ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》独キッカーがJリーグの優勝ドラマを報道「ガンバでの歓声、埼玉での悲しみ」

本日発売のキッカーに短いですが、Jリーグの最終節でのドラマを扱った記事がありましたので、ご紹介したいと思います。ドイツでJリーグの話題が上がることはあまりありませんが、元ドイツ代表のカカウが移籍した事で、いくらか注目を集めるようになったかもしれません。やっぱり現役でプレーしている選手がいるかいないかで、普段の注目度も大きく変わってきますね。

以下が記事になります。

20141211193822f5e.jpg




ガンバでの歓声、埼玉での悲しみ

新しいチームが優勝?ブンデスリーガで1998年にオットー・レーハーゲール監督がカイザースラウテルンで成し遂げた事がJリーグでも繰り返された。

昇格チームであるガンバ大阪が、その土地のライバルであるセレッソ大阪(元ドイツ代表カカウ)が降格したのに対して、優勝を決めたのだ。

しかし31節には浦和レッド・ダイアモンズが5回目の優勝を手にするかのように見えた。その時点では浦和レッド・ダイアモンズが新顔のガンバ大阪に対して5ポイントも差を付けていたのだ。しかしガンバが浦和のワールドカップスタジアムの56758人の観客の前で2:0で勝利したのだ。トレーナーの長谷川健太は二人の得点者である、佐藤晃大と倉田秋を比較的遅い時間に投入し、それによって試合が決定したのだ。

浦和にとってはタイトル争いの終わりの始まりであった。現在ヘルタ・ベルリンでプレーする原口元気がプレーしていたこの伝統あるチームは、苦手なサガン鳥栖に対して引き分けに終わってしまった。浦和が33節で勝てなかったのは、これで3年連続である。

ガンバ大阪がヴィッセル神戸に対して3:1で勝利した事で両チームは同ポイントで最終節に臨むことになったのだ。

そしてガンバが無得点で最下位の徳島になんとか引き分けたのに対して、観客動員数平均が32964人と日本で最も人気のある浦和は名古屋に対して1:2という痛々しい敗北を喫したのだ。元ケルンの槙野智章が開始120秒で先制点を上げたのにも関わらず。埼玉での悲しみ-ガンバの喜び。

ガンバ大阪で活躍する34才の日本代表・遠藤保仁がリーガでの最優秀選手に選ばれた。そして得点王には元ヴォルフスブルクの大久保嘉人が選ばれ(18ゴール川崎9フロンターレ)以前ミュンヘンとホッフェンハイムでプレーした宇佐美貴史(ガンバ大阪)がベストイレブンに選ばれた。

最大の失敗はウルグアイのディエゴ・フォルランで、彼はセレッソ大阪と共に降格することになった。観客の平均動員数は14654人と2002年のワールドカップ以来最低となった。
スポンサーリンク



以上です。

最後の平均動員数はセレッソのものなのか、リーガ全体のものなのかは記事からは分かりませんでした。

短い記事でしたが、以前ブンデスリーガで活躍した日本人選手の名前などをあげて、Jリーグの事を取り上げていましたね。ドイツでも昇格チームが優勝したシーズンがあった事には驚きました。その時の監督オットー・レーハーゲルはその後ギリシャ代表の監督を務めユーロで優勝してますね。

このブログのトップ写真はブレーメンのスタジアムの写真なのですが、ブレーメン対バイエルン・ミュンヘンでの試合を見に行った時に撮影しました。その試合で宇佐美選手が先発出場したのを思い出しました。試合はナルドのオウンゴールとリベリーのゴールでバイエルンが逆転勝ちしました。

Jリーグで活躍した選手が沢山ブンデスリーガにやって来て活躍してくれると嬉しいです。


【おまけ 今日のドイツ】

20141211194903e17.jpg

2014121119591255e.jpg

バイエルン時代の宇佐美選手。1枚目は後ろ姿、2枚目の一番右にいます。
ブレーメン戦での先発フル出場した際に撮ったものです。この時はミュッラー、ゴメス、クロース、リベリー、ノイヤー他と一緒にプレーしていました。



ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball
No title
埼玉は本当にお通夜だったんだろうなぁ
大阪はお通夜の横で歓喜だったんだろう
[ 2014/12/11 21:26 ] [ 編集 ]
遠藤さ…
一、二年シャルケかドルトムントでできないかな。できれば今冬移籍で。両チームにとっても悪い話じゃないと思うんだが。
ガンバさん駄目っすかね…
駄目っすか…
そっすか…
[ 2014/12/11 23:16 ] [ 編集 ]
No title
2部から上がってきた新顔のガンバ
[ 2014/12/11 23:16 ] [ 編集 ]
No title
管理人さんおつかれ。

それはともあれ開始120分ってのは開始120秒の間違いじゃないのかな?
槙野のゴールは前半2分のはずだから。
[ 2014/12/12 01:47 ] [ 編集 ]
No title
なぜ浦和の紹介で原口を使ったのかw
長谷部とか細貝とか、もっと実績ある奴いるやろ

つか、こうしてみるとブンデス関係者多いな。記事に出てくる登場人物でドイツと絡んでないの遠藤だけや
[ 2014/12/12 02:18 ] [ 編集 ]
No title
管理人さん、いつも有り難うございます。
個人的にドイツサッカーに見習うべき点が一番多いと思っていますので、近年の日本選手のブンデスでの活躍を嬉しく思っていました。
一昨年は世界のリーグ歳入ランキングでプレミアに次ぐ2位になりましたし、CL決勝の舞台にドイツの2チームが立ちました。今年のW杯ではドイツが優勝しましたが、リーグも歳入だけでなく、全体的にレベルアップしている気がしますし、ドルトムントの不調も単なる自滅とも言えないように思います。香川の復帰後は芳しくありませんが、岡崎、内田、乾が好調でメディアに出る回数も増え、ついにはこうしてJリーグウォッチングまで記事になるとは感激です。
日本人にはどんどんドイツに行ってほしいです。是非近い将来、日本人GKがこの世界一のGK大国で活躍するのを見たいですね。
長文すみませんでした。
[ 2014/12/12 02:37 ] [ 編集 ]
そもそも、ガンバは得点がリーグ最多・得失点差もプラスなのに降格したというチームなんだが、さすがにそこまではキッカーで書いてくれてないか
[ 2014/12/12 11:12 ] [ 編集 ]
No title
http://sports.geocities.jp/meicytaogan/average.html

上記の集計サイトによれば、
2014年のJ1年間平均動員数は17,240人でほぼ横ばい。
C大阪は21,267人と昨年よりも増えています。
ちなみに降格が決まった節のホーム最終戦は23,330人の動員を記録しています。
記事中の数字はどこからひっぱってきたのか、よくわかりませんね。。。

セレッソは強化上の結果は大失敗と言わなければなりませんが、
特に柿谷とフォルランが同居していた頃は「セレ女(セレッソの女子サポーター)」という言葉がテレビでも取り上げられるほど、
むしろ営業面で言えば露出機会はかなり増えていたと思います。
とはいえ、やはり収支面でも来年以降厳しくなるはず。

試みは良いとは思ったんですけどね。。。
[ 2014/12/12 13:05 ] [ 編集 ]
No title
他サイトの集計サによれば、2014年のJ1年間平均動員数は17,240人でほぼ横ばい。
C大阪は21,267人と昨年よりも増えています。
ちなみに降格が決まった節のホーム最終戦は23,330人の動員を記録しています。
記事中の数字はどこからひっぱってきたのか、よくわかりませんね。。。

セレッソは強化上の結果は大失敗と言わなければなりませんが、
特に柿谷とフォルランが同居していた頃は「セレ女(セレッソの女子サポーター)」という言葉がテレビでも取り上げられるほど、
むしろ営業面で言えば露出機会はかなり増えていたと思います。
とはいえ、やはり収支面でも来年以降厳しくなるはず。

試みは良いとは思ったんですけどね。。。
[ 2014/12/12 13:06 ] [ 編集 ]
No title
全ては日程くんとマモノが牛耳ってるからな
[ 2014/12/12 18:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。