ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ブンデス公式「香川真司:ドルトムントの希望の光」《ドイツの反応》




ブンデスリーガ公式ホームページドイツ語版


entry_img_2095.jpeg


ここ最近のドルトムントはうまくいっていない。フライブルク戦での2:2の引き分けで、今年に入ってからすでに3試合未勝利だ。しかしその中でも香川真司が小さな希望の光となっている。彼はペーター・シュテーガーの下で、重要な選手になっている。この日本人は2試合連続でゴールをあげ、スコアポイントはチーム2番目だ。


スポンサーリンク




スコアランキング、ドルトムントで2位


香川はこの試合で2試合連続となるゴールを決めている。一週間前にはベルリンでもゴールをあげていた。彼はベルリンでもペナルティー・エリアに侵入すると、ジョルダン・サンチョのクロスに対して、お手本のようなヘディングを決めたのだ。175センチという身長にもかかわらず・・。


今シーズンの香川はこれまで5ゴールを記録している。さらに3アシストだ。これによって彼の得点率はすでに昨シーズンを大きく超えている。この得点力のある日本人は昨シーズン6アシストを記録したが、1ゴールしかしていなかった。そしてこの28歳はピエール・エメリック・オバメヤンに続いてドルトムントのスコアリンキングで2位となり、ここ最近の調子の良さを証明している。


彼はペーター・シュテーガーの下では重要な中盤の選手になり、それに対して非常に効果的な結果を残している。“今調子が良いですね。”と彼が語る。彼の5ゴールのうち3ゴール、そして2アシストが監督が変わってから残した数字だ。


20180128055730042.jpeg



シュテーガーの下では常にスタメン



香川はドルトムントでプレーして6シーズン目となるが、今シーズン序盤はあまり良い物ではなかった。香川はボシュの下では15試合中5試合しかスタメンでプレーしておらず、4試合はプレーすらしていない。このオランダ人の好む433スタイルに彼の居場所はあまりなく、そのクオリティーを発揮することがなかなかできなかった。


しかし、シュテーガーの下ではそれも変わった。シュテーガーがBVBの監督に就任してから、香川は毎試合スタメンで出場しているだけでなく、常にフル出場している。香川はゲレイロや、ダフード、時にはゲッツェやカストロの隣でプレーしているが、他の選手が交互にプレーするのに対して、香川だけはプレーし続けている。まだ本人はチームと同様に“もっと良くならなければならない”と思っているようであるが。


フライブルク戦での1ポイントに関しては、、“ホームでプレーしたのだから、これは少なすぎますね。”と、この23番は思っているようだ。そして“僕たちは試合をよりコント―ロールしなければなりませんでした。”と続けた。


彼は経験豊かな選手として、こうした難しい状況でもチームを引っ張っていきたいと考えている。これからも得点率を上げることによって。“自分達を信じなければなりません。団結することがとても重要です。”





以上です。

なかなか勝てませんね。特にフライブルク戦はボシュ時代のプレーとあまり変わらないように見えました。

香川選手も結構パスを要求していたんですが、トプラクからそこに縦パスが入る事はありませんでしたね。結構スペースがあるように見えたんですが。

そのタイミングでパスが入れば、相手を崩すことができそうに思えるんですが、そうならず、ディフェンダーでパスを回している間にもうしっかり陣形が整えられてしまっていました。

組み立ては最重要課題ですね。



[ 2018/01/29 19:40 ] 香川2017 | TB(-) | CM(34)
>香川選手も結構パスを要求していたんですが、トプラクからそこに縦パスが入る事はありませんでしたね。結構スペースがあるように見えたんですが。
そのタイミングでパスが入れば、相手を崩すことができそうに思えるんですが、そうならず、ディフェンダーでパスを回している間にもうしっかり陣形が整えられてしまっていました。

他所のサイトでそれを全部香川のせいにして叩いてる人がいましたよ
本当に毎日毎日そうやって香川だけが叩かれるのが不思議でなりません
チームのためにこれ程頑張ってるのに異常だと思いませんか?
[ 2018/01/29 20:09 ] [ 編集 ]
ここ最近の香川選手はドルトムントに欠かせませんね。攻撃において消える時間があっても期待感があります。布陣によっては下がり目で組み立ても行えますが、今は前でプレーさせたい選手です。
やはりとても重要なのは基本的にフリーでボールを受けられるセンターバックのビルドアップと、それに対する受け手のアクションですね。フンメルス選手はそのあたりが非凡でしたし、彼の存在の大きさは今に至るまで痛感させられています。最近ではソクラテス選手が果敢な上がりを見せていますが、ギャンブル感が否めません。
この状況では難しいかもしれませんが、アカンジ選手やバルトラ選手にもチャンスを与えてほしいです。
[ 2018/01/29 20:27 ] [ 編集 ]
シャヒンがヴァイグルに比べてパスが物足りなかったですね。CBのパスもフメルスのプレーを見てきた我々としては、あれを求めないにしろもう少し上手くパスしてもらいたい。
[ 2018/01/29 20:30 ] [ 編集 ]
香川にマンマークをつけるという戦術をとってくるチームもいる中、最終ラインまで下がってボール回しに参加したり、トップまでかけあがってファーストDFとしてプレッシャーをかけにいく。
オフザボールの動きもあって、マークがつきにくくなってうまくフリーの状態を作れているのに、香川にボールを入れることができない、香川がフリーなのにそこがみえてない選手が多いのが残念。

組立てに参加しながら、ゴール前にも積極的に顔を出している最近をみてると頼もしく思えます。
過去を全盛期全盛期ということを言われますが、トータルでみてバランスの良い選手になっていて、このまま試合にさえ出続ければ、必ず結果を残す選手でいられると思います。

[ 2018/01/29 20:31 ] [ 編集 ]
ギュンドアンやフンメルスレベルのパス出せる選手がなあ…
バルトラは良い縦パス出せるかと期待してたけどもういなくなるのでしょうし
アカンジに期待したいけどどうなるんかな
[ 2018/01/29 20:45 ] [ 編集 ]
 香川に関しては433や監督の影響ではなく、肩の怪我が完治するのに時間がかかったというだけで、元々このくらい出来る選手です。あとは寒くなって走りやすくなったのも関係しているかもしれません。

 組み立てはサイドチェンジを活用出来てないのが最大の問題かと思います。いかにCMをフリーにして前を向かせ、有効なサイドチェンジをさせるかです。グラウンダーのパスに頼ってはいけない。
[ 2018/01/29 20:52 ] [ 編集 ]
ゲッツェ来てから全部引き分け説
[ 2018/01/29 21:12 ] [ 編集 ]
ありがとうございました。良い記事ですね。
ドルトムントのビルドアップはフンメルス抜けてからずっと課題ですが、バルトラがフィットしてきたと期待していたのですが…

シュテガーには引かれた相手の戦術が少ないのがなぁ〜
[ 2018/01/29 21:30 ] [ 編集 ]
実際に香川は数少ない希望となっていますがあえてこうして欲しいという事を

相手にとって脅威となる位置取りをするのが香川ですがその位置取りがあまりにも出し手にとって難しいときが多いので香川にボールが入らないということが結構あるんですよね
香川になかなか入らないといいますがそうしたパスを出すのは実際には相当難しいものでフンメルスが褒め言葉としておかしいだけです(笑)
簡単に出しやすい位置取りをした上で前を向けるようになると手を付けられなくなりそうですね
オーバーワーク気味ですがそうなるのは香川の位置取りなども理由です
下がらざるを得ないのではなくボールを出しやすい位置にいてくれれば後ろの停滞感も少なくなると思います
[ 2018/01/29 21:56 ] [ 編集 ]
ビルドアップに問題があるのにそれに気付いて行動してるのが、香川くらいしかいない事。
あと香川がビルドアップに参加してもパスを受けに行く人も居ないし、受けに来ても判断が遅すぎる気がします。
香川がボランチの位置でボール持った時の前線の棒立ち具合と来たら見てて情けないですね。
裏に抜けるなり、三角形を作ってゴールまでのパスコースを作る事もしません。
チームワークと言うものを忘れてるのかなと思わずにはいられないですね。
そりゃあ毎試合、香川の走行距離12km超えるわって感じです
[ 2018/01/29 22:04 ] [ 編集 ]
香川真司のおかげ
香川真司がいなければ、このチームは勝ち点を取れず、とっくに下位に沈んでいる。
フライブルク戦も3失点くらいで負けていただろう。
情けない状況だが、勝ち点0と勝ち点1の差はとてつもなく大きな差を生むランキングとなっていて、
どうにか勝ち点1を確保できていることが、CL圏争いへの望みを繋いでいる。
今のドルトムントで、彼まで調子を落としたら、一気に下位に堕ちるだろう。
[ 2018/01/29 22:08 ] [ 編集 ]
やっぱりフンメルスとギュンドアンがいたらなと自分も思ってしまいました。いない人の事言っても仕方ありませんが。毎試合オレにパス出せ!と呼んでばかりいる香川を見てるのもな。でもこういう記事が上がるのは本当にありがたいです。
[ 2018/01/29 22:22 ] [ 編集 ]
香川のポジション取りは一歩先を見てるので、サッカーIQの高さが必要だしそこに出せるテクニックもないと出せない事もあるでしょうね。しかしそこは練習で香川を見るようにしてもらえればかなり違うと思うんですが。香川に必要なのは結果を残してあいつに出せばと思わせる事ですよね。そして監督が香川を信頼して使い続ければ彼は必ず期待に答えてくれると思います。
[ 2018/01/29 23:14 ] [ 編集 ]
香川の位置取りが問題なのではなく、ボランチなどボールを持ったパスの出し手に対してのフォローが少な過ぎるのが問題なんです。
それに気付き行動してる為に香川はあの位置まで下がらざるを得ないんですよ。
香川一人がいくら動いても相手DFからしたら周りは連携した動きが無いので守備も香川をマークするだけで事足ります。
要するに連携が足りてないんですよね。
[ 2018/01/29 23:18 ] [ 編集 ]
フンメルスみたいに、常に香川の動き見てるレベルでいいと思うよ。サイドでドリブルさせるよりよっぽど得点に繋がる
[ 2018/01/29 23:38 ] [ 編集 ]
キッカーの採点が出たので、批評含めて取り上げてもらえると助かります。
[ 2018/01/30 00:04 ] [ 編集 ]
>>ゲッツェ来てから全部引き分け説

ゲッツェ来てからではなく、ゲッツェが先発した試合は「全て」未勝利です(9月以降)
[ 2018/01/30 00:14 ] [ 編集 ]
スポーツ誌の採点が辛口だろうと監督はちゃんと見てくれてるって事ですね
[ 2018/01/30 00:24 ] [ 編集 ]
ロイスとゲッツェとシュールレ放出して
フンメルスとレヴァンドフスキとギュンドガン戻ってこないかなあ
[ 2018/01/30 01:54 ] [ 編集 ]
なんか、パスは出し手さえ良ければ通ると思ってたり、受け手が上手く動けばパスが入ると思っている人がいるけど、そうではないと思う。特にファイナルサードでは。
大事なのは、DFを剥がすドリブルを出し手ができるかどうか。シャヒンみたいにパスしかしない選手なら、DFは受け手の動きだけに注意すればいいので、受け手も動けなくなる。出し手がDFを剥がしてボール運べば、別の選手がその選手にプレスをかけないといけなくなるので、守備がずれてくるし、DFの目がまーくしてた受け手から離れる。受け手はその混乱に乗じてマークを剥がす動きができる。
フライブルグ戦では、そういう選手が誰もいなかった。香川も含めて。
やはりダフードに経験値を積ませることが最も優先されることだと思う。
[ 2018/01/30 02:00 ] [ 編集 ]
香川、カストロ、ヴァイグルこそベストトリオ
フライブルク戦を見て、香川とカストロのコンビがベストだと確信しましたね。
あのスピード感、球回しの速さこそですよ、ドルトムントは。
あの速さがないと、相手の陣形を動かせない、スライドさせられない、崩せない。
たった45分で交代させるなんて、あまりにも愚かだった。

私は音楽をやっているが、サッカーはまさに音楽と同じ。
テンポが、リズムが、どれだけチームにとって重要かを分かっていない人が多すぎる。
ちょっとのミスで選手を叩くなと。(カストロに対して)
そんな事よりも「ハーモニー」を大切にしないといけない。
こんな事をやっていたら、チームは蓄積も成熟もしていかない。
[ 2018/01/30 03:07 ] [ 編集 ]
香川の要求するパスコースは、縦パスに自信がある選手じゃないと厳しいんじゃないかな?
パス要求時のDFとの距離が近いのも、受ける瞬間のターンでかわすつもりでしょうが、出し手としては躊躇してしまうんじゃないかと思います。
まぁ、ここらへんはヴァイグルの今後の課題ですかね、彼は散らすのはうまいですけど、キーになる縦のパスは極端に少ないですから。
トゥヘル時代にも言われていましたけど、引いて守る相手に対してはオーバのスピードって武器が消されてしまいますし、チームの戦術的にポストプレイできるFWを補強しないフロントのせいで落とした勝ち点も多々ありますね。
[ 2018/01/30 04:07 ] [ 編集 ]
サンチョなど、自分勝手で若すぎる選手がいることが、香川にとって相当なストレスになっていますね…
パスの意図も分かっていないし、リターンも全く来ないのでイライラしますし、タッチ数が少なくなる為、見ていて気の毒です。
イメージ共有できる成熟した選手が喉から手が出るほど欲しいですね。
一刻も早くロイス、ゲレイロ、フィリップに早く復帰してもらいたいです。
[ 2018/01/30 05:28 ] [ 編集 ]
香川は連覇時より巧くなってますね
岡崎もそうなのですが過小評価されるというか理不尽に叩かれますね。関東の出張先でサッカーの話をする事が多いのですが理不尽にフィジカルがない、メンタルがないとか毛嫌いしているような感じで叩く方々います。学生時代ですが経験上香川のような選手はフィジカルより俊敏さをつける方が活きるのですが試合すら観てないのに何故だろうといつも思います。。。
[ 2018/01/30 06:29 ] [ 編集 ]
自分も先発はカストロがいいと思いましたね。あとはダフードを我慢して使ってほしいです。ロイス、ゲレイロ、シャヒン、ヴァイグル、カストロ、ヤルモレンコは香川とイメージ共有ができてると思います。ヴァイグル以外不調や怪我でつらいとこです・・・
[ 2018/01/30 10:05 ] [ 編集 ]
簡単に後ろが出しやすい位置なら前向くなんて簡単なんだよ
そこからドリブルで運ぼうにも相手はがっつりゴール前固めてりゃ連携で崩すしかない
ところがボランチや香川が下がって運ぼうにも連携はないわ前線は動き出しがないわ
まあ若手が多くてオバはどん引き苦手だからしょうがないが
[ 2018/01/30 12:09 ] [ 編集 ]
ドリブル突破やミドルシュートなど香川向きではないフィジカル要素が大きいプレイの要求など嗜好の偏重が酷いコメントをチラホラ見かけますよね
受け手のポジショニングについてもそうですが少々強引な好みの押し付けと過度な期待を持ちすぎているのだと感じました
近ごろ不調なロナウドやグリーズマンやミュラーのプレイスタイルや起用法なども鑑みた上で全選手に得手不得手があり一人の選手に多くを求めすぎるのは健全ではない事に気がついて貰いたいです
[ 2018/01/30 12:21 ] [ 編集 ]
>岡崎もそうなのですが過小評価されるというか理不尽に叩かれますね。

えっそうか?
むしろどんなにダメでもよく頑張ってたからという抽象的な理由で擁護されてきたのが岡崎なんだけど
クラブでもDFだけしてたらゴールなくても許されるという稀有なFWだし、代表に関してはあれだけパスが下手でロストが多くゴールも遠かったのに一切非難されなかった
その分香川が余計に理不尽な批判の矢面に立たされるところもあると思ってる
[ 2018/01/30 12:36 ] [ 編集 ]
>サンチョなど、自分勝手で若すぎる選手がいることが、香川にとって相当なストレスになっていますね…
>イメージ共有できる成熟した選手が喉から手が出るほど欲しいですね。
>一刻も早くロイス、ゲレイロ、フィリップに早く復帰してもらいたいです。

フィリップは非常にシュートが上手いですが他は全部サンチョに負けています。あの意味のないオフザボールの動きやアリバイ守備を出すまでもなく、サンチョは優秀です。球離れのタイミングは経験によって視野が広がり、解消されていきますし、今でもプリシッチより優秀です。さすがシティの育成と唸らざるをえない逸材だと思いますよ。
[ 2018/01/30 18:28 ] [ 編集 ]
12:21さん同様に思います。
香川にこれでもまだかってくらい要求しますよね?ファンだかなんだかわかりませんが、健全ではありませんね。
今の状況でこれ以上の仕事なんて香川が壊れてしまいそうです。
自分は香川のファンなのでひたすら応援するのみです。怪我だけには気をつけて欲しい!
香川に要求するとすればそれだけです。チームの勝利が何よりも欲しいですね。
[ 2018/01/30 21:28 ] [ 編集 ]
もう昔の話ですが、フンメルスやギュンドアンなら香川の縦の要求に対してポーーんと絶妙なのが来てましたよね…。
[ 2018/01/31 16:18 ] [ 編集 ]
そういった部分ではバルトラが良いもの持ってたんですけどね、スペイン人なだけあって。
サイドの若手を獲得するお金があるならビルドアップが上手い即戦力のCBかCMFを獲って欲しかったですよね。
[ 2018/01/31 19:59 ] [ 編集 ]
昔からよく香川の位置取りのこと言う人いるけどあれはチームの約束事だと思う。前にあの位置取りで縦パス入ってシュートまたはスルーパスは何千回?も練習した形って言っていたし、スペインキャンプでも縦パスからターンしてアウトサイドでファーにゴール決めてたよ。まぁあれ出来るのは瞬間で前向ける香川ぐらいだからドルトムントの1つの武器になっているんだろうね。シャヒンとヴァイグルが縦パス入れる勇気を持てば一気にチャンスになる。
[ 2018/02/01 21:58 ] [ 編集 ]
ケルン戦前のプレカンで監督がヴァイグルとシャヒンについて、横パスばかりではなくもっと縦に入れてほしいと述べてました。
つまりそういうことです。
あとは後ろの選手が勇気を持つだけ。
香川はパスが来なくても、リスクをとるために何度も今の動きを続けるしかない。
全ては勝つためです。
[ 2018/02/02 08:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。