ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》 内田、乾高評価!キッカー採点まとめ

ブンデスリーガ第14節のキッカーとビルトの採点のまとめになります。

今節は昨日アシストを記録しました乾選手とそれから内田選手に高評価がついています。

20141208201349446.jpg


【キッカー】

 2.5 フランクフルト

長谷部 3 フランクフルト

岡崎 4 マインツ

細貝 4.5 ヘルタ・ベルリン

内田 2.5 シャルケ

酒井 4 ハノーファー

清武 4 ハノーファー

2部リーガ

田坂 5 ボーフム

山田 2 カールスルーエ


【ビルト】

 3 フランクフルト

長谷部 3 フランクフルト

岡崎 4 マインツ

内田 3 シャルケ

酒井 4 ハノーファー

清武 4 ハノーファー

細貝 5 ヘルタ・ベルリン

スポンサーリンク


キッカーのドルトムント 対 ホッフェンハイムの採点

【ドルトムント】
ランゲラック 3、ピスチェック 2.5、ズボティッチ3、フンメルス 2、シュメルツァー3、ケール 2、オバメヤン2.5、ベンダー2.5、ギュンドガン2、ミキタリアン4、ラモス4


【ホッフェンハイム】 
バウマン 3.5、キム 5、ビカチック 3.5、ズーレ 4、ベック 4、ルーディ 5、ポランスキー4、シュベーグラー 4.5、フォルラント 5、フィルミノ 4.5 シップロック 4

【審判】 ツヴァイヤー 5.5

ツヴァイカンプフでの判定の問題以外に大きなミスがあった。オバメヤンのオフサイドは本来は正式なゴールとなるべきだったしズボティッチのファールはPKになるべきだった。

【試合】3

ドルトムントは戦いの中に試合を見つけた。この試合以外でそのような戦いをしたことはほとんどない。

【分析】

5人の選手を入れかえて(ランゲラック、フンメルス、シュメルツァー、ギュンドガン、ラモスをヴァイデンフェラー、ギンター、ドゥルム、香川、グロースクロイツにかえた。)より安定した4-1-4-1のシステムに変更。そしてドルトムントは飾り気のあるプレーを切り捨てた。質素で飾り気のないサッカーでとても多くのロングボールと時には伝統的ではないディフェンスが、この危機的な状況のドルトムントにはうまく合った。守備面においては実際にあらたな安定感をもたらし、先制点の場面を除いては、見るからに歯を食いしばり、めまぐるしく機能した。

そしてこれは後半に入ってからより勢いと正確さを、特にギュンドガンにもたらした。傷づいたホッフェハイムは主に左サイドをオバメヤンとピスチェクの素早いドリブルによって引き裂かれた。彼らの攻撃はBVBのペナルティーエリアに達する前に終わってしまった。ランゲラックは一度もボールを防ぐ機会がなかった。

【結果】

より多くのシュートとチャンス。明らかに積極的だったチームが勝利にふさわしかった。

【マン・オブ・ザ・マッチ】

指揮者と勢いを与える役割として、イルカイ・ギュンドガンがBVBに新たな生を与えた。彼のヘディングでの決勝点で彼のパフォーマンスを飾った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上になります。

昨日は5:2で解消したフランクフルトの乾選手、また敗れはしましたが、さらに得点の記録を伸ばした岡崎選手、そしてシュポモティンのハットトリックで解消したシャルケの内田選手などが活躍しましたね。

乾選手の調子が代表戦以来確実に上がってきているようで嬉しいです。岡崎選手のマインツはここの所勝利から遠ざかっていますね。

また香川選手の出場はありませんでしたが、いつもどおりドルトムント戦の試合の分析記事を載せておきました。

今週はチャンピオンズリーグもありますので、活躍に期待したいと思います。

【おまけ今日のドイツ】

IMG_1945.jpg

IMG_1939.jpg

ラーデボイルのクリスマスマーケット
管理人の近所で開催中のクリスマスマーケットです。小規模ですが週末は大変混み合い賑わっています。
岡崎の得点王争いは嬉しいけどチームが勝てなきゃ楽しくはないな
フランクは長谷部乾と共にチームも好調でイイネ!
[ 2014/12/08 20:32 ] [ 編集 ]
実はおまけの「今日のドイツ」がいつも楽しみです
ドイツのクリスマス一度行ってみたい

乾は代表召集で結果を出したのが自信に繋がったのかいい感じ。岡崎は点とれてるけどチームが…
内田と長谷部は流石の安定感。香川はこのどん底抜けたら一皮剥けるはず。何気に細貝と高徳が不穏だなあ
[ 2014/12/08 21:27 ] [ 編集 ]
No title
乾は良く記事で代表戦が合ってから良くなったと言う人多いけど俺は違うと思ってる。シーズン初番からトップしたに入り球離れが良くなり去年よりも回復の兆しを見せ始めていたと思う。ただ大きな形として現れたのが代表戦というだけ。
[ 2014/12/09 03:08 ] [ 編集 ]
No title
ドルトは何とか勝利に最下位は免れたものの、僅差ですので予断を許さない位置ですね。もちろん、日本人が在籍する、シュッツガルト・ヘルタ・ケルン、そして得点王争いをしている岡崎のマインツでさえ、危ないですね。士気を高め、もっと上を目指して欲しいし、サッカーは一人でできず、チームプレイですので、個々のレベルを高めないとですね。PS.ドイツのクリスマスは味がありますね。日本にない雰囲気に癒されます。ただ、混雑はしてますね。
[ 2014/12/09 04:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。