ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!9人の選手がウイルス性胃腸炎に!予定を早めて帰国!《ドイツの反応》




Sport1】

ボルシア・ドルトムントを急性胃腸炎が襲う!

ウイルス感染がドルトムントを襲う!


entry_img_2054.jpeg


マルベラでの合宿は、多くの選手が胃腸炎にかかる事で終わった。飛行機は予定よりも早く飛んでいる。


スポンサーリンク


マルベラでの合宿が予定よりも早く終わる事になった。多くの選手が病気になったことで。

飛行機はウイルス性胃腸炎にかかった9人の選手をともなって、予定よりも4時間早くドルトムントへと飛び立った。

病気の選手は他の選手に移さないように後ろの方に座らなければならなかったようだ。

シュテーガー監督はヴォルフスブルク戦と前にしてそれでも楽天的だ。“まあ今週中に選手が戻って来る事を願っているよ。”と語っている。





以上です。


いきなり9人というのはすごい感染率ですね。良くサッカー選手は風邪をひいて試合を休みますが、アスリートはハードなトレーニングで免疫力が下がりやすいので風邪をひきやすいという話を聞いた事があります。

誰が風邪を引いたか詳しい事はまだ分かりませんが、開幕には間に合ってほしいですね。



[ 2018/01/10 19:30 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(12)
https://twitter.com/RNBVB/status/950473995090096131

ここに載っている選手とコーチの人たちでしょうか?
[ 2018/01/10 20:09 ] [ 編集 ]
免疫力も下がりやすいし脂肪も少ない、薬も気軽に飲めない環境で1人感染すると一気に広がる集団生活。
怪我をしやすい事とか様々な文化圏の生活、他にも感染症になりやすい条件が盛りだくさんですからね。
しかしよく聞く事とはいえ健康そのものなイメージのスポーツ選手が実は病気になりやすく怪我の回復が遅いって不思議な感じがしますね。
[ 2018/01/10 20:24 ] [ 編集 ]
ノロですかね?
この感染力は
[ 2018/01/10 20:46 ] [ 編集 ]
ノロウイルスによる下痢もウイルス性胃腸炎ですし、食中毒にでも当たったんですかね
海辺のリゾートキャンプ地でしたし汚染された生牡蠣とか食べちゃったのかなー
[ 2018/01/10 21:24 ] [ 編集 ]
毎年、クリスマスを終えたころに何人か病気になってるでしょ。何か原因がありそう。
今年は病院の慰問はありましたっけ?
[ 2018/01/10 21:39 ] [ 編集 ]
体脂肪率低いから免疫力が低いのよね
[ 2018/01/10 21:50 ] [ 編集 ]
以前も6人程急性胃腸炎にかかったことがありましたが9人は驚きですね
シュテッガーがそれ程悲観的じゃないってことはそんなに重い症状ではないのかな?
[ 2018/01/10 21:54 ] [ 編集 ]
体脂肪が低いと体温が下がって免疫力が落ちるのと、ハードな運動をすると免疫物質が減る。と聞いたことが。
サッカーは接触プレーもあるので、感染が一気に広がるんでしょうね。
他所のチームでもたまにありますよね。
[ 2018/01/10 22:32 ] [ 編集 ]
一応BVB公式みるとこの前のテストマッチに怪我人以外の選手は出ていたみたいだから9人のほとんどは選手じゃなくコーチとかかもね
というか香川も結局途中交代でゲッツェの代わりに出たのか
次の試合がすぐだから休ませるかと思ったけど
ヴァイグルなんてフル出場だし・・・心配だな
[ 2018/01/10 23:15 ] [ 編集 ]
トゥヘル時代から出場が続くと不安視する人が居るけど出られるだけ出た方が良いって事にどうして気がつかないんだろうか?いい加減に出続けることで安定するのが香川だって分かって欲しいわ
[ 2018/01/11 04:42 ] [ 編集 ]
マイケル・ジョーダンはしょっちゅう風邪を引いてた
[ 2018/01/11 07:36 ] [ 編集 ]
原因が鶏肉のグリル見たいですね
食中毒じゃなくそれが原因の風邪ってどんなもんなんだろう
[ 2018/01/12 05:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。