ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント、シャヒン!ドルトムントの監督になりたい!!《ドイツの反応》





西ドイツアルゲマイネ】



シャヒン、BVBの監督になりたい!




entry_img_2106.jpeg


ヌリ・シャヒンはDWのインタビューにおいて10年後の自分について語っている。

“このスタジアムのフィールドにこのクラブの監督として立つこと。”とシャヒンは語った。

この29歳は将来BVBの監督になりたいようだ。

スポンサーリンク




この発言にはシャヒンへのクラブへの愛が大きく関係している。彼は2011年にはレアル・マドリッドへと移籍した。素晴らしい経験だ。しかし:


“ハリウッドにいるみたいかって?もちろんハリウッドにいればハリウッドにいるわけだ。でも僕の心は常にボルシアの一部でありたかったんだ。それに気がついたよ。”


“僕にとっては、幸せな人生にするためにもそうする必要があるんだ。”とシャヒンは語る。


しかしそれを誤解するべきではない。


“僕には素晴らしい家族がいるよ。でもサッカーをプレーする時はドルトムントのユニフォームを着ていたいんだ。”


彼はレアル・マドリッドの後リヴァ―プールでプレーしたが、2013年から再びドルトムントのスタジアムでプレーしている。そしてそのスタジアムの芝に足を踏み入れる時は、毎回素晴らしい気持ちだという事だ。



それでもシャヒンには気分転換も必要なようだ。


“サッカーは完璧だよ。だけどそれ以外にもやる事が必要だね。最近は車やファッション、食事、に興味があるし、人生を楽しもうとしている。これらの事はメンタル面でも非常に重要だね。”



と、このトルコ人は語った。



シャヒンは今シーズンリーガ14試合でプレーし、2ゴール2アシストを記録している。2011年には年間最優秀選手にも選ばれた板。その後レアル・マドリッドに移籍したが膝の負傷のため、力を発揮することが一度もできなかった。







以上です。

個人的にはキャプテンに一番相応しい選手だと思っています。ただ昨日のプレーを見るとやはりヴァイグルがプレーしたほうが良いですね。

ダブルボランチで良い選手と組めばまだシャヒンの良さも生きると思いますが、そのようなシステムはなかなか採用されませんね。

シャヒンは、ドルトムントで引退するつもりかもしれないですね。

少ないですが、こういう選手が何人かクラブにいることは大事だと思います。





いつも熱心にコメントを下さる皆さま。様々なご意見をいつも有難うございます。
長いコメントは、時間に余裕のある時に読んでおりますので、承認に時間がかかります。ご了承下さい。


それでは、引き続き当ブログをよろしくお願い致します。
[ 2018/02/03 20:00 ] シャヒン | TB(-) | CM(12)
 頼もしいインタビュー。彼はCM2枚の布陣の方が大きな能力を発揮してますね。
 個人的には4123や4141よりも4231や4411のほうがビルドアップが安定する上にSBを活かしやすくて好きなので、4231を観たいです。
[ 2018/02/03 20:51 ] [ 編集 ]
シャヒンがドルトムントの監督というのも夢がありますね。
ってケールも監督目指してたんじゃ?
ケールはライセンス取ってもうコーチ始めたんでしたっけ?

シャヒンでダブルボランチは現在相方不在ですから採用できないでしょうね。
ローデが戻って本調子なら少しだけ可能性あり?
現状ヴァイグルの控えでも腐らず準備の辛い仕事に耐えてもらうしか・・・
[ 2018/02/03 20:58 ] [ 編集 ]
シャヒンはダブルボランチで相方が守備専タイプだともっと実力を発揮出来そうですけどね。
[ 2018/02/03 22:12 ] [ 編集 ]
監督として見たいですね。
最もキャプテンシーがあるのは間違いないですし、サポーターにも愛されていますし。
ピッチ上では、怪我をして以降どうしてもリーダシップを発揮するのが難しくなってしまっていますよね。
[ 2018/02/03 22:42 ] [ 編集 ]
ドイツ国歌斉唱を拒絶しているシャヒンがブンデスに固執することに違和感。
[ 2018/02/04 00:39 ] [ 編集 ]
長いコメントは読んでいないな。
うわー、長っ!と思って飛ばしてしまう。
[ 2018/02/04 02:15 ] [ 編集 ]
>20:58

ケールさんA級ライセンス先週取りましたよ。
ついでにオウォモイエラさんもA級取ったそうです。
[ 2018/02/04 02:30 ] [ 編集 ]
であればクロップのアシスタントから始められると良いですね、香川もファーガソンやギグスとも接点あるので監督いずれは目指して欲しい。
日本もですがトルコも強豪国になるためには欧州で中堅以上のクラブを指揮する優秀な自国籍の監督が必要だと思うので応援したいです。
[ 2018/02/04 05:01 ] [ 編集 ]
バチュアイもホッとしたでしょうね。
ボールの引き出し方や周りの使い方などは、まだまだ課題が多いですが、クロスを合わせるのは上手いですね。
ヤルモレンコも最初は大大大絶賛されていたので、もう少し様子を見たいと思います。
[ 2018/02/04 06:05 ] [ 編集 ]
ドイツ国歌斉唱を拒否?
トルコ代表のシャヒンがドイツ国歌を斉唱する機会ってあるんですか?
[ 2018/02/04 07:01 ] [ 編集 ]
ケールの情報ありがとうございます。
将来、現役を見知ってるOBの監督対決が見れると嬉しいな。

国歌話は眉唾っぽいですが仮に本当でも何故不思議なのか・・・
帰化してないと監督なれない訳でもなし。
日本のネットリテラシー?は何とかしないとダメなレベルっぽい。
[ 2018/02/04 08:33 ] [ 編集 ]
ごめんなさい。国歌斉唱の件、エジルと混同してました!
[ 2018/02/05 01:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。