ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

武藤!キッカーベスト11+MOM!!香川も高評価!選手採点と試合評!《ドイツの反応》



entry_img_2080.jpeg

キッカーベストイレブン】数字は回数


ホルン (ケルン1)

L.ベンダー (レヴァークーゼン2)

ギンター (グラートバッハ5)

ディアッロ (マインツ 5)

ヴェンデル (レヴァークーゼン 1)

コッホ (フライブルク 2)

ミュラー (ミュンヘン 2)

ベイリー (レヴァーク―ゼン 6)

テロッデ (ケルン 1)

レヴァンドフスキ― (ミュンヘン 4)

武藤 (マインツ 1)



スポンサーリンク




ヘルタ対ドルトムント採点と試合評】


・ヘルタ採点

クラフト 2
ヴァイザ― 4、シュタルク 2.5、ルステンベルガー 3、プラッテンハルト 3
マイアー 3、シェルブレット 3
ラザロ 2.5、ドゥダ 4.5、カルー 3.5、
ゼルケ 3




ドルトムント採点

ビュルキ 3
ピスチェク 3.5、ソクラティス 3.5、トプラク 3、トルヤン 3
香川 2.5、ヴァイグル 4、ゲッツェ 3.5
プリシチ 3、シュルレ 4、サンチョ 2



・審判 ディンゲルト 3.5

94分のルステンベルガーがヤルモレンコを掴んだ場面はPKでも良かった。それに加えて小さな判断がいまいちだった。



試合採点 3
前半は両者戦術に忠実で停滞していたが、後半からは徐々に動き出した。



試合評
ベンチ外になったオバメヤンに変わってシュルレが出場した。しかし機能しなかった。ドルトムントは前半攻撃において問題を抱えることになった。ドゥダがヴァイグルをマークしシェルブレットとマイアーがゲッツェと香川を試合から締め出した。

BVBはスピードと正確性が足りず、攻撃においてはサンチョだけが脅威となっていた。ヘルタはそれに対して賢く守り、スペースを消していた。

そして後半開所直後に得点したが、62分に2:0とするチャンスがあったもののそれを外している。

イサクが入り、中央で試合に関与しだしてから、シュルレがサイドに入り、ドルトムントの攻撃がうまくいくようになった。試合はオープンなものとなり、ドルトムントは徐々にプレッシャーを高めた。ドゥダのパスミスからサンチョがアシストし香川が同点ゴールを決めている。



まとめ:ドルトムントが徐々に良くなり、ヘルタが追加点のチャンスをものにしなかったため、引き分けは妥当な結果だ。



マン・オブ・ザ・マッチ
長い間停滞していた攻撃陣においてサンチョは例外だった。一対一でも力強くさらに同点後ゴールの前は徹底しており、視野も広かった。




キッカーマインツ採点】


・マインツ選手採点

ゼントナー 4
グバミン 3.5、ハック 4、ディアロ 1.5
ブロシンスキー 4、デジョン 2.5、ホルトマン 2.5
セルダー 3、ラッツァ 2.5、
クアイソン 2.5、武藤 1.5




マン・オブ・ザ・マッチ
開始4分には落ち着きがなくやらかしてしまったが、武藤嘉紀はその後幸運なゴールを決め、さらに素早い反応でドッペルパックを達成した。



その他日本人採点】

長谷部 2.5
大迫 3





以上です。

今週のキッカーからまとめてみました。武藤選手がベストイレブンに選ばれていますね。
今シーズンからグラートバッハに移籍したギンターは好調で今回で5回目のベストイレブンに選ばれています。この活躍なら怪我しない限りワールドカップのメンバーにも選ばれそうですね。




武藤はストライカーって感じのエゴがあっていいですね
[ 2018/01/22 20:29 ] [ 編集 ]
武藤の一点目、芯食って良いシュートだったね
3月の招集に向けてみんな仕上がってきて良い感じ
[ 2018/01/22 20:39 ] [ 編集 ]
武藤選手、すごいゴールでした。 ベストイレブンに選ばれてよかったです。

ゲッツェ に代わってイサクが入ってからドルトムントの攻撃が機能した、、、。選手交代が上手くいきましたね。結構まともな寸評と採点。
[ 2018/01/22 20:53 ] [ 編集 ]
武藤の1点目は日本人離れしたスーパーゴールでした。
第一選択がパスばかりになってしまうのが日本人なので。
あの位置でのシュート意識や豪快さは他の選手も見習うべきですよね。
中島翔哉なんかも凄いと思います。
香川にも昔やっていたようなミドルだったり、シュート意識がもっと戻ってくることを願いたいです。
[ 2018/01/22 21:32 ] [ 編集 ]
武藤の一本目は偶然って意味のラッキーなのか?
100回ゴールシーン見直してほしいわ
[ 2018/01/22 21:37 ] [ 編集 ]
あの無回転ミドルが「幸運なゴール」と言われるのかあ、さすがドイツはレベル高い
[ 2018/01/22 21:38 ] [ 編集 ]
これで6ゴール目ですか。
二桁いきそうですね。
岡崎といい、日本人FWの良さはボールを引き出す動きが素晴らしいこと。
彼らのようなオフザボールが上手く、賢い選手がドルトムントに欲しいです(笑)
スピードとアジリティがあるので、代表ではポストとキープの上手い大迫との2トップが最適だと思います。
[ 2018/01/22 21:46 ] [ 編集 ]
一番妥当な採点だと思いました。ヴォルフスブルク戦とは違う記者なのかな?
[ 2018/01/22 22:31 ] [ 編集 ]
なんでや!なんでギンターは覚醒したんや!
なんでドルトの時はやらかしの温床やったのに なんでや!
[ 2018/01/22 23:17 ] [ 編集 ]
香川と武藤は前半戦から引き続き調子を上げてきてて良かった
このまま3月の代表戦までもっと上げてって欲しいね
今のドルでオフザボールがうまいのはロイスと香川くらいだな
ハリルは2トップでも442じゃなく3412をやりたいけど3バックをやれる人材がいないと言ってたよ
まあフィジカル、守備、パス精度が揃ったボランチもいないんだけど
シュテーガーは冬キャンプで香川を右サイドや真ん中に置いて442や3412やってたから2トップやりそうだな
[ 2018/01/22 23:40 ] [ 編集 ]
同じ人だと思うが、いくつもの記事で代表代表言ってるがもっと相応しい場所があると思う。
コメントの主旨が代表のことのようだし。
[ 2018/01/23 00:10 ] [ 編集 ]
01/23 00:10さん

あと半年でW杯なのだから、代表の話が出るのは当然では?
禁じる意味が分かりません。
[ 2018/01/23 00:47 ] [ 編集 ]
ギンターすげえ。年間ベスト11狙える
[ 2018/01/23 02:27 ] [ 編集 ]
記事に代表は関係なかったな、悪い
イサクはマインツにレンタルって噂があったがどうなったのかな
まあオバメやシュルレが移籍したらCFいなくなるから流れてそうか
[ 2018/01/23 06:14 ] [ 編集 ]
武藤も香川も怪我だけど気をつけて、ミドルが得意な選手カウンターやパス味方を使うのが上手い選手それぞれいてチームがあるんじゃないかなと、武藤はFW.香川はMF役目が違います。
[ 2018/01/23 07:24 ] [ 編集 ]
自然な流れで代表の話が出るならなんとも思わないけど、そうじゃない人もいるよね。
明らかに代表の話がしたくて、記事をだしにしてる。
不自然なコメントあるよ。
それならそこをメインにしたところでコメントしたほうがいいとおもうけど。
記事の話がしたい人にとってはあまり気分いいものじゃない。
禁止なんて言ってないし、少し心外だな。
[ 2018/01/23 07:40 ] [ 編集 ]
ツートップなら香川と大迫でしょうね、バイエルン戦であれだけハマってた香川ならドイツ一年目みたいにセカンドストライカーをこなせるでしょう
それにしても相変わらず香川は期待値高いですね、CBで対人守備IHでチャンスメイクSTでゴールまでしたのに武藤みたいにミドルを、と要求されるわけですから
[ 2018/01/23 09:06 ] [ 編集 ]
シュートの意識も何もファイナルサードにいる時はガンガン狙ってるけれどな、もしかして見てる試合が違うんだろうか
というか香川は武藤や中島とは役割違うのに同じタスク求められてもな
それこそ逆に武藤や中島にボール運びやボール奪取しろって言うのと変わらんと思うぞ
[ 2018/01/23 11:15 ] [ 編集 ]
ツートップやるなら大迫は結果だしてないから問答無用で話に
入る事自体が代表に競争がない証拠でもありますね

大迫はブラジル、ベルギー戦で2列目を活かしたポストプレーも
してませんからアンタッチャブルにもなれてませんよ
[ 2018/01/23 17:49 ] [ 編集 ]
武藤はケガがちなのが本当心配です。気持ちものってきてるだろうし大迫もうかうかしてられない。2人の持ち味はちがうけど、点の取れるFWになってステップアップしてほしいです。頑張れ。あと、武藤はインタビューでドイツ語話してて流石やな〜と思いました。素直にいい事ですよね。
[ 2018/01/23 17:58 ] [ 編集 ]
ワールドクラスになるにはミドルと推進力は必要ですからね。
[ 2018/01/23 19:24 ] [ 編集 ]
ミドル、推進力ないワールドクラスもいるでしょ。
色んなタイプの選手がいるんだから。
なんで型にはめたがるのか分からないな。
[ 2018/01/23 22:30 ] [ 編集 ]
日本じゃあ、香川のヘディングでの同点弾をごっつぁんゴールって言っちゃうくらいですからね。
ミドルくらい分かりやすくないと評価出来ないんでしょうね。
[ 2018/01/23 23:17 ] [ 編集 ]
今季の香川は積極的にいいコース狙ったミドル打ってるよ
ドルの相手だと引いてゴール前を守られてるからなかなか決まらないがそこは他の選手も一緒
推進力もあるがギュンドアンみたいなフィジカルで相手の間をかき分けてドリブルじゃなく
昨季のヘルタ戦みたいなテクニカルなやつね
[ 2018/01/24 07:46 ] [ 編集 ]
武藤選手がJリーグで台頭し始めた頃に何かの記事で読んだんですが
ドルトムント連覇時代の香川選手のビデオを何度も何度も見て動きを研究してたそうですね

ブンデスであまり点を取れてない他のFW陣は、そういう研究をしないのかな?
[ 2018/01/24 08:16 ] [ 編集 ]
最近、乾がよくゴールを決めていますが、岡崎に「どうやったら点が取れるか」を相談してアドバイスを貰ったらしいです。
ゴール前に詰めるだとか、動き方を考えるだけでこれほどまでに変わるものなんですよね。
海外で活躍している日本人選手は、みんな賢い選手が多いなと感じます。
[ 2018/01/25 09:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。