負荷がかかり、調子も上げられなくなって怪我をしてしまった。
この3人の扱いがあれでは、チームがこうなってしまうのも当然かなと。

近年の多すぎるスカッドは、明らかに精神面で選手達に様々な影響を与えていると思いますね。
それは奇しくも、怪我人が多発してからチームの調子が上がってきた事からも伺えます。
これは昨シーズンの後半戦も同様でした。
中途半端な選手や若手ばかりを乱獲していたら、チームはまとまらないという事です。

今後シュテーガーは、起用されない選手の不満をどのように抑えながらスタメンを選択していくのでしょうか。
[ 2018/01/04 22:26 ] [ 編集 ]
スタメン起用さえされていれば市場価格も横ばいを保てますからね。
カストロやシュールレは下がってしまっているというのに…
[ 2018/01/04 22:32 ] [ 編集 ]
キッカーの選考は納得できますね
ゲッツェはよくやっていたと思いますよ
勿論毎試合フルでやるにはまだまだ厳しい面もありましたがキーパスや仕掛け等で違いを見せていました
対策される前の試合でも勝利に貢献していましたし
レーブの起用法、つまりサイドやトップ寄りの位置でこそ本領を発揮できるように思いますが復帰が楽しみですね

香川に関しては管理人さんと同じように試合数を考えれば妥当ですね
このスコアポイントが仮にスタートから続いていたらまさにワールドクラスモノです(笑)
他の選出された選手は長い時間出ている選手かチアゴハメスのようにもっと上でもいいのではという選手ですからね
同じランクの要注目の選手を見れば恐ろしいレベルでの比較なんだなと思います

ウィンターブレイク明けは怪我がないこと第一に戻ってくる選手とともにEL優勝リーグもできるだけ上位を目指して一丸になって頑張って欲しいですね
[ 2018/01/04 23:06 ] [ 編集 ]
戦術的に香川らのような真ん中で攻撃を牽引するタイプは難しくなってるとは思います。守備もある程度出来ないと戦術によっては外されるし攻撃のセンスだけでは生き残れないですね。だからこそゴールやアシストという結果に香川はこだわってる。8番の位置からでも点を取れればゲッツェらライバルより優位に立てるから香川の得点率は大事だと思います。
[ 2018/01/04 23:13 ] [ 編集 ]
 ワールドカップの決勝戦でゴールを決めてドイツ代表を優勝に導いた事はドイツサッカー界に強烈な印象を与えたのでしょう。日本でもW杯GLで活躍するとその選手の評価にはプラスのバイアスが永久にかかり続けますから、それと一緒かな。
[ 2018/01/05 00:08 ] [ 編集 ]
香川もそうだけど何気に長谷部が守備的中盤のほうで要注目に入っているのがうれしい
[ 2018/01/05 02:09 ] [ 編集 ]
香川選手、代表での肩の負傷で、今季序盤はあまり出番がなく残念でした。でも、途中出場ながら、アシスト、ゴールを決めてましたし、監督交代後はキーマンとしてフル出場で、インパクトを与えてましたので、気持ちよく年を越せたのではないかな?ウインターブレイク明けは負傷者も復帰して、また横一線からのポジション争いになるかもしれませんが、頑張って欲しいです。ゲッツェも頑張っていましたが、彼のフル出場はチームに利をもたらすものではなかったと思います。キッカーの順位も、彼の名前から来る、そして多少下駄を履かせたものと思います。いつもの事ですね。
[ 2018/01/05 11:43 ] [ 編集 ]
ゲッツェ選手は本当に良くなっていると思います。ですが、フルで起用するには不安定で信頼出来ない部分があると思います。それと、彼は香川選手ほどグループでのプレスが上手くないと思うので、やはりトップ寄りの位置で起用するのがいいのではないでしょうか。
個人的に気になるのは、選手が出揃った時にシュテーガー監督がどのようなシステムで誰を起用するのかです。前線ではロイス、オーバメヤン、プリシッチ、フィリップ、ヤルモレンコ、シュールレ、イサク、サンチョ(ここにゲッツェも有)。
2列目・中盤では香川、ゲッツェ、ダフード、力ストロ、ヴァイグル、シャヒン(、ゲレイロ)
すごい層ですね…。
[ 2018/01/07 01:23 ] [ 編集 ]
01/07 01:23「R.N」さん
個人的にはケルン戦時のように一列目の左(あの時は442から4411になっていました)に香川の可能性も高いと思います
[ 2018/01/11 05:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。