ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

オバメヤン!アーセナルでの年俸は2000万ユーロになる見通し!《ドイツの反応》





スポーツビルト】



巨額の年俸!


オバメヤンのアーセナルの年俸!


entry_img_2084.jpeg



ミキタリアンとアレクシス・サンチェスのトレー後に続いて、今度はドルトムントのピエール・エメリック・オバメヤンがもうすぐ移籍となりそうだ。

このガボン人は、ここ数週間ドルトムントで挑発的な行動をとっており、アーセナル移籍を熱望している。

スポンサーリンク


アーセナルの幹部はすでにドルトムントにやって来、5000万ユーロでオファーをした。しかしドルトムントは7000万ユーロを要求しており、一度目のオファーを断っている。


この移籍の原動力となっているのは、オバメヤンの代理人でもある父だ。彼は10月上旬にフランスで、“正直に言って、プレミアリーグには魅力は感じない。”と語っていた。


しかし、イングランドのオファーは魅力的なものだったようだ。スポーツビルトの情報によるとオバメヤンの年俸は2000万ユーロ以上になるとみられている。これはBVBでの年俸の2倍だ。彼は2017年の契約延長でクラブトップの年俸を稼いでいる。


今週末までには両クラブが合意に達するとみられてる。移籍金は6500万になる見込みだ。これにおいて父親も相当な金額を獲得するとみられている。







以上です。

オバメヤンの移籍の裏にはやはり家族の影響が大いにありそうですね。このように家族ぐるみで移籍の仲介料まで稼ごうとするパターンでは、スポーツ面よりも金銭が大事になってくるというのは良くある事ですね。



[ 2018/01/24 21:20 ] オバメヤン | TB(-) | CM(14)
残念ながらスポーツ面こそプレミアに比べてブンデスは劣っている。
バイエルン1強の上、選手監督の質で比べ物にならないほど差ができている。
ドルトムントがプレミアの中位チームと比較して資金力で負けている辺り
将来的にも変わらないだろう
ドイツの倹約主義は今までは良かったがそろそろ見直す時にきたのではないか?
このままフランスに追い越される前に協会には考えてもらいたいものだ
[ 2018/01/24 21:41 ] [ 編集 ]
1000万ユーロでも12,3億円くらいだから十分な年俸なんだけどね。
2000万ユーロなら年俸だけで色々な選手を買えるね。
[ 2018/01/24 22:14 ] [ 編集 ]
2017年になってようやくクラブトップの年俸ですか
さくっと実力評価してくれるクラブが現れたら揺れてもしょうがないですね

サンチェスとかもそうですが、親族背負ってるケースにお金で動くなんて、
とか優等生的な綺麗事は言えません
[ 2018/01/24 22:18 ] [ 編集 ]
プレミアリーグにどんどんスターが取られていきますね。
ムヒタリアンのアーセナルでの年俸は、エジルより上の最高額らしいです。
サンチェスとのトレードで市場価格も落とさずに移籍できましたし、やはりライオラは凄いですね…
エジルの豪邸も物凄いですし、ロンドンという都市一つ取っても魅力なんだろうなと。
[ 2018/01/24 22:26 ] [ 編集 ]
お金は大事ですから仕方ないですがきまりそうですね。

スポーツ面よりエンターテイメント?という側面がプロスポーツは強いので、お金と一流が集まる好循環を作ったプレミアは驚異です。
しかしスポーツ面としては害悪レベルに成ってますね、プレミアが悪い訳ではないけど・・・

そういえば日本はプロスポーツでもエンタメ面を軽視するのは文化ですかね?
[ 2018/01/25 01:59 ] [ 編集 ]
そして第二のプレミアになるわけですね
育成も他リーグ頼りになりブンデスのアイデンティティは消えるわけです
[ 2018/01/25 05:30 ] [ 編集 ]
ブンデスはセリエに抜かれて4位まで落ちましたし、これからどうなっていくのでしょうね…
フンメルスも「2番手、3番手がいない」と、ブンデスの危機を語っていますよ。
それにしても、10代が3人も同時出場するなんて、4大リーグの上位でドルトムントくらいでしょう…(6位だけど;)
[ 2018/01/25 08:24 ] [ 編集 ]
プレミアの銭ガバリーグが良いとは思いません。クラブの利益だけを追求してしまってるのでプレミアの主力選手ほぼ外国選手、だからイングランドのナショナルチームは強豪になれないし人気がないのです。
ブンデスはドイツ人枠ユース枠があり代表=リーガの育成を含めて連携がしっかりしてるからドイツは王者に君臨しているんです。
ブンデスのチームがCLELで勝てなくなったのは新興チームが出てきた為です、ライプツィヒ、ホッフェンハイム、ケルン、ベルリン等ヨーロッパの大会で経験が無いチーム選手がほとんど。これも経験がつけばまた強くなります。
クロップドルトムントもCL初年度惨敗、でも翌年は決勝まで行けるようになりました。
[ 2018/01/25 09:03 ] [ 編集 ]
ドルトムントの収益はトッテナムより30億少ないくらいで、プレミア中位より少ないってわけではないと思うんだが。
一応収益12位のクラブですし…
ただCLポカール早々に敗退したことで、今季の収益は減るのでしょうけど。
[ 2018/01/25 09:43 ] [ 編集 ]
スポーツ面でも今のドルトムント、ブンデスリーガではあまり魅力はないのでは?
お金、スポーツ面、都会暮らし&ミスリンタート、今のドルトムントより良さそうに見えます。
[ 2018/01/25 09:57 ] [ 編集 ]
まあブンデスはブンデスの良さがあるのは事実ですからね。
[ 2018/01/25 12:05 ] [ 編集 ]
ブンデスは既に自国での育成は限界に達しているんじゃないでしょうか。優秀な選手はどんどんプレミアやラリーガに行き、活躍して、ドイツ代表の力になってますね。ブンデスは若い監督がでてきてますが、それを物足りないと思う選手が有名な監督を求めて他リーグにいくのでしょうね。フランス代表は他リーグで選手を育て、強くなってます。ブンデスではやはりバイエルンにいかなければ自分の価値をあげられないと思われてもしょうがないですね。
[ 2018/01/25 13:21 ] [ 編集 ]
どっかで読んだ記事に今年のポカール決勝でドイツ人の有名歌手が歌いに来て大ブーイングだったとか。ポカールはアメフトのハーフタイムショーとは違うし金満を何より嫌うなのがドイツ人気質みたいな。RBが嫌われるのもだからかと腑に落ちたので、プレミアみたいにはならないなとは思います。あれはあれでどうかとは思うけど若い優秀な元スターじゃない監督も出てくるのは懐が深いなとおもいます。
[ 2018/01/25 17:22 ] [ 編集 ]
 身内代理人に良いイメージはないですね。とはいえ、ロンドンという大都会にBVBの資金力では払えない倍の年俸。致し方なし。
[ 2018/01/25 19:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。