ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》練習試合で1ゴールを決めた香川に対するバイエルンファンの反応

先日取上げた、“香川練習試合で初ゴール”に対するバイエルンファンの反応を取上げたいと思います。

478.jpeg


その前にファン同士の関係をおさらいすると、ドルトムントの最大のライバルはなんと言ってもシャルケです。ドルトムントとシャルケのあるゲルゼンキルヒェという街はとても近く、一つの職場の中に、ドルトムントファンとシャルケファンが一緒に働いているということも多く見られます。
 
ドイツは個人主義が発達した国なので、相手の好みを尊重しているため普段はお互いにうまくやっていますが、スタジアムに入ったとたん敵同士。グロースクロイツがシャルケを“ペストのように嫌い”と言ったのもドルトムント出身の彼ならではの発言です。

それに対してバイエルンとのライバル関係が取上げられるようになったのは、ごく最近のこと。それはここ数年優勝争いを繰り広げてきたことが背景にあります。ですから、ライバル同士ではあるが、そこまで険悪な関係という感じでもありません。

もちろんゲッツェやレヴァンドフスキーがバイエルンに移籍したことにより、ドルトムントからの敵対心がここ2年で増した、と言うことは十分に考えられますが、記事のコメントでちょっかいを出すのは面白いことに大体が、バイエルンファンです。
コメント欄に現れるバイエルンファンはとにかく相手が気になってしょうがない、ちょっかい出さずにいられない、というタイプが多いです。本当に嫌いなら見に来なければ良いわけですからね。

 また、ドルトムントというライバルが現れたことがバイエルンをより強くするためには必要だ、と考えていて、ドルトムントに非常に好意的なバイエルンファンも結構います。この辺がシャルケファンとの違いでしょうか。

そんな事を背景に、あまり多くはありませんが、バイエルンファンと推測されるファンのコメントを紹介したいと思います。
ちなみに、とくに贔屓のチームはないがバイエルンだけは嫌い、といういわゆるアンチバイエルンファンは一定数ドイツにいます。

以下コメントです。


スポンサーリンク


・だんだんこうしたニュースも滑稽になってくるね。僕らはこの“カダワ”がいつシャワーを浴びてくそをするかも是非知りたいね。なんてクレイジーなんだ、かれは自分のチームのU23相手にゴールを決めるとは!!(訳注、挑発するためにわざと名前を間違えた可能性大)

・ヨーロッパは震えているだろう(ドルトムントファン)

  ーその通り、過去2年間もヨーロッパは僕らの戦術とやりにくさに震えていたよ。バイエルン一番良く知っているに違いないけどね。(ドルトムントファン)

  -その通り!!CLとポカール(カップ)とリーガで勝ったしね。そしてBVBは2ばーーーーーーーーーーーーん。

・BVBファンよ、もし君らのこの喜びが思っているよりも早く失敗して少なくなったとしても、がっかりするなよ。統計によると戻ってきた選手のうち84パーセントの選手が、出て行く前よりも悪くなっているんだ。シャヒンについて見てみろよ。

 ー統計は正しい!!

・まずはシャヒンそして香川。次はおそらくローター・エメリッヒ(60年代に活躍したドルトムント出身の選手。2003年没)だな。
 -ローターは掘り出さなくちゃならないね。彼は2メートル深いところに横たわっているよ。

・バイエルンのあとにレバークーゼンが2番になって、そのずーっと後にドルトムントかな。

・これはなんと素晴らしいことなんだ。ビルトがトレーニングでの全て香川とギュンドガンの動向にについて報道するなんて。そして、バイエルンファンはなんとかスープに髪の毛を入れようとして必死になっている!!(ドルトムントファン)(訳注、スープに髪の毛を入れる、見つける、は粗探しをするというドイツの言い回し。)

・僕はこのテストをみたけど、かれはU23の選手の誰よりも劣っていたよ。

・僕もトレーニングでは何度も点決めたけど。ブンデスリーガではどうだろうね。BVBファンが後で、この移籍は失敗だったって言うのが目に見えるようだ。僕の言葉を覚えておくといいよ。

 -君が点を決めたっていうのは疑わしいな(ドルトムントファン)

・みんなコメントを書く前に頭を切り替えろよ。君達はなんのためにこういったコメント欄があるのか理解するには幼すぎるよ。悪いが、これを言わないわけにはいかなかった(どちらのファンか不明。中立なコメント)

・私はバイエルンファンだけど、彼が帰ってきて嬉しいわ。

 ーここに親切なバイエルンファンがいるぞ!!(ドルトムントファン)

・僕も彼をリーガで見ることができて嬉しいよ。僕達相手にプレイさえしなければね。




似たようなコメントが多いため、違うものだけを取り出したら、あまり多くはありませんでしたね。
特に記載のないものはバイエルンファンのコメントと思われます。

最初にファン同士の関係について触れましたが、ドイツでもファン同士の暴力沙汰は時々あります。最近では2012年に3部のビーレーフェルトのファンがブレーメンⅡのファンに対して暴力行為を行い重症を負わせたという事件がありました。

ただ、ドイツでは実際に手を出していなくても、相手に対して大声怒鳴りつけたり、暴言をはいたり、また侮辱したりするとすぐに裁判沙汰になって訴えられてしまうので、こうした事件まで発展するのはきわめて稀ですし、ブンデスリーガの観戦は比較的安全だと思われます。 




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
[ 2014/09/07 17:56 ] ドイツの反応 香川 | TB(-) | CM(4)
No title
>とくに贔屓のチームはないがバイエルンだけは嫌い、いわゆるアンチバイエルンファンは一定数ドイツにいます。

バイヤンはブンデスの巨人だからね、俺もわりとアンチ巨人です。
[ 2014/09/07 19:12 ] [ 編集 ]
素晴らしい、奴等の鼻をへし折ってやれ。
[ 2014/09/07 20:10 ] [ 編集 ]
No title
前にもこういったブログが出来て嬉しいとコメントさせてもらった者です。

その内荒らしをする人が出てくるので、あまりに酷いコメントは削除してもらいたいです。
他のブログはだいだい基本放置で、こっちはサッカーの情報が見たいだけなのに酷い米欄とか多いと嫌気が差します。
完全に管理人さんの判断に委ねるべきですので、あくまで個人的な意見ではありますが。

あと右下の「トップへ」のJavaは存在に気づきにくいので、透過しないで、一番右下に寄せて常時表示にした方が良いのでは?

不躾なコメント、失礼しました。

更新楽しみにしてるので、無理せず気楽に頑張ってくださいね。
[ 2014/09/09 19:22 ] [ 編集 ]
Re: No title

コメントありがとうございます。コメントの管理、ブログのデザイン等についても今後考えて行きたいと思います。ある程度落ち着くまではその過程においてデザイン等度々変化するかもしれませんが、今後とももよろしくお願いします。
[ 2014/09/09 20:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。