ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》「子供達はBVBをこの様に心配している!」BVB子どもファンの反応

ホッフェンハイム戦で勝利し、とりあえず最下位を脱出したドルトムントですが、完全に脱出するには連勝が必要な状況です。いまだに下位から完全に脱出しきれていない状況で、ビルト日曜版がBVBの小さなファンたちにインタビューを行いました。BVBの小さなファンたちは、今の状況をどのように捉えているのでしょうか?

以下が記事になります。




20141208055847edb.jpg


ホッフェンハイムに1:0で勝利したが、降格圏から完全に脱出したわけではない。BVBレポーターのハイコ・ニッデラーが今の危機的な状況とどう付き合っているのか、またクリスマスにはどのスター選手を望むかなど、子供達に質問した。



もしクロップが去るならモウリーニョが良いな。

“クロップの責任ではないと思う。選手の責任だよ。僕は彼らが降格して、直ぐにまた一部に戻ってくると思う。そしてまた優勝すると思うよ。もしバイエルンがいつも一番良い選手を奪っていかなければね。とても苛立たしいし、不公平だと思う。クロップはあと2,3年はここにいると思う。もし彼がいなくなったらモウリーニョが来てくれるといいな。”

ドルトムント出身のクリス(10)



勝利のためなら小遣いを犠牲にしてもいいよ!

“降格することはないと思うな。僕たちはそれには良すぎるよ。クロップはもっとここに長く居ると思う。だって彼はBVBの歴史の中でも最高の監督だから。僕のクリスマスの願い事はポカールで優勝すること!”

ヴィリッヒ出身のケリム(9左)



“僕は一年前からBVBファンなんだ。その前はバイエルンファンだった。どうして最近うまく行っていないかは僕もよくわからないよ。もしかしたらトレーニングが悪いのかも。僕はユルゲン・クロップは素晴らしいと思う。そして彼らがまた近いうちに優勝してくれると良いな。そのためだったら小遣いを犠牲にしてもいいよ。”

フィーアセン主審のオマール(9)



クロップは素晴らしいけど、選手が悪すぎる!

“僕はほぼ毎回スタジアムに行ってる。クロップは今でも正しいトレーナーだけど、選手はもっとよくプレーしないといけない。サンタクロースには来年の勝利をお願いしたいな。僕はシャルケファンの友達がいるけど、彼は僕の事をからかったりしないよ。彼はとても親切なんだ。”

アレックス(8)



クロップは叱り過ぎだと思う!

“ユルゲン・クロップは素晴らしいけど、ちょっと叱りすぎだと思うな。もうちょっと怒ったり、ライン手前で跳ねまわったりするのを減らして選手に親切にするべきだと思う。そして選手に対して、誇りに思っているって言うべきだと思う。そうしたら彼らもまた勝つと思うよ。”

アーメド(6)



バイエルンファンいやな言葉をなげかける

“学校ではバイエルンファンがいやな言葉を投げかけてくるんだ。だけどそんなのは気にしないよ。いつか自分たちに帰ってくるんだ。もし僕がクリスマスに選手を望む事ができるなら、メッシだね。”

レオナルド(8)



“僕の一番のお気に入りはクバだよ。早く彼が戻ってきてくれると良いな。ロイスはあまりすきじゃないよ。彼はもうすぐ移籍してしまうから。クロップはチームにもっと努力するように言うべきだと思う。”

ジョエル(8、右)
スポンサーリンク


パパはシャルケファンで僕とママの事を笑うんだ。

“僕のママと僕はBVBのファン。だけどパパはシャルケファンなんだ。彼は今ドルトムントが下位に居ることをとても喜んでいるんだ。だから僕はいつも怒っているよ。僕の家ではいつも勝ったチームの旗が掲げられているんだ。”

ヘンリー(5)



ロナルドがいればまた優勝するよ

“僕はずっとBVBのファンだよ。だけどいつもいい選手が出て行ってしまう。僕の大好きな選手はクバだよ。僕はBVBがクリスティアーノ・ロナルドを呼んでくれたらいいと思っている。彼が来ればバイエルンを倒すことが出来るよ!”

マテウス(8)



彼らはゴールしないと行けない

“守備陣のミスが多すぎる。チームはもっと噛みあわなければならないし、いつもゴールまで(訳注:走ってゴールまで)プレーする必要はないと思う。そうじゃなくて長いボールとか。”そしたらもっとゴール出来ると思う。でも僕は彼らはまた順位を上げて10位内には入ると思うよ。

ベン(8)



“私はBVBのユニフォームが好きなの。何よりも黄色が。彼らは黒ではなくていつも黄色のユニフォームを着るべきだと思う。そのほうが良いプレーをするから。”

ベンの妹マヤ(7)



僕たちはまた上位に来る

“僕が大好きな選手はヴァイデンフェラー。僕はドルトムントはまた勝つと思う。そして上位にきたらまた優勝すると思うよ。確実に!”

マキシミリアン(4)



バイエルンが選手を奪っていくのは不公平

“僕はBVBファンだけどちょっとだけバイエルンファンなんだ。ドルトムントが上手く行っていないのはバイエルンが選手を奪ってしまうから。選手たちはここでクロップによってよく鍛えられ、それをバイエルンが奪ってしまう。ゲッツェのように。不公平だよ。バイエルンは別な所で選手を探すべきだよ。もしかしたらクロップはもっと厳しくトレーニングするべきかも知れない。クリスマスにはゲッツェが戻ってくる事をお願いするよ。”

ユスティン(7)



ヴァイデンフェラーは年取りすぎ

“僕は赤ん坊のころからすでにBVBファンだったんだ。彼らは今の所あんまりよくないよ。ヴァイデンフェラーが年を取り過ぎているから。僕の大好きな選手はロイス、オバメヤン、香川、ピスチェックだ。そしてレヴァンドフスキーも。彼がいなくなって悲しいよ。バイエルンは嫌い。僕の学校にもバイエルンファンがいるけど、彼はそれでも僕には親切だよ。”

マルヴィン(7)





以上です。

子どもながらに思うことがあるようですね。特に学校でもシャルケファンやバイエルンファンにからかわれたり、という事もあるんだろうなあ、と思いました。

シャルケファンとドルトムントファンの家族がいましたが、子どもは中々大変そうですね。もしかしたらBVBのお母さんのほうがサッカーを抜きにすれば普段は強いのかもしれませんね。シャルケファンのお父さんはここぞとばかりに鬱憤をはらしているのでしょうか、などと勝手な想像をしてしまいました。

ドイツもクリスマスシーズンに入っていますが、昨日がニコラウスの日でした。12月6になると成人ニコラウスが子供達にプレゼントを配ってくれます。おそらくこの成人ニコラウスがサンタクロースになったのではないかと思われます。そんなわけで、ドイツではサンタクロースは最近では少し有名になりましたが、ニコラウスがいるのでそれほど重要ではありません。

12月24日の夜にはクリスマス・ツリーの下にプレゼントを置いて、家族皆でプレゼント交換をします。伝統的にはその前にクリスマスの物語を読んで、クリスマスの歌を歌って、その後プレゼント交換になります。管理人が下宿した家では毎年そうやっています。

25,26日は教会に行く人も多いですが、家族で過ごすのが基本ですね。クリスマスは1月6日の三人の賢者の日をもって終わりになります。


【おまけ 今日のドイツ】

201412080614121f6.jpg

サンタのチョコレート


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

人気ブログランキングへ
[ 2014/12/08 06:25 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(11)
No title
子供ながらにコメントがしっかりしていますね。
国民性を感じます。

クリスマスまでにもう少し勝って、子供たちによいクリスマスが訪れるといいですね。
[ 2014/12/08 07:24 ] [ 編集 ]
No title
とても楽しい記事ありがとうございます。
子供は正直で良いですね。クリスマスプレゼントにメッシやゲッツェをお願いするというのは、本当に子供らしい!
思わずニヤついてしまいました。

現実の世界の冬の移籍市場の記事よりずっと夢があります…どうなるBVB…。※ロイス、インモービレ、フンメルスに関する移籍記事は日本の翻訳サイトでもよく目にします
[ 2014/12/08 08:31 ] [ 編集 ]
No title
>僕は一年前からBVBファンなんだ。その前はバイエルンファンだった。
なぜバイエルンが三冠した年にドルトムントに乗り換えたのだろうか
[ 2014/12/08 08:40 ] [ 編集 ]
こんな歳の子らもネットに書き込んでるのか…
おじちゃん心配です(28歳)
[ 2014/12/08 10:31 ] [ 編集 ]
No title
希少価値のある、良い記事だと思います。
面白かったです。
日本では選手の下げタイトルや、適当に自分の意見を書いてる間違った見解、ニワカの実力の無い記事がトップタイトルに出てくるから狂ってるし、つまらない。
[ 2014/12/08 11:51 ] [ 編集 ]
No title
ルールダービーな一家とか凄いですね。
両親がサッカーを観て語れるとなれば、子供のサッカー観も養われるでしょう。

もしかしたら、日本のサッカーに最も足りないのは、サッカー大好きな父親と母親なのかもしれません。
[ 2014/12/08 12:44 ] [ 編集 ]
No title
バイヤンファンだった子がドルファンになった経緯が気になるw
3冠取ったことで満足したのかな?
子供の頃から好きチームがあっておもしろい試合が見れるっていいな
[ 2014/12/08 17:42 ] [ 編集 ]
No title
そりゃリーグで優勝したチームの主力をバイエルンに取られたら降格危機にもなるわな
[ 2014/12/08 21:47 ] [ 編集 ]
No title
流石ドイツはサッカーの歴史が違うなぁと思った。中々微笑ましい記事ですね。彼等の年の頃は私はベッケンバウアーとかにあこがれていました。
[ 2014/12/09 03:00 ] [ 編集 ]
No title
シャルケサポーターとドルトムントサポーターのご夫婦って面白いなあ。
同じクラブのサポーター夫婦は毎週一緒に試合を見て喜怒哀楽を共にするためか、けっこう上手く行くご夫婦も多いらしいですね。スタジアムでもよく老夫婦を見かけて良い光景だなあと思います。

お父さんは子供がドルトムントサポーターに育ってくやしいでしょうね(笑)
[ 2014/12/09 04:14 ] [ 編集 ]
ちゃんとサッカーの内容を見てるのが凄いw
しかもちゃんと子供らしい可愛らしさもあって良記事でした
ありがとうございます
[ 2014/12/09 13:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。