ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》フンメルス「何も言わないで残るのがファンにとっては嬉しい事」ビルト最新インタビュー 続き

フンメルスのインタビューの続きになります。今回は、ロイスの移籍についてや、インモビレについて、または自分の移籍についての質問などに答えています。

前回のインタビューはこちらです。



20141207025314f35.jpg

ベルント・シュースターが“ヴェルト”新聞で、6年も一つのクラブで監督をやっていると、いつの間にか研ぎ減らされてしまう、と言っていましたが彼は正しいですか?

いいえ。そういう感覚はありませんでした。むしろ逆ですね。もちろんこうした状況で外部から失敗の分析をされる事は理解できますし、またそれがどういう理由にせよ、それに対して意見を言わなければならないと感じている人がいる事も理解できます。だけど僕たちはユルゲン・クロップと共にそうではないことを証明するでようね。


クロップは10月中旬に“僕がここで妨げる要因になっていると感じていたら、自ら去るだろうね。”と言っていましたが、彼が去ってしまうことを恐れていますか?

僕は監督が実際にそう考えるのは不可能だと思っていますよ。なぜならチームの中で誰一人としてそのように考えてはいないからです。私は12月の終わりにはこうした議論がなくなる事を願っていますよ。


クロップはこの間、チームが幸運をつかむために十分に働いていないと批判していましたが、あなた達の投資は少なすぎるのですか?

そうは思いませんね。僕たちは今でも狂ったように走っていますから。でももちろんこうした状況は僕ら一人一人を蝕みます。例えばアーセナル戦のようにまた相手に先制点を許してしまうと、“いまからひっくり返してやるぜ!”という気持ちよりも“なんてこった!またかよ!”と思ってしまいます。

これは頭で考えてでどうにかなる事でもないんです。一人ひとりがしっかりと心で受け止めていますよ。マルコ・ロイスはギプスをはめてトレーニングにやって来ては、“へい、僕達に何が出来る?”って闘士丸出しで問いかけるんです。みんながクラブの事を自分の事のように考えている事を示しています。


あなたはロイスが残ると思っていますか?

僕たちはとても親しいですし、もちろん彼とも話をしますよ。今何してるんだ?などと直接は聞きませんけどね。僕が興味があるのは、何が彼を決断させる大きな要因となるのかということです。でも3日おきにそれを聞いたりはしませんけどね。僕は彼はまだ自分でも決断してないと感じていますよ。


オリバー・カーンによればロイスがバイエルンに行ってしまうことはBVBにとってとどめの一撃になるそうですが?

正直に言って、そうはならないと思います。僕たちはここ数年で本当に重要な選手を失いました。今年になってもそれを上手く受け止められていせんが、だからといって最後の一撃とまではなりませんね。


ロイスの契約解除条項の金額である2500万ユーロは公平な金額ですか?

現時点においては公平ではないでしょうね。もし公平というならば・・・・。

スポンサーリンク


チーロ・インモビレは1850万ユーロもしましたが、まだ彼はその金額に見合っていませんね。

レヴィも一年間時間を必要としたことを忘れては行けません。この事はよく見逃されてしまいますけどね。もちろんインモビレは違ったタイプです。でもそれは僕達も彼を生かすために学ばなければならない、という事を意味しています。50メートル離れたところから、彼の胸を目掛けてボールを送っても、当然難しいでしょう。誰かが誰かのせいにする事ができるとすれば、それは新加入の選手でしょうね。ここで長くプレーしている選手が責任を負わなければなりません。(訳注:ややこししが責任は新加入の選手ではなくて、長くいる選手にあるという事。)

20141207025312590.jpg

あなたはロマン・ヴァイデンフェラーに謝れなければなりませんでしたね。あなたは争い事は避けるよりは、好む方ですか?

好むとはどういうことですか?今日ではほんのささいな一言から大きな物語が作られます。昔どんな事を言っていたか考えてみてください。例えば、選手が審判に向かって“くそったれな笛吹くなよ”って言えば審判も“そんなへぼなプレーするなよ”言ったとすれば、今日ではものすごい議論になって、挙句の果てには子どものお手本にならないという理由で10試合の出場停止です。いくつかの事柄は大げさになりすぎていますね。


チャンピオンズ・リーグを逃してしまったらトップ選手を引き留めるのが難しくなってしまいますね。それはあなたにとってもそうですか?

もちろんチャンピオンズ・リーグは大きな議論となっていますね。でも僕はそれについては何も考えていません。僕は12月の最初についても何も考えていません。僕にとっては試合に出て良いパフォーマンスをするだけです。他のシナリオについては考えていませんよ。


あなたはここに残ると約束出来ますか?

僕はこうした事はまだ一度もしたことがないですね。僕が子供の頃、選手がそう言ったのを聞いたら素晴らしいと思ったでしょうね。でもその選手が去ってしまったらそれはがっかりすると思いますよ。僕は、選手が移籍については何も口に出さず、最終的に残ってくれることが一番ファンにとっては嬉しい事だと思いますね。僕はここに居るのが好きですし、ここに来て7年間とても居心地が良いですよ。


あなたの契約は2部リーガでも有効ですか?

さあ、どうでしょうね。たぶんそうだと思います。でもそれについてはほとんど考えていません。





以上になります。

移籍に関する質問に対する答えはいいですね。キャプテンにもなりましたから、ぜひとも長くプレーしてもらいたいと思います。ちなみにドルトムントの全選手の契約は、2部リーガに降格した場合も有効だそうです。先日ボスのツォルクがいやそうに答えていました。


【おまけ 今日のドイツ】

IMG_2390.jpg

IMG_2398.jpg

クリスマスマーケット
只今開催中のクリスマスマーケットは大変賑わって見物客でスムーズに歩くのも難しいくらいです。
でもこう言う雰囲気は何年たっても良いものですね。

ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

人気ブログランキングへ
[ 2014/12/07 06:00 ] フンメルス  | TB(-) | CM(5)
No title
いやそうに ワロタww
まぁ大丈夫 信じて応援するだけだね
[ 2014/12/07 11:26 ] [ 編集 ]
No title
まぁ、カーンの言う「最後の一撃」はそれなりに正しいとは思うけど、選手としては否定するしかないよね。
[ 2014/12/07 14:09 ] [ 編集 ]
No title
ホッフェンハイム戦のフンメルスのプレイを見て彼の素晴らしさがよくわかりました。
これからは彼のプレイにも注目です。
香川選手が帰還してチームがどう変化したのか、今後の展望なども聞いてみたいですね。
[ 2014/12/07 14:13 ] [ 編集 ]
No title
いつも翻訳していただきありがとうございます。
チーロのことについてや、「今日ではほんのささいな一言から大きな物語が作られます。」という言葉など、フンメルスは冷静に判断してるんですね。

ドイツのクリスマスマーケットは一生のうちに行ってみたい所のひとつです。羨ましいです。
[ 2014/12/07 17:05 ] [ 編集 ]
No title
中々素直なインテリジェンスのある発言ですね。凄く現実的で親近感を覚えます。スポーツ選手って凄く純粋だと思う。シーズン中に余計なことなんて考えていないよね。チームで如何にサッカーをするかしか考えてないと思う。俺もそうだったし。
[ 2014/12/09 02:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。