ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!チェルシーからバチュアイを獲得へ!買い取りオプションなしのローン!《ドイツの反応》




Sport.de】

バチュアイ!ドルトムントへ!



entry_img_2099.jpeg



ボルシア・ドルトムントはピエール・エメリック・オバメヤンの後継をついに見つけたようだ。ベルギーの“Het Laatste Nieuws”が報じたところによると、このチェルシーのミッチー・バチュアイはドルトムントに向かっているようである。

スポンサーリンク


すでに合意に至っているが、メディカルチェックと、ユニフォームと一緒の写真を待っている段階のようだ。


バチュアイはローンで半年間移籍することになっている。ちなみに買い取りオプションはついていないとのことだ。


バチュアイはチェルシーでリーガ32試合に出場し、7ゴールをあげていた。しかし先発出場は3回のみとなっている。このベルギー代表選手のチェルシーでの契約は2021年夏までとなっている。






以上です。

どうやらバチュアイに決まりそうですね。しかも買い取りオプションがない、とのことですので、ドルトムントとしては夏には本気でストライカー探しが必要となりますね。



[ 2018/01/31 19:00 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(21)
 とりあえず確保できたので良いでしょう。次のストライカーに関しては、監督が夏に代わるかもしれないので、その人事次第でターゲットが変わるかと思われます。
[ 2018/01/31 19:14 ] [ 編集 ]
これで本当にオバメアンとはさよならなんですね。
バチュアイはEL出れるし、まぁ仕方無い。モデストがドルトムントに向かっているという噂を聞きましたが、ドイツではニュースありますか?
[ 2018/01/31 19:41 ] [ 編集 ]
これどうなんですかね?
チェルシーの試合はあまり見てないので分からないんですがプレス対応とポスト能力の有無が知りたいです。
[ 2018/01/31 20:02 ] [ 編集 ]
アーセナル入りはフロントの大失態
オバメヤンについては、CL敗退した時点で冬に出て行くのは確実だと思っていました。
移籍するのは当然だし、全然良いのです。

問題なのは、その「移籍先」なのです。
マンUやシティ、チェルシー、レアルマドリーなどではなく、アーセナルというのは、ドルトムント(とブンデスリーガ)にとってあまりにもイメージが悪過ぎます。

彼がアーセナル入りした事により、ドルトムントのブランドは一気に堕ちました。
ハッキリ言って「屈辱」だと思わなければなりませんよ。
レアルマドリーにミスリンタートやオバメヤン を送り出したというなら、これはもう拍手ものですが、アーセナルじゃ全く違うのですよ。

完全なる大大大敗北です。
私は悲しくて悲しくて、仕方がありません。
[ 2018/01/31 20:31 ] [ 編集 ]
せめて買取ぐらいはつけて…
いったいどうなってんだこのクラブは
[ 2018/01/31 20:48 ] [ 編集 ]
ローンで良いと思います。ヤヌザイの例もあるし使えなくてもがっかりしませんからね。
オバがいなくなるのは残念ですが中国に行くより良い選択でしょう。彼は優秀ですがレアルやユナイテッドで生き残るのは厳しいしオファーも無かったのだから仕方ない。
[ 2018/01/31 21:29 ] [ 編集 ]
アーセナルに移籍させたのが失敗で敗北とかいう謎理論はどうでも良いとして……。


パチュアイからしてもこのローン移籍は良いことでしょう。
なにせ試合に出られないのにW杯は間近に迫ってきてますから。
ベルギー代表として「試合勘がありませんでした」では、本人も悔いしか残らないでしょうしね。
来たからには全力でやってくれるでしょう。
[ 2018/01/31 21:59 ] [ 編集 ]
今のドルの魅力って何?誰か教えて。
[ 2018/01/31 22:04 ] [ 編集 ]
バチュアイは大成しそうにないんでオプションはいらないかと。
ラウタロ取れたらベストかと思ってましたが無理そうなのかな
[ 2018/01/31 22:08 ] [ 編集 ]
買い取りなしですか
無理に使う必要は無いですし、使えなかったらヤヌザイコースですね
[ 2018/01/31 22:16 ] [ 編集 ]
ここ数年のフロントの動きには疑問しか出ませんね。
それなのにこの頃フロントから出る発言は選手批判のような内容ばかりで残念でなりません
このような状態でもまた何処からか若いFWとればいいやとか考えてそうで心配です。
[ 2018/01/31 22:19 ] [ 編集 ]
アーセナルはドルトムントより格上のクラブだから仕方ないでしょうね
良い選手はバイエルン以外は今後も流出が止まらないのでは
[ 2018/02/01 00:47 ] [ 編集 ]
ドルの魅力、、、若手の成長を我慢強く見守りビッグクラブに飛び立って行くのを見守ることwですかね。
[ 2018/02/01 01:21 ] [ 編集 ]
フロントの動き方は香川がセレッソから加入した時から変わってませんよ。
その頃から疑問に思っていたのですか?
ここ2〜3年はセリエ得点王や移籍金3000〜4000万ユーロのブンデス最高レベルの補強もするようになりました。
当たってはいませんが。
2010年あたりから若い選手主体の補強でしたよね。
レバの時のイメージだけで今も年俸が低いと決めつけたりもそうですが変なフロント批判が多すぎます。
100億くらい使ってFW取れとかも最近よく見ますけどブンデスではバイエルンスラ1人の選手に53億以上は使ってないですよ。

[ 2018/02/01 02:23 ] [ 編集 ]
バイエルンとの違いは監督です
真面目な話おじいちゃんだけど三冠監督ハインケス、ペップやアンチェロッティ達とトゥヘルボスシュテーガー
貴方が選手ならどちらの監督がいるクラブに行きますか?って話ですよ
ドルトムントがブンデス一、二位のクラブであり続けたいならCL優勝経験のある監督を連れてくるべきです
[ 2018/02/01 06:45 ] [ 編集 ]
いいえ、フロントの動きは変わりましたよ
クロップが去りトゥヘルを獲得したものの中堅マインツを率いていた手腕を鑑みれば長期スパンにすべき所を、対立して選手やファンの意見を重視し追い出した上にボスシュテーガーと同じ結果になってるわけですから
クロップよろしく時間をかけてチーム作りをせず一気に結果を求めるなら一線級の監督を獲得すれば良かったものを中堅監督ばかり獲得していて短期短期にしていれば選手は老いサポの気は削がれチームが沈むのは自明の理ですよ
[ 2018/02/01 07:17 ] [ 編集 ]
いや、補強に関しては変わってないですよ。
それに監督を長期スパン云々はただの貴方の考え方でしょ。
[ 2018/02/01 08:22 ] [ 編集 ]
今のドルの魅力?
ドルトムントという街に存在し、地元サポーターから愛されるサッカークラブという魅力です。それは今も昔も変らない。最低でも一度はドルトムントという街に行き、スタジアムで観戦してから、BVBの魅力に疑問を持つべきです。
[ 2018/02/01 09:51 ] [ 編集 ]
せめて買取オプションは付けるべきでしたね。失敗ならば返却すれば済む話。上手く育ち覚醒し、二桁得点取れる位に成長しても、オフにはチェルシーがどうもどうもと無料で連れ去る・・まさにファーム。
オバメやデンベレ売却益の数パーセントで代わりの選手を獲得して、上手く行く程甘くは無いと思うのですがね。
それにしても、ビッククラブの道を放棄したドルトムント牧場を支持容認しているサポーターは、クラブ・クラブ首脳陣を信じての一体感があり、違った意味で感心します。クロップ時代の様に獲れるものは、全て狙うのが本懐(勿論、それによる破産は別として)だと思うのですが・・。
[ 2018/02/01 09:57 ] [ 編集 ]

申し訳ありませんが、そんなに素晴らしい魅力があるのなら、どうして毎年移籍の度に選手と揉めるのでしょうか??魅力的なら迷惑かけないように円満に別れを告げると思うのですが。。。

[ 2018/02/01 18:51 ] [ 編集 ]
バチュアイはもしかしたらドルトムントから買い取り拒否したのではないかと…
チェルシーでもいろいろ問題行動起こしていたらしいし、今回も2回目のフイジカルテストスッぼかして美容院行ってたとかとかいう噂。
オバメアン以上にお騒がせな人かも?
[ 2018/02/01 19:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。