ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント・ゲッツェ!シュテーガー監督を絶賛!《ドイツの反応》




Sport1】

ゲッツェ!シュテーガー監督を絶賛!


entry_img_2048.jpeg



マリオ・ゲッツェは、靭帯負傷からカムバック間近となっている。彼は後半戦を前にシュテーガー監督を絶賛し、さらなる目標について語っている。


マリオ・ゲッツェがバイエルンからBVBに復帰して以来、彼は常に負傷に悩まされてきた。最近では靭帯を損傷し数週間離脱していた。

スポンサーリンク


しかしながらゲッツェは、これまでのシーズンに満足しているようだ。“今、総括しなければいけないとしたら、離脱期間が長かった割にはポジティブだったと言えると思う。最も大事なのは、ファン達を味方につけたことだ。これは本当に大事な感覚だね。”と彼はビルトに対して語っている。


さらに彼は、楽天的に先を見ている。なによりも、この25歳は新監督シュテーガーに感激している。“ペーター・シュテーガー監督は何よりも感情豊かだよ。僕らと多くコミュニケーションを取り、オープンで、選手たちによって来るんだ。僕は彼を選んだことは素晴らしい解決策だと思うし、彼は素晴らしい監督だと思うよ。彼が後半戦に必要な安定性を与えてくれると信じている。”


シュテーガーは冬休み前に解任されたペーター・ボシュの後任となっている。ドルトムントはペーター・ボシュの下で急降下していた。


度重なる負傷を経て、ゲッツェは再び力を発揮するつもりだ。彼はこれまでに多くのタイトルを獲得している。その経験を生かしてチームとクラブを助けるつもりだ。


2014年ワールドカップでは優勝しているが、彼はまだ満足していない。さらなるタイトル獲得を目指している。“一度優勝したら、その時の経験をもう一度したいと思うんだ。さらにチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグなど、まだ獲得した事がないタイトルも獲得してみたい。いずれにせよ、その二つのポカールはまだ獲得していないからね。”



ゲッツェは来年夏には二つのハイライトを計画している。彼はワールドカップに出場するという目標の他、アン・カトリン・ブレンメルと結婚することになっている。







以上です。

最近はヴァイグルもシュテーガーを絶賛していましたが、このような記事が目立ちますね。

シュテーガーはゲッツェをどのような位置で起用するでしょうか?できれば前で見たいものです。



【おまけ今日のドイツ】

20180108073053025.jpeg


テスラのショールームに行ってきました。
[ 2018/01/08 07:24 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(10)
何度も前でやらせろと言ってきて、やっとやらせたと思ったらケガだったから今度は上手いこといってほしい。
こいつは点に絡ませたらほとんど天才。ヘラヘラしながら囲みを突破するのは見ていてワクワクする。完全復活するといいね。
[ 2018/01/08 07:51 ] [ 編集 ]
ゲッツェ...あれ程ボスを絶賛し擁護してたかと思ったら、この変わり身の速さ...
[ 2018/01/08 08:21 ] [ 編集 ]
変わり身の速さ。笑
まさにゲッツェこそ日本伝統の忍者だな。
ゲッツェに才能があるのは、間違いないんだけど、、なんとも。それより、ロイスはよ戻って欲しい。香川、ゲレイロ、カストロ、ロイスはドルトムントの中でも特にすきだな!!あ、オーバメヤンも。
[ 2018/01/08 09:05 ] [ 編集 ]
彼のインタビューはほんとにいつもソツがない。プライベートや自身のSNS はびっくりするほど天然な時があって対照的。でも最近それもなくなりつつある。media 露出が高い選手はmedia を逆利用するぐらいの狡猾さが現代では必要だと思う。彼は(彼のブレイン)そこがうまい。人気選手に褒められて嬉しくない監督やチームメートはいない。自分の名がワールドワイドになるんだからね。香川選手もイギリスのメディアに人気だから、こういう発言をどんどんして、周りにいる自分にとって大事な人をもっと有名にしてあげたらいいと思う。ドルトムント内で世界的知名度はかなり上位だから。

ゲッツエは、ファンを味方につけることが自分の地位を守ることだとよく分かっていると、このインタビューから確信できた。
[ 2018/01/08 11:09 ] [ 編集 ]
インスタでボスの写真上げてた人の意見ですよね
まあ、これくらい図太くないとバイエルンとドルトムントを
往復はできませんよねー
[ 2018/01/08 11:37 ] [ 編集 ]
ゲッツェが再びファンのお気に入りになれたのは病気のせいもあると思う。そうでなければもっと風当たりは強かったはず。
[ 2018/01/08 12:09 ] [ 編集 ]
ゲッツェがどのポジションで起用されるのか興味深いですね。
中盤よりも前の方がより良さを発揮できそうですがどうなるでしょう。
[ 2018/01/08 14:17 ] [ 編集 ]
オバがいなくなるみたいなのでワントップorゼロトップも現実的かもしれません
ロイスかヤルモレンコをワントップというのは香川やゲッツェを同時起用するとなると有り得ますし、これでシュールレも残留でしょうがトゥヘルやポスの選手起用で比較的シュールレの出場時間が短かったことを考慮すると、どちらかといえば前者を選ぶような気がします
[ 2018/01/08 16:01 ] [ 編集 ]
今のゲッツェが天才?※1は何を見てるのか?もしかして、試合じゃなくて盲目的にゲッツェを推してる一部のドイツ人のこめだけみてるのかな。
[ 2018/01/09 14:36 ] [ 編集 ]
ゲッツェ 、ケガから回復して、ゲームに復帰してよかったですね。最初だけ元気でしたが、流石にブランクがあって、また逆戻りしたようで、また、代表復帰のためコンディッションを上げるためにゲームに出続けるのでしょうか?サンチョが元気いっぱいで対照的でした。
[ 2018/01/09 18:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。