ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

オバメヤン移籍でドルトムントの状況は絶望的になった!《ドイツの反応》






西ドイツアルゲマイネ】

元BVBスター!オバメヤン移籍でクラブの状況は絶望的に!




entry_img_2103.jpeg



移籍の茶番劇やようやく終わった。オバメヤンは希望が叶いこれからイングランドのプレミアリーグ、アーセナルでプレーする。


ボルシア・ドルトムントはこれによって大金を獲得し、さらに夏までローンでバチュアイを獲得した。しかしこれはドルトムントにとっては完全に満足の行く状況ではない。


スポンサーリンク




デンベレーの移籍が間違ったメッセージを発することになった!


ユルゲン・コーラーは、その責任はドルトムント自身にあると語る。“そのキーポイントとなったのは、私の考えではデンベレーの移籍だ。”と1990年のワールドカップ優勝者でありBVBのレジェンドである彼は語る。“クラブがそのような事を許してしまえば、他の選手が続くことになる。”


しかしコーラーはBVBのようなクラブにはなす術がないとも語る。“残念ながらブンデスリーガでは、もはや契約が守られなくなっている。選手は監督までもが契約を全うしない事を目の当たりにしている。サッカーの世界では誰も契約を守っていない。これは壊滅的なことだ!”



コーラー:オバメヤンを痛烈に批判!


ドルトムントだけではどうしようもない状況だ。“私はクラブにはもっと責任感と連帯感をもってほしいと思っている。もし選手がストライキを強行したら、どのクラブもその選手を獲得するべきではないと思う。しかし市場はまったく別な原理で動いているので、そのような規則を作る事は出来ないね。上場企業であるBVBは株主に対して責任があるし、6375万ユーロというのは巨大な金額だ。”とコーラーは語る。


しかしこうした事が、水曜日に移籍したオバメヤンの言い訳にはならない。“オバメヤンの去り方は100%間違っている。もし選手がより良いオファーを受けたのであれば、それを受けるようにトライする事は正当な権利だよ。だけどオバメヤンの移籍強行の姿勢はリスペクトにかけている。この行いが選手のキャラクターを表しているね。”


またバチュアイに関しては、奇跡を期待するべきではないとも述べている。“BVBで違いを作ってきた唯一の選手はオバメヤンだ。バチュアイが彼の代わりになるかは分からないね。いずれにせよ一年以上時間を要したオバメヤンのようにこのベルギー人も時間を要するだろう。”





以上です。

管理人もコーラーの意見には大部分賛成です。やはりデンベレーの移籍時にクラブとして前例を作ってしまったのは良くなかったですね。しかしだからと言って選手が好き勝手して良いという理由にはなりません。ここはきちんと分けて考えるべきでしょう。

やはり選手が契約を守る気が無くなっているの問題ですね。契約を全うする気がないのであれば、最初から長期契約を結ばなければ良いだけの話ですし、長期契約を結んだからには、そう簡単に移籍できない事は本来であれば本人も納得の上の話なのです。

今後こうした泥沼化を回避するためにも、ドルトムントは契約解除条項を復活させたほうが良いような気がします。




【おまけ今日のドイツ】

201802020103553d4.jpeg


ウィーンのメーカーのワッフル
チョコキャラメル味

[ 2018/02/02 06:00 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(23)
ごもっともです。
5年契約で加入した若造が、たった一年でストライキし退団。
こんなのは許される事ではありません。
ゴネる選手は勿論、それを認めるドルトムントも最低です。

しかしミスリンタートは凄いですよ。
アーセナルの夏のトップターゲットに、ヴァイグルを上げました。
そしてヴァイグルは最近、ボシュのサッカースタイルに対処できず、冬に移籍を考えていた事を明かしました。(シュテーガー就任により解決)
いやはや、ヤバい人物を野に放ってしまいましたね…

来シーズン、ヴァイグルと、さらにバイエルンが再びプリシッチに狙いを定めてきていますが、どうなるのか。
CL圏を逃したら悪夢ですよ。
[ 2018/02/02 06:18 ] [ 編集 ]
契約解除条項があれば揉め事は起きにくいかもですが、オーバメヤンのケースだと後釜用意できず終わってたんじゃないかな?それではふりだしに戻るだけかと・・・

現状なら選手と代理人の倫理次第なので、人気激減リスクで抑えるべきですが・・・この程度ならノーリスクっぽいのですよね。

クラブ優位で選手が不利益を被ってるイメージでの擁護が一般的なので、そのイメージ払拭を考えるべきでしょうかね。
クラブ側に優位性は確実にあるし、雇用者に労働者が不満をもつのは一般的なので難しいですが・・・
[ 2018/02/02 07:37 ] [ 編集 ]
フットボールの世界の契約は扱いが難しい。W杯が近くなると更にひどい。

ドルトムントはお買い得な選手を買ってきて活躍したら出ていくクラブです。
まさに踏み台だけどこうした流れは元々なかったよね。リーグ優勝といった偉大な貢献をした選手がビッククラブに送り出されるという方が正しかった。
シャヒン、香川、レヴァ、ゲッツェ、フンメルス、ギュンドアン...


悪い流れを作り出したのはミキタリアンとライオラ。彼らはリーグ優勝もせず1年活躍したら強引に出ていった。
デンベレーも同じだが、彼はOKなのに自分はなぜダメなのか?と考えるのは当然です。大金もクラブに残すし。ストは良くないが気持ちはわかる。

そして今度はオバメヤンが。ポカール優勝はしてますがリーグ優勝ほどではないよね。
[ 2018/02/02 08:19 ] [ 編集 ]
これはドルトムントだけの問題ではないですね。大金を積まれて本人もやる気がないなら放出するしかないですよ。置いといてもチームに何の利益もありませんから。選手もだが代理人や親族も絡んでるのでより複雑になってますしね。
[ 2018/02/02 08:36 ] [ 編集 ]
なんか誰も彼も選手について話すぎじゃないですかね?コーラーは勿論、マテウスの出戻り組は解決策じゃない発言や今冬の補強も含めてちょっとズレてるんですよね。ドルトムントが抱えている一番の問題はあくまで監督じゃないですか?クロップ以降は魅力的な若手でも国際経験が豊富なベテランでもない中堅レベルの監督ばかり招集して、それでは主力は他クラブに逃げこれからも即戦力な選手の獲得も出来ませんよ。
それはさて置き久しぶりのおまけ今日のドイツ!そのワッフル柔らかいですか?硬いですか?柔らかい方なら食べてみたいですね。
[ 2018/02/02 08:37 ] [ 編集 ]
オバの移籍はドルの戦力ダウンだけでなく、今後の選手移籍に影響を与えそうですね。まずミスリンタートによる移籍ルートと前例を作ってしまったこと、 もう一つは、選手側からの脅迫まがいの行動にて、デンベレに続いて移籍が再現された事。多少のゴタゴタもお金によって解決して、最終的に容認して、大金入ってニヤついているヴァツケに、選手も移籍先のクラブも見下しているのかなぁとも思います。契約条項解除がなくなったのも、今、戻ってきてリハビリしている誰かさんのせいですよね!
[ 2018/02/02 08:58 ] [ 編集 ]
バイアウトないからデンベレもオバメも問題おこして出ようとしたんだよ
バイアウトつけたほうが選手も問題おこさないだろうな

[ 2018/02/02 09:11 ] [ 編集 ]
それよりOBやファンも過去とは状況が違うことを理解すべきだと思う
ブンデスが移籍金や年俸に制限を掛ける以上、待遇その他で圧倒的に差ができる
そもそも育成クラブとしてやってくとフロントが選んだわけで
オバほどの違約金を払ってもらえるなら喜んで出していく方がチームの方向性に
合致するはず
フロントには自分達の選択に責任を持ってもらいたいな
契約解除条項復活は必須だと思うね。無駄なトラブルがそれで無くなるだろう
[ 2018/02/02 09:18 ] [ 編集 ]
契約解除条項に解除違約金が明記されていたらバルサはもっと安くデンベレを獲得できただろうな
[ 2018/02/02 09:37 ] [ 編集 ]
残った選手達のモチベーションが心配ですね。
オバもお金やステップアップだけの移籍だとは思え無い。各クラブには、それなりに当然目標があると思います。
1部残留・EL圏内・CL圏内・・でも最終的に各種カップを掲げるのは、やはりサッカー選手の夢だと思います。
だからこそ年間数億稼いでいても削られ、流血し、ブーイングを浴びてマスメディアに叩かれても続けられるのでしょう。現在のブンデスリーグの順位表みれば、完全な一強リーグ。オバ無きドルトムントもEL圏内が現実的な目標でしょう。
選手達が夢を叶えるためには、バイエルンか海外に移籍するしか方法が無い状態です。これは、スキルや野心が高いほど思いは強いでしょう。
プリシッチやヴァイグル、ゲレイロやロイスの流失が心配です。
[ 2018/02/02 09:42 ] [ 編集 ]
当然今回の非はオバメヤンにあると思いますが今のチームに中堅の選手が残りたいと思う魅力がないと感じさせてしまっていることこそ問題の根底なのでは
財政破綻した経験から若手の育成でクラブを運営すると考えるフロントは理解できますがタイトルを獲ろうという意志のない補強を続け中心選手を流出すれば選手の忠誠心を保つのは難しくなるでしょう
[ 2018/02/02 10:42 ] [ 編集 ]
いやー正論ですね。日本ではフロント叩きが80%以上という感じで、選手を批判する人は少ないですね。

[ 2018/02/02 11:26 ] [ 編集 ]
 ゴネ移籍はBVBに限らず発生していますし、クラブが対処するのは難しいかと思います。ビッククラブならば年俸1000万€の選手を一人を干すことは造作もないことですけど、BVBの資金力と戦力にはその余裕がないですから、ある程度は致し方ないのではないでしょうか。

 CL圏に関しては、オバメヤンがいようがいまいが関係ないです。彼がいたのに連敗して今の順位なのですから。
[ 2018/02/02 13:03 ] [ 編集 ]
契約は全うすべきだと思うけど延長しなかったら試合に出してもらえなかったりと、延長せざるを得ないのも問題ですよね。満了してフリーで行かれるのも困るから延長させて少しでも金額を残そうとクラブも必死だし、選手も半年から1年も試合に出れないのは困るし。ストライキという形や契約が少ないから出さないという形を禁止にしないと変わらないだろうし、戦術的理由といえばどうにでもなるので難しいですね。
[ 2018/02/02 13:25 ] [ 編集 ]
デンベレの時と比べて批判が少ないのはオバメヤンの人柄と貢献度とこれまでのクラブの状況でしょうね。ここ二年くらいはグダグダでフロントに批判が集まるのかと。デンベレだったりトゥヘル解任とかミスリンタートに逃げられとか、ボシュとか補強とか、そしてオバメヤンとかね。
[ 2018/02/02 17:29 ] [ 編集 ]
ドルトムントで活躍してレアルに行く夢が叶わなかった
年齢的にも最後のチャンスと給料良いとこ行って残りの数年がっぽり稼ごう
とオバメヤンと家族が考えたのでは?
[ 2018/02/02 17:49 ] [ 編集 ]
レアル、バルサ、マンU、ペップ以外のクラブは程度の差こそあれ、同じようなことが起きているのではないでしょうか。
プラス、プレミア>ブンデス。ステップアップ目当ての若いタレントを獲得して売るという立ち位置ならば、チームが強くないと意味ないですよね。新入りの若い選手が活躍できるのは、ベテランの支えがあってこそなのに、その辺の戦力のバランスと、コントロールがおかしくなってますよね。出て行った選手の穴を10代の経験の浅い選手で補うとか、勘弁してほしい。香川が去った時、入れ替わって入団したのはロイスでしたよ。
[ 2018/02/02 17:55 ] [ 編集 ]
オバメアンの脅迫紛いの行動が移籍にプラスになった様には感じませんでしたが…
寧ろ脅迫行動をするなら出さないとハッキリ言って、その後はオバメアンも真面目に練習に励んでフライブルク戦出場の流れだったと思います。
フロントも、オバメアンとよく話し合い移籍が失敗する事も受け入れ、そうなったらそれはそれでオバメアンも納得していると言ってましたね。
もともと、7000万ユーロの移籍金なら出すと認めていましたし、ボーナスやパチュアイのレンタル料も含めるとほぼそれ位でしょう。
[ 2018/02/02 18:03 ] [ 編集 ]
マナー(マンナー?)のお菓子、美味しいですよね。新婚旅行でウィーン行ったときにお土産買いましたが。輸入雑貨店に行くたびに探していますが、日本では手に入りませんね。。残念
[ 2018/02/03 00:13 ] [ 編集 ]
フロント批判やドイツ人優遇説は気にくわない方々がいるみたいですね
そうは言っても優勝<育成、代表の姿勢をクラブを続けていく限り活躍してオファーが来た選手は例外なく出て行ってしまうでしょうね
それでも文句がないならばフロント批判をするな!というのも納得です
[ 2018/02/03 05:56 ] [ 編集 ]
フロントの批判するな、なんて誰も言っておりませんが?
"何でもかんでも"フロント批判に絡める最近の感情的なコメントに注意をしてるだけだと思いますよ。
オーバメヤンはなぜか憎めない、などの理由でフロント批判に回られたら見てる方はうんざりですよ。
[ 2018/02/03 09:07 ] [ 編集 ]
サポーターはフロントにうんざりしております。
[ 2018/02/03 22:43 ] [ 編集 ]
契約を全うしないことに目くじらたてるのはおかしいでしょ。違約金=移籍金をクラブに残していくのに。
すでに移籍が決まっていながら、恩返しで契約延長して出ていく選手と何が違うの?
[ 2018/02/04 00:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。