ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!バルセロナから若手ミッドフィルダーのゴメスを獲得!《ドイツの反応》




キッカー】



BVB、バルセロナからゴメスを獲得!



entry_img_2094.png



彼はスペインで最も大きなタレントとされている。FCバルセロナの攻撃的MFセルジョ・ゴメスだ。ボルシア・ドルトムントは日曜日に彼を獲得した。


スポンサーリンク


BVBのスポーツディレクターであるミヒャエル・ツォルクはセルジョ・ゴメスの獲得に尽力していた。キッカーの情報によるとアーセナルやチェルシーも獲得に動いていた。


そしてドルトムントが300万ユーロで彼を獲得した。ゴメスは夏まではU19でプレーし、7月1日からはプロチームでプレーする事となっている。


この若いスペイン人は攻撃的ミッドフィルダーとして様々な役割をこなすことができる。彼が最も得意とするのは左サイドだ。そこで彼は特別なテクニックと戦術眼を発揮することができる。彼は昨年のU17ワールドカップで4ゴールを決め、2番目に優秀な選手に選ばれている。また彼は中央でもプレーする事が出来る。






以上です。

また若手の獲得に成功したようですね。まあこれはこれで悪くはないんですが、大事なのはチームの骨格をしっかりと維持する事です。

問題なのはその骨格がいまはっきりしていない事ですね。ファンとしては若い選手が育って、その選手が後のチームの柱に育っていくことを夢見ているんですが、また売る事ばかり考えているんでしょうか・・。



[ 2018/01/29 05:59 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(27)
ロイス、ゲレイロ、フィリップはまだか
若手を育てるのは良いが、スタメンはもうプリシッチだけで十分。
サンチョだの、イサクだのは勘弁してもらいたい。
もうちょっと成熟したサッカーが見たいのですよ。
[ 2018/01/29 06:58 ] [ 編集 ]
現状プリよりサンチョの方が上だわ
タッチも視野もレベルが違う
[ 2018/01/29 07:15 ] [ 編集 ]
20代前半ばかりで2連覇することはできたけど
10代じゃ無理だ。スタメンで使うのは一人か二人でいい
[ 2018/01/29 07:44 ] [ 編集 ]
バイエルン相手にサンチョがプリシッチ並みに暴れられますか?
ホッフェンハイム戦のような、香川の絶妙パスを瞬時に感じられるような巧みなゴールを決められますか?
プリシッチはすでに戦術化された頭の良い選手。
サンチョは、まだまだ柔軟な判断のできない子供です。
もちろん、プリシッチ以上のとてつもない大器ではありますが、今現在は別。
選択肢の幅であったり、洗練度がまったく違います。
[ 2018/01/29 08:07 ] [ 編集 ]
同じような若手を取りすぎですね。数打ちゃ当たると思ってるんですかね。安く買って高く売るにはそれでも良いのかもしれませんが。
[ 2018/01/29 08:34 ] [ 編集 ]
え、スタメンプリシッチは勘弁してほしいです。
サンチョのほうが遥かにマシです。
[ 2018/01/29 08:58 ] [ 編集 ]
いやいやプリシッチは駄目だろ
周り見てプレイ出来ていない
サンチョとイサクの方がまだ改善の見越しあるわ
[ 2018/01/29 09:40 ] [ 編集 ]
まあでもドルトムントはそんなチームだからしょうがない。香川だってそんなチームの方針があったから獲ってくれたし、いずれフルメンスとかも所属チームで試合に出れなくなったらドルトムントに戻るんじゃないですか?実際それでそこそこ強いチームだし

優勝する強いチームを見たいならブンデスだとバイエルンかバイエルンを倒す気概があるのはライプツィヒとかレバークーゼンとかなのかも。シャルケもいいチームだとは思うけど。
[ 2018/01/29 09:47 ] [ 編集 ]
サンチョは全然若手って感じしないな
30歳の選手みたいに見える
[ 2018/01/29 10:00 ] [ 編集 ]
 ユース選手の補強なので、即戦力ではなく将来的なロイスの後継者って感じでしょうか。良いと思いますよ、これにケチをつける要素はどこにもない。
[ 2018/01/29 10:16 ] [ 編集 ]
フィリップはプレスがきついと駄目だし守備もハードワークしない
プリシッチは視野が狭いし判断が悪い
ロイスとゲレイロは怪我が多すぎて正直戦力として数えられない
[ 2018/01/29 11:39 ] [ 編集 ]
有望若手がいればチーム状況関係なく手あたり次第って感じですねぇ
[ 2018/01/29 12:01 ] [ 編集 ]
若手はお腹いっぱいです…
勘弁してよ…
[ 2018/01/29 12:23 ] [ 編集 ]
ロイスも出ていくのか・・・
[ 2018/01/29 12:30 ] [ 編集 ]
優勝諦めてるんならベテランやチームに影響力のある選手の意向を無視して積極的に若手を
使って自信をつけさせるトゥヘルが適任だったと思うのだが
[ 2018/01/29 12:37 ] [ 編集 ]
サンチョは守備の寄せが甘かったりハイボール競い会わないのがなあ。普通にまだ使うレベルではないと思いますドルトムントレベルのクラブなら。
最近は本当に攻撃らしい攻撃減りましたね。f4がいた頃の攻撃がまたみたい。ロイス帰ってきたらまだましになるのでしょうか…。
[ 2018/01/29 12:43 ] [ 編集 ]
またMFの若手ですか。何だかなぁ
オバ居ないのは寂しいな。最後にゴールとバク転見たかったな。アーセナルにオバとムヒタリアン複雑な気もしますが楽しみです。
[ 2018/01/29 12:47 ] [ 編集 ]
現状プリ、ヤルモ、シュルレよりイサク、サンチョの方が全然マシだぞ。
[ 2018/01/29 14:07 ] [ 編集 ]
若手をスタメンに一人残すならサンチョ一択でしょう。
[ 2018/01/29 15:07 ] [ 編集 ]
左サイド人員:ロイス、フィリップ、ゲレイロ、サンチョ、ゴメス(New)
これに左に流れまくるゲッツェやシュルレが加わる訳で、何がしたいのか呆れますが、ロイスの移籍が現実味を帯びてきたのかもしれません
もしかしたらドイツ人派閥の攻撃対象になってるゲレイロも愛想付かして出て行くのかもしれませんが
若手が大成したのはクロップが居たからですが、そのクロップはもう居ないんですが、本当に野心が無いクラブですね
オバの移籍が決まってしまいましたが、イサクのバックアップとしてベンチに座らすベテランを40億とかで獲得しようとしてますね
市場価値が高いのならゲッツェ並みのサラリーになるんですかね。はは
[ 2018/01/29 15:20 ] [ 編集 ]
15:20様
ゲレイロはさすがにLSBでしょうが、私は逆にロイスとフィリップの状態が思ったより悪いのかと危惧しました。
今日たまたま移籍前のシャヒンの映像を見たのですが、レアルに行ったのが納得の凄いブレーで…今のシャヒンを思うと悲しくなってしまいましたよ。ロイスも元のロイスなのかは甚だ疑問です。
[ 2018/01/29 16:31 ] [ 編集 ]
CLストレートインして若手を安く買って高値で転売はブレてないと思うと腑に落ちるので上でもありましたが基本そういうクラブなんですよね。加入する方も優勝より踏み台目当てでしょうし。打倒バイエルンはクロップ限定だったなと。にしてもCLどころかELも危うくなってきましたけど。
[ 2018/01/29 16:38 ] [ 編集 ]
サンチョはドリブルで突っ込んで馬鹿みたいにロストしない。
香川へアシストしたクロスのように、状況が悪いときには側にいる選手にボールを渡せる視野もあり、守備にもよく戻る。
プリシッチとは違って、見ていてストレスのない良い選手。
[ 2018/01/29 17:01 ] [ 編集 ]
トッテナムやアヤックスや二連覇時のドルトムントのような平均年齢が若いチームは好きなんですがここ最近のドルトムントは強欲で節操がなくてあんまりです。もっとしっかり考えてチーム作らないとブンデスのCL出場権争いはキツイんじゃないでしょうか。
[ 2018/01/29 17:37 ] [ 編集 ]
プリよりサンチョの方が良い選手。
[ 2018/01/29 20:33 ] [ 編集 ]
サンチョは視野が広く冷静で、プレー選択自体はクレバーなんですが、ワンテンポ判断が遅いんですよね。半年か一年もプレーすれば立派に戦力になると思います。プリシッチはたしかにセルフィッシュで最近視野も狭いプレーをしてますが、彼の縦への推進力は、チームに必要だと思います。若手獲ること自体は、反対しませんが、成長させてくれる指導者がいないと、資産である選手の価値が下がるだけです。そこは本気で選んでほしい。
[ 2018/01/30 10:12 ] [ 編集 ]
サンチョのカットインは既に対策されてる気がするなー。
[ 2018/01/30 20:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。