ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

オバメヤン父!「息子をサル呼ばわりする国には住めない!」《ドイツの反応》




ビルト】

オバの父親、ジャーナリスト挑発!


entry_img_2065.jpeg


キッカーの編集者は、誤解を招く表現があったとして、オバメヤンに謝罪した。

キッカーの編集長、カール・ハインツ・ヴィルトはキッカー・ホームページで、“オバメヤンを差別したり、蔑んだりする事は決して私の意図した事ではありません。”と語った。

ヴィルトはキッカー・TVにおいてバイエルン・ミュンヘンでの立ち位置について以下のように語っていた。“私は、オバメヤンがミュンヘンで同様のくだらない振る舞い:Affenzirkus(直訳すると:さるのサーカス)をするとは思えないよ。”発言していたのだ。

スポンサーリンク


さらにこの発言については、“私はドイツ語において、決してネガティブな表現ではないこの慣用句を使って、彼のフィールド外での行いを表現しただけだ。”と語っている。


オバメヤンはすでにこの発言に関して反応しており、インスタグラムで“このレポーターは別な言葉を選ぶことだってできたはずだ。”と発言している。


ヴォルフスブルク戦でオバメヤンは、規律を破ったためにベンチ外となっていた。


さらにこの事が、あきらかになった直後にオバメヤンの父親はインスタグラムで挑発的な発言をしている。“くだらないジャーナリストが、私の息子をサルだと表現した。彼はヒットラーの時代が帰って来る事を望んでいるように感じるよ。”


オバメヤンの父はこのAffenzirkus“さるのサーカス”という言葉を、息子の移籍を準備するために使っている。“小さなサルとその家族はここから去るべきだと思うね。”


事実:すでに長い間オバメヤンとチームメートは上手く行っていない。オバの行いはチームメートにはまったく理解不能だ。最近ではシュメルツァーが批判していたが、うまくまとめていた。



またしてもオバ・スキャンダルだ。これが彼の最後のスキャンダルとなるだろうか?




以上です。

前の記事でも少し触れましたが、Affenzirkus(直訳:さるのサーカス)という言葉は、“意味のない、くだらない騒動”といった意味で普通に使われる言葉です。キッカーの記者はオバメヤンの一連の行いをAffenzirkus“無意味な騒動”と表現しましたが、オバメヤンとオバメヤンの父は、Affe(さる)という言葉に反論しています。

前回の記事では馬の耳に念仏と書きましたが、猿も木から落ちる、という例の方が良いかもしれませんね。猿も木から落ちる、と書いたら、“俺が猿とは何事か!!”となった感じです。

こんな誤解はすぐに解けそうですが、あくまで移籍するための道具として反論している事は明らかですね。




[ 2018/01/15 21:15 ] オバメヤン | TB(-) | CM(30)
こうなるので、ドルトムントで外国人が長期契約するのは危険ですよね。
契約を盾にするのなら、こっちもやれることはやるぞという感じがします。
[ 2018/01/15 21:44 ] [ 編集 ]
移籍する隙をうかがってますね
[ 2018/01/15 21:50 ] [ 編集 ]
オバメヤン自体にも問題はもちろんあるが、何よりもフロントが一番の元凶でしょう。
ここ数年、選手たちを甘やかし、舐められるような迷走ばかりを続けている。
若手ばかりを乱獲し、とうにピークを過ぎ劣化した選手を出戻りさせ、チームのバランスは最低最悪と言っていい。

「ヒットラーの時代が帰って来る事を望んでいるように感じるよ。」
まさに、ゲッツェに対するメディアの評価は大本営発表のようだ。
[ 2018/01/15 21:51 ] [ 編集 ]
このクラブはチームの勝利よりも、1人の「超人気ドイツ人選手」の市場価値を下げない事が最優先となっているのは、明らか。
もはやチームの勝利より、金儲けのビジネス。

ちなみにその選手がスタメン出場して、最後に勝ったのは9月24日の第6節ボルシアMG戦です。
このドイツ代表がスタメンで出て勝ったのは、なんと、開幕戦、第2節、そして第6節が最後です。計3試合のみ!
[ 2018/01/15 21:57 ] [ 編集 ]
アフリカンに猿なんて言ったら怒るに決まってますね
その国では当たり前の事でも、他国の人にはそうじゃないって例ですし、これは記者が無知で勉強不足だったということ
ブラジル辺りではナチョラルに目を吊り上げて揶揄しますが、それを悪いと思ってない節があるでしょう
それと同じです
スシボンバーなんて言ってしまう土壌があるんですから、アレなんでしょうけど
[ 2018/01/15 22:00 ] [ 編集 ]
殊更にオバメヤンを悪者に仕立てているようにみえる。
批判を受けるべきはスポーツ的にも、経済的にも失敗な昨シーズンからの補強であり監督交代を敢行したフロントだろう。
育成枠で獲得したであろうデンベレの成功と、数年ぶりのタイトル獲得で目が曇っているのではないだろうか。
そしてゲッツェはプレミアに行くべきだった。
フロントとファンが甘やかす事で、ゲッツェの復活はより長い道のりを必要とするだろうと思う。
[ 2018/01/15 22:36 ] [ 編集 ]
もうちょっと異常だと思います。移籍のゴタゴタ騒動がこう続くと流石に選手側だけの問題だけではないような気がして来ました。
クラブ側にも何かしらの問題がある事は想像に難しくないような気がしています。
オーナー以外の人間が長期政権に携わっている弊害が表面化した現れなんでしょうか。
かなりの異常事態だと言えるでしょうね。
[ 2018/01/15 22:48 ] [ 編集 ]
オバは優しい性格だと思うんですが縛られるのは嫌なタイプなので今の状況は息苦しいのかなと思います。ブンデスリーガは外国人が入りやすいですがドルはロイスやゲッツェらドイツの地元のアイドルがいるので活躍しても彼らより高い年棒は貰えないしステップアップするにはドルを出るしかない。しかし本当に行きたい所には中々行けないしモヤモヤした気持ちも募っていそうですよ。
[ 2018/01/15 22:55 ] [ 編集 ]
とても嫌な流れですね。この一年間でドルトムントの何かが変わってしまって、楽しくない空気が有るのかもしれません。オバメアンにはドルトムントに対する愛着が無くなってしまったのでしょうか?
一年前は、出ていくにしても惜しみ惜しまれてって感じだと思ってましたが…
[ 2018/01/15 23:00 ] [ 編集 ]
反論するのはいいがヒトラーもちだすのはもっとダメだろ
[ 2018/01/15 23:31 ] [ 編集 ]
この話題結構気になります。日本でもし黒人もしくは黒人の血筋の人について何か失敗した時に”猿も木から落ちる”という表現したら最近の流れなら相当噛みつかれそうです。
[ 2018/01/15 23:41 ] [ 編集 ]
 無知な人ほどナチスやヒトラー、日本の大本営を軽々しく悪の代名詞に使う。第二次世界大戦はハリウッド映画のような単純なものではない。
[ 2018/01/16 00:21 ] [ 編集 ]
ヒトラーを出すほどの事を言われたという話では?
アフリカ人の歴史的な問題に配慮してないと思われればドイツの問題にも配慮する必要はないですからね
[ 2018/01/16 00:22 ] [ 編集 ]
皆さんの意見とは違って、差別問題にして移籍を有利にしようとするオバ親子がイヤです。何度も他選手から苦言を呈されてるのに、何でこういう行動に出てしまうのか。他の手段を講じるべきでしょう。残念です。
[ 2018/01/16 00:30 ] [ 編集 ]
22:00さんに同意です。アフリカ系に猿はどの国でも今は差別に取られます。ドイツでもH&Mの広告の騒ぎは報道されてるでしょうし、H&Mが謝罪したのはほんの1週間ほど前です。なのに他の言い回しを使わずにこの言葉を使った。この編集長が本当にオバメヤンを蔑む気がなかったのか正直疑問です。
[ 2018/01/16 01:09 ] [ 編集 ]
正直言って香川がいたとしても今のドルトムントに魅力がない。オバメヤンの行動を擁護する訳ではないが、最近の気持ちは分かる。 クロップがいなくなってからは本当になんだか面白く無くなってきたし最近は試合もたまにしか見なくなってきた。 個人的には特に、フロントに不審を感じてるよ。外部と内部のこのグダグダ感とゴタゴタ感にはウンザリ。だから続投できても嫌になってクロップもやめたんだろうか

しかしクロップという監督に引き合わせてくれた事にだけドルトムントにはめちゃくちゃ感謝してる。
[ 2018/01/16 01:12 ] [ 編集 ]
日本人は吊り目や猿扱いされてもピンとこないが、グリエルはダルビッシュに吊り目をやって開幕から5試合出場停止。キューバでは普通でも亡命した国では許されなかった。黒人を猿扱いしてきた白人がオバを批判するのに使うのは流石にまずい。サーカスなどできない無能な猿と、木登りのプロとしての猿では同じことわざでも扱いに天地の差がある。
[ 2018/01/16 01:32 ] [ 編集 ]
ドルトムントの運営が下手なんだろ。なんか毎度こういうトラブル出てくるし。選手とクラブ上層部のチーム評価に大きな差があるってことじゃね。上層部はドルトムントをビッグクラブの一角と見ていて、選手は欧州の数ある強豪の中の一つのチーム程度の認識、みたいな。
[ 2018/01/16 01:50 ] [ 編集 ]
まさにAffenzirkus
[ 2018/01/16 02:59 ] [ 編集 ]
確かにヒトラー持ち出すのはやり過ぎですね。
ドイツ国内ではヒトラーに関する検証すら禁止されてる程のものでしたっけ。タブーにタブーで返す事で得られるものは何なんでしょうね。
[ 2018/01/16 04:28 ] [ 編集 ]
記者がこの言葉を使わなければ、この問題は起こらなかった。
慣用句とはいえオバに利用されるような言葉を使う方が悪い。
彼が言うように、他の言葉も選べたわけだから。
[ 2018/01/16 08:00 ] [ 編集 ]
うっかり使ったですまされないのでは?一般の人ではなく、言葉を商売にしている記者でしょ。もしかしたら、悪意をもって"猿のサーカス"を使ったかもよ。ドイツ人にヒットラーを語るのと同じくらい、アフリカ人に猿は聞き捨てならないものでは?
[ 2018/01/16 09:19 ] [ 編集 ]
この記者のうっかり、無知、想像力の欠如をオバの父親が利用したとも思えます。でも、これが国際的、政治的な話題だったら、それを利用して大事に至る事も考えられるから、このサルのサーカスを書いた記者はジャーナリストとして失格ですね。
[ 2018/01/16 09:50 ] [ 編集 ]
モラルを失くしたのはフロント自身
トゥヘルに続き、ミスリンタート、デンベレ、オバメヤン。
シュメルツァー、シャヒン、ゲッツェ。
絶え間なく続く出戻りの噂。
派閥。

まあ間違いなくフロントに問題ありでしょう。
[ 2018/01/16 16:59 ] [ 編集 ]
16:59さんに同意。オーバはプライベートは派手だしやらかした事は沢山あったけどプレーでは利他的な部分も持ってるしあんだけ酷使されてもケガも少ないし性格も悪いとは感じなかったからなんでこうなったかなと思うとフロントもその一因じゃないかとは思う。コウチーニョもファンダイクも結局移籍したんだから移籍は必ずあると思うけど。
[ 2018/01/16 18:10 ] [ 編集 ]
アーセナルとドルトムント(とフロンターレ)が好きな私、オバとジルー+移籍金のトレードの噂にワクワクしてます。
アーセナルはとにかく変化が必要な状況。ドルトムントにジルーはプレースタイル的に完璧な補強でしょう。
移籍するならアーセナルへGO!
[ 2018/01/16 21:11 ] [ 編集 ]
アーセナルの酷さはドルトムントにそっくりですよね。
まあ腐っても「世界のアーセナル」なんですけど。
ピレスやヴィエリがいた時の屈指の強さが懐かしいわ〜
1試合も出れなかった稲本が、トロフィー抱え上げた時、サポからブーイングされてたなあ…
[ 2018/01/17 00:47 ] [ 編集 ]
この手の慣用句はその国の歴史とかが背景にあるから直訳すると
意味が通じない言葉が多いからなぁ・・・

職場のネパール人に、今手が空いているか?と聞いたらキョトンとしてたんだよな
手が空くって言葉は日本独特の表現みたいだから直訳だと意味が通じないんだよね
[ 2018/01/17 17:52 ] [ 編集 ]
人種差別を盾に移籍しようということですかねぇ
どっちが卑怯なんでしょう?
[ 2018/01/17 19:50 ] [ 編集 ]
一般的なドイツ人、もしくはドイツ語が堪能な人から見て問題のない言葉を、ことさら問題視して記者を批判することには疑問を感じます。

オバメの親父さんの単なる勘違いなら良いのですが、「ヒトラー」なる言葉を軽々に持ち出しているところからしても、何か腹黒さというか悪意があるような気がします。小狡い印象を持ちました。

まぁ、外国人のワールドクラスの選手に対するクラブの扱いが悪い?ということもあり、目くそ鼻くそなのでしょうかね?

デンベレの件もありましたので、もう少しスマートにやってもらいたい気はします。
ファンを不快にさせないという意味で、そういうこともファンサービスだと思うんですよねぇ。
[ 2018/01/18 02:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。