ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「イサクと香川がドルトムントを勝利へ!」BVB、今年初勝利!《ドイツの反応》




レヴィーア・スポーツ】

イサークとド香川がドルトムントを勝利に導く!



entry_img_2046.jpeg

BVBは新年のスタートを成功させた。フォルトゥーナ・デュッセルドルフとのテストマッチで2:0で勝利したが、まだまだだ。

ボルシア・ドルトムントは2018年最初の試合で勝利した。2部のフォルトゥーナ・デュッセルドルフと対戦し、アレクサンダー・イサークのゴールのおかげで勝利したのだ。しかし両チームともまだトレーニングを開始して数日しかたっていないことが明らかとなる試合でもあった。試合の大部分においては、動きのないものとなった。


スポンサーリンク



BVBのペーター・シュテーガーは多くの選手をあきらめなければならなかった。オバメヤンやザガドゥはマルベラで個人トレーニングをしており、さらに負傷明けのゲッツェ、カストロ、ピスチェクは温存となっている。ロイスとラーセンにとってはまだ早すぎ、さらにシュメルツァーは筋肉系の負傷、ビュルキは風邪、プリシチは打ち身で欠場した。


そして試合か開始して5分間でゲレイロが負傷することになった。彼に変わってバルトラが左サイドバックで出場している。

BVBは序盤からボールを保持していたが、前への勢いが感じられない展開が続いた。フォルトゥーナの方が良いチャンスを得ている。香川真司のパスミスからベニト・ラマンがヴァイデンフェラーの前にフリーで現れたが、放ったシュートはゴールをそれている。さらに35分にもこのベルギー人は良いポジションからシュートを外している。


ドルトムントはこうした危険な状況から抜け出すために時間を使い、前半終了間際には、香川真司がジョルダン・サンチョにパスを送るなど、素晴らしい攻撃を見せることに成功している。しかしサンチョは相手のキーパーに敗れている。


後半のBVBはよりプレッシャーを与え、フォルトゥーナはほとんど攻撃することができなかった。トルヤンは香川とのパス交換から右サイドを駆け上がり、横パスを出すも、コーナーへとクリアされてしまった。


開始60分からは163日の負傷期間を経てエリック・ドゥルムが帰ってきた。そしてその少し後にヤルモレンコの放ったシュートが相手選手にあたり、そのボールをイサークがゴールに沈めている。さらに84分にはヤルモレンコの横パスから、香川が10メートルの距離からゴールを決めている。






以上です。

今年初試合を勝利で飾って良かったですね。試合は見れませんでしたが、香川選手も何度か良い攻撃に絡んだようです。マッチレビューにも何度も名前が上がっていましたね。

気になるのはゲレイロの負傷ですね。シュメルツァーの長期離脱はすでに決まっており(詳細記事はこの後アップします。)、ゲレイロに期待していたのですが・・・。

どうなるでしょうか・・。




【おまけ今日のドイツ】

20180107050223d68.jpeg


ベルリンにある日本人パティシエのカフェのケーキ


[ 2018/01/07 06:00 ] 香川2017 | TB(-) | CM(13)
このチームは完全に香川真司のチームでしょう。
技術と知性で完全にリーダーシップを取り、引っ張っていました。
パスをさばき、チャンスメイクし、ゴールも決める。
中心にはいつも彼がいて、周りがみんな頼っています。
監督の信頼は確実なものとなっていますね。
それから、シャヒンとヴァイグルの差はもう凄まじいものがありますね。
体の方向転換のしなやかさ、スムーズさが格段に違うので、プレーの余裕と視野、判断の速さが全然違ってきます。
次のテストマッチはベルギーリーグ14位の相手ですが、中1日なのでフルの香川は出ないでしょうね。
宇佐美は……デュッセルドルフは今、2部の首位ですが、見ていてスタメンを勝ち取れていないのも納得ですね…
[ 2018/01/07 06:28 ] [ 編集 ]
01/07 06:28ですが、下記に補足を。
書かなくても分かって貰えるとは思いますが…

>それから、シャヒンとヴァイグルの差はもう凄まじいものがありますね。
体の方向転換のしなやかさ、スムーズさが格段に違うので、プレーの余裕と視野、判断の速さが全然違ってきます。



もちろんヴァイグルが上です。
[ 2018/01/07 07:46 ] [ 編集 ]
香川がゴールした時、ノビーが実況で 🎵カーガワシンジ シャララー シャララーラと、歌ってくれたのがほっこり嬉しかったです。
調子良さそうですね!楽しみです。
[ 2018/01/07 07:59 ] [ 編集 ]
>試合は見れませんでしたが

この親善試合、まるごとYoutubeのドルトムント公式にて配信されてますよ。
[ 2018/01/07 09:05 ] [ 編集 ]
香川は攻守に大活躍、宇佐美はちょっと厳しいねあれじゃ。怪我人やメンツ考えるとムヒタリアンは安く戻ってこれるなら帰ってきてほしいわ。ただサンチョはすごく良かった。
[ 2018/01/07 10:00 ] [ 編集 ]
先ず香川にボールを預けて、皆走っていましたね。香川のパスミス?その何倍チャンスを作っていた事か。
キレはイマイチでしたが、相変わらずパスセンスは一流です。ヴァイグルは骨折前のパフォが戻って来ましたね。
ただ一つ心配な事は、問答無用のゲッツェの復帰・・勿論実力が上ならば有りですが、それ以外の原理が働いて成績が又下降線をたどる様ならば、香川も真剣に新天地を探すべきですね。
[ 2018/01/07 10:26 ] [ 編集 ]
数字を残したみたいで何より。
現地ファンは、香川が連携で何度良いプレーをしても、フラットに評価してない感じがするので、やっぱり数字で証拠を見せるしかないと思います。

ケーキおいしそうですね。
[ 2018/01/07 10:28 ] [ 編集 ]
香川選手、チャンスをつくり、前半はボールを貰いに結構下がっていたりして、チームを引っ張っていましたが、ゴールという形で結果が残せて本当に良かった。今年の初ゴールおめでとう。
[ 2018/01/07 11:03 ] [ 編集 ]
ヤルモレンコはもう少しシンプルにプレー出来ないかなぁ
左足に持ち直すのは仕方ないとはいえ、ショートパスくらいは逆足でも出せないと…
[ 2018/01/07 14:15 ] [ 編集 ]
新年早々テストマッチとはいえ結果が出て良かったですね!
その中で香川は多くのチャンスを生み出し自身も得点できたのは後半へとつながるでしょう。
前半最後の連携は見ていて気持ちのいいものでした。

イサクのポストプレーにサンチョの仕掛けなども見られて大事に育てて行きたい選手だなと改めて思いました。オバメが移籍してしまうならばなおさらですね。

ヤルモレンコのプレーがいい方向と悪い方向にでたシーンがありましたね。
香川の得点に繋がったキープなどあれは素晴らしいものでしたね。

ここにゲッツェカストロピシュチェクオバメも入って行くことを考えると落ち込んでいた時期よりも期待が持てます。
[ 2018/01/07 17:09 ] [ 編集 ]
さて、ゲッツェが戻ってきたらどうなるのか。
ケガ前のパフォーマンスは良かったけど数字で表れてない点が気になります。その点、香川は少ない機会でもきっちり数字を残しています。でもワールドカップイヤーですし、協会からドイツ人を積極的に使う指示があれば、もっと圧倒的な数字を残さなければ譲る確率が高くなりそうな…。この二人が一緒に出ると相性が悪くなってるのも残念。シュテーガーの戦術次第でしょうね。
[ 2018/01/07 18:23 ] [ 編集 ]
香川選手、疲れが見えましたが気持ちが乗っているようでなにより。

このまますんなりいって欲しいのだが。
チームのSNSの写真や記事を見ても、ゲッツエがチームで最優先なのは一目瞭然。今までも香川選手が存在感を増せば増すほど露出が激減するのは気のせいだとは思えません。病院訪問、今日もファンとの交流に姿がない。。。
ゴールしても写真がいつもない。オバやプリがゴールした時はいやっというほどなのに。
香川選手のファンは、ゲッツエの本当の復活を祈って、2人同時起用を押すしかないのでは。(できれば彼はIHではなくサイドにしてほしい)
そうしないと、ゲッツエのファンに目の敵にされ、思わぬ災難が香川選手に降りかかりかねないかも。わかっていてもゲッツエ非難はほどほどにしなくては。


[ 2018/01/07 21:29 ] [ 編集 ]
ドイツメディアでゲッツェやロイスなどのスタードイツ代表選手の露出が多いのは、今に始まったことではないですし、当たり前のことでしょう。病院訪問の写真は病院に最初の方に入った選手だけで、香川だけでなく米国期待の星で広告塔であるプリシッチ、リーダー格のシャヒンらも写ってないので、おそらく入ってきたのが遅かったのだと思います。合宿のファンとの交流の写真には、テストマッチに(ほぼ)フル出場した香川、ヤルモレンコ、バルトラ、シュールレ、サンチョらはランニング中心の別メニューだったので、写っていないだけです。ゴール後の写真は香川の写真も多いです。アウクスブルク戦のループシュートが、各国メディアに大々的に取り上げられたのを覚えてる方も多いと思います。オーバはチームの得点源なのでゴールの写真が多いでしょうね。プリシッチの写真は特に多いとは思いませんが、劇的なホッフェンハイム戦のゴールの写真が多いのは頷けます。

『ゲッツエのファンに目の敵にされ、思わぬ災難が香川選手に降りかかりかねないかも。わかっていてもゲッツエ非難はほどほどにしなくては。』とありますが、ゲッツェを非難をしているのが日本の香川ファンだと思うのも解せませんね。寧ろ2連覇時からのファンは一緒にプレーをして欲しいと思っている方が多いと思いますよ。他の選手同様、ゲッツェが悪いパフォーマンスをすれば、日本の香川ファンではないサポの間でも、ドイツ人を含めたファンが集う海外のフォーラムでも、ゲッツェは批判されてます。ゲッツェファンの中にもゲッツェを過剰に擁護し、香川ら他の選手を非難する方もいます。どの国でも個人選手のファンの一部にはこういう方がいるので、過剰反応せずスルーするのが一番です。それから何に於いても、ドイツ人ではないから、ドイツ人のファンやドイツメディアの顔色を伺って意見を言わなければいけないということはないと思います。
[ 2018/01/08 09:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。