ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント、アカンジとバチュアイ獲得も、ELには一人しか登録できず!!《ドイツの反応》




西ドイツアルゲマイネ】



BVBジレンマ

バチュアイかアカンジか?
ヨーロッパリーグでは一人しかプレーできない!



entry_img_2102.jpeg


ドルトムントからは冬の移籍市場でズボティチ、バルトラ、そしてオバメヤンが移籍したが、それにともないアカンジとバチュアイを獲得した。

スポンサーリンク


しかしヨーロッパリーグのアタランタ・ベルガモ戦を前に、クラブ幹部は頭を抱えている。UEFAの規則によると、BVBは冬に加入した選手のうち、一人しか登録できないのだ。



ズボティチとバルトラが抜けたセンターバックは、現在トプラクとソクラティスに加えて18歳のザガドゥーという3人の選択肢がある。最初の2人のどちらかが負傷した場合、センターバックが手薄になる可能性は高い。



しかしこれがアカンジにとって有利になるわけでもない。なぜなら攻撃も手薄だからだ。センターフォワードはアレクサンダー・イサクしかおらず、緊急の場合はアンドレ・シュルレを起用する事もできるだろうが、それは理想的とは言えない。


ペーター・シュテーガー監督は2月1日23時59分まで時間がある。攻撃、守備、どちらでかけに出るのだろうか?





以上です。

せっかく二人獲得したのにELには一人しか出場できないというのは厳しい話です。

ELを本気で獲得する気があるのであれば、やはりバチュアイを登録するしかないと思います。イサク一人に決勝まで任せるのは少し厳しいですし・・・。

後はトプラクとソクラティスの怪我がない事を祈りましょう・・・。でも怪我したら終わりですね・・・。







[ 2018/02/01 18:20 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(18)
今回はバチュアイを選択するでしょうね
トプラクが大分良くなってきているのが数少ない良い要素の一つですし
しかしそうなると前線の経験不足が気になりますよね
サンチョ バチュアイ プリシッチですか
ヤルモレンコの怪我が少しでも早く良くならなければ厳しいですね
[ 2018/02/01 18:36 ] [ 編集 ]
もうELしかタイトル狙えないので本気でいってほしいです
登録はバチュアイで
[ 2018/02/01 18:37 ] [ 編集 ]
そんな規則が有ったのは知りませんでした。
私もパチュアイ入れて欲しいですね。それにしてもシュールレは残っても皆に信頼されてなくて…失笑
[ 2018/02/01 18:49 ] [ 編集 ]
次の試合から出られるのでしょうか?
香川を前で使う絶好の機会なんですが、今度は中盤が心許なくなりますね
ゲッツェを前で使ってみるのも一つの手かと思いますが…
それにしても中途半端な人員しかいないのが露呈してしまいましたね
新シーズンを前に露呈して良かったとも言えるのですが…
個人的にはバチュアイを登録して欲しいですが、守備の構築には時間が掛かるのでアカンジでしょうかね
[ 2018/02/01 19:24 ] [ 編集 ]
登録はアカンジで
トプラクなんて信用出来ないし、得点はFWだけが取る必要も無い
それにバチュアイはワントップの選手じゃないとか
[ 2018/02/01 19:42 ] [ 編集 ]
わざわざドルトムントまでやってきたのにELに出られなかったらバチュアイ本人のモチベーションにも関わるでしょうからバチュアイを選ぶでしょう
[ 2018/02/01 20:18 ] [ 編集 ]
最近管理人のコメントが悲壮感にあふれていないかw
厳しい状況だけどバチュアイが活躍することを祈ろう
[ 2018/02/01 20:32 ] [ 編集 ]
個人的にはアカンジですね。
もちろんバチュアイはそれなりに経験も実力もあるFWですが、
今のドルトムントは何よりも守備面でのテコ入れが必要で、
その意味でアカンジはかなり良い補強のはずです。
ザガドゥは恵まれた体格と素質がありますが、まだまだ
トップリーグで安定感を発揮できる能力はありません。
守備からのビルドアップが落ち着けば、もともと攻撃的な選手は
何人も揃っていますのでオバの穴は大きいですが、なんとかなると思います。
パパあたりは、カード喰らう可能性も大きいですしね。


[ 2018/02/01 20:45 ] [ 編集 ]
これを機に昔のドイツ代表みたいにゲッツェゼロトップも試す価値はあるのではないでしょうか。得点力が錆び付いていなければの話ですが。
[ 2018/02/01 21:35 ] [ 編集 ]
バチュアイは買い取りオプションないしアカンジ登録するんじゃないかなぁ
[ 2018/02/01 22:15 ] [ 編集 ]
完全移籍で来てくれたアカンジ一択。
一刻も早くスタメンで見たい選手。
[ 2018/02/01 22:22 ] [ 編集 ]
普通なら前のバチュアイでしょうが現状だと確かに悩ましいですね。
ザガドゥはまだまだ経験が必要ですし、せっかく取ったアカンジがリーグのみだと使いにくい。
勝利重視ならバチュアイで成長重視ならアカンジかな・・・。
でもアカンジ選んでも悲観するほどじゃないでしょ。
若手が活躍する可能性も有るし、シュールレだって一点取れば変わるかも?
後、ロイスもそろそろですしね。
[ 2018/02/01 22:27 ] [ 編集 ]
きついのう・・・頑張れドルトムント(´・ω・`)
[ 2018/02/02 02:08 ] [ 編集 ]
ELを考えると、オバの移籍は本当に痛い。もちろん、ELでのバチュアイをみたいですが、どちらかと言えば、アカンジー登録に一票。
[ 2018/02/02 08:28 ] [ 編集 ]
何度も何度もゲッツェFW起用を推してる人がいますが、今季1Gだという事を考慮しないようですね。
得点力が戻るかも分からないリハビリ博打に何試合も賭けたいのでしょうか。
それならば大差ない出場時間で5G3Aして得点力が戻りつつある香川をFWにした方がチーム自体の得点力も上がると思うのですが、もしかして香川が前線起用されると不都合でもあるのでしょうか?
[ 2018/02/02 08:44 ] [ 編集 ]
シンジを前にするとセントラルが不安だからゲッツェを前に〜ゲッツェゼロトップで〜
こういった考えはカストロヴァイグルダフードシャヒンを侮っているのかIHシンジが見たいだけなのか気になりますね
かなり出場時間を貰ってるのにスコアに繋がらないゲッツェ中心にするよりヴァイグルカストロを連戦つかってセントラルを安定
チーム1と2位のスコアラーであるオバメシンジに点を取らせれば良いだけです
[ 2018/02/02 09:26 ] [ 編集 ]
個人的にはゲッツェを香川同様に高く評価しています。
彼は必ずヘッドアップして状況を確認しつつプレーしている点です。
プリシッチやサンチョなども良い選手ですが、
この点ではゲッツェが遥かに格上の選手と考えています。
動きのキレという点ではまだまだな状態とは思いますが、
足元の技術、正確なパスは健在で香川と同様すばやい状況判断から
良いスルーパスを通すことも、スペースでパスを受ける事も出来ています。
しかもチャンスには、とても決定力のある選手と考えています。

香川選手はやはり2列目です。
前線へのスルーパスや、あるいは香川自身の飛び出しや合わせ、
狭いところを抜き去る技術がどういう訳か抜群だからです。
マンU時代にサイドで起用された時は相手SBに動きを合わせられてしまい
上手くタイミングを外せずにいるシーンを多く見ました。
香川は2列目、そして前線に良いFWが揃えば揃うほど、
結果として得点出来る機会も増えると考えています。

ドルトムントは勝てなくなって以来、
いろいろと以前と比べてもおかしな点は目に付くのですが、
その一つにほとんど良い形での高速カウンターが全く無いことに気づきます。
その原因の一つはやはり両翼です。
守備で下がり過ぎ、好機で上がりが遅いのです。
スペースに走る事は体力も勇気も要りますが、そこに一つパスが通れば
中央に2,3人は走り込んでいるのがドルトムントのスタイルでした。
その要のオバが不在となってしまいましたが、
これからのドルトムントを見守りたいと思います。


[ 2018/02/02 22:38 ] [ 編集 ]
登録はバチュアイになったみたいですね
ワントップの選手じゃないといった話を聞いていましたが、今日の試合を見る限り全然やれそうですね
むしろ何で買取条項付けてないんだよ!といった大活躍でした
[ 2018/02/03 07:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。