ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント会長!「次にストライキした選手はスタンド行だ!!」《ドイツの反応》


【ルーア・ナッハリヒテン】



ヴァツケ、ストライキした選手を脅す!!


entry_img_2110.jpeg

ベルリン:ハンス・ヨアヒム・ヴァツケは移籍を強行しようとする選手に対して、断固した処置をとる、として選手たちを脅した。さらに彼は夏の移籍市場で、スカッドを調整すると語っている。

スポンサーリンク


“木曜日にチームに対してはっきりと言ったよ。今度このような事をやった選手は、見るも無残に敗北することになる。我々に対して大きな問題を抱えることなる。”とヴァツケはフランクフルター・アルゲマイネ新聞において語っている。そしてさらに“やる気のないプレーをしたり、ストライキを起こすなどして、クラブに圧力をかけた選手はスタンド行となる。”と続けている。


この58歳の発言の裏にはデンベレーのバルセロナ移籍とオバメヤンのアーセナル行きがある。彼はチームの前ではっきりと語った。


“これは公式な発言であり、今は皆が知っている。”


ヴァツケにとっては、デンベレーの場合は様々な面において壊滅的であったようだ。


さらに彼は過去と比べてチームに“スピリット”が足りていないと感じているようだ。


“2011年と2012年にタイトルを獲得したチームは、サッカー面においては今ほど良くなかった。だけど想像しうる限り最高のメンタルを備えていた。これが我々が取り組まなければいけない次の課題だ。後半戦の出来にもよるが、夏にはスカッドの調整を行うつもりだ。”






以上です。

ドイツ語ではチームやクラブを表す言葉としては“Verrein(フェアアイン:クラブ)”、“Mannschaft(マンシャフト:チーム)”、“Kader(カーダ―:ベンチ入りメンバー、スカッド)”が使い分けられています。

それから最後の調整という部分に使われている言葉は“Jusutierung(ユスティールング)”という言葉で、主に一眼レフカメラのオートフォーカスの調整など非常に細かい調整などで使われる言葉ですね。後半戦の活躍次第で来シーズン誰を使うか見極めるという事でしょう。


さて、ヴァツケ社長、何かをしなければならないと思って、選手の前で発言したようですが、今残っている選手に言っても・・・。二人放出した後で今さら何を言っているんでしょうか、という感じですね。まあ今後こう言う事が起こらないためには仕方ないのかもしれませんが・・。









[ 2018/02/05 18:45 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(21)
どこのクラブでもボイコットからの移籍はありますし難しいなと思いますが、ほんと今さらですね。終わったことですがFWきちんと補強していればオーバも干せたかもしれないと思ってしまいます。
[ 2018/02/05 18:59 ] [ 編集 ]
デンベレの時に言ってほしかったよ
そうしたらオーバの件は起きなかったかもしれないのに
[ 2018/02/05 19:24 ] [ 編集 ]
ドルトムント首脳自らが金目じゃあなくてスピリッツを見せないと、選手、特に若い選手にスピリッツは育ちませんよ。もう見透かされていると思います。バイエルン叩いてトップを狙うぞ!!なんて、当たり前の事が言えないようでは無理。
[ 2018/02/05 19:47 ] [ 編集 ]
管理人さんのおっしゃる通り、今更ね、って感じです。

契約解除条項を付ければ、交渉時に圧倒的にメガクラブが有利になるでしょうし、かと言って移籍したがっている選手を何シーズンも引き止めるのも酷だし、今後はどうするのでしょうか?
[ 2018/02/05 20:23 ] [ 編集 ]
チームが良いパフォーマンスを見せていないうえに締め付けもきつくしたらチーム内の有望な選手は
契約更新を渋るだろうし才能ある若手はドルトムントに入ることを敬遠するだろうな
[ 2018/02/05 20:25 ] [ 編集 ]
スカッドだけでなく、フロントのチューニングもどなたかにしてもらいたいものです。クロップの存在が、クラブ内外、各々の役割のバランスをとるためにいかに重要であったかを痛感しますね。ヴァツケが一番身にしみているでしょう。
[ 2018/02/05 21:03 ] [ 編集 ]
優勝を狙わない育成・転売クラブという方針を打ち出しておいて、スピリットを求められても選手は困るでしょう。
クラブの方針に則って選手もクラブを踏み台として見ているのではないでしょうか。
[ 2018/02/05 21:49 ] [ 編集 ]
何が驚いたかってヴァツケがまだ58歳だった事。ドルトムントのCEOになった時はまだ40代だったんですね!びっくりしました。勝手におじいちゃんだと思ってました…すみません。
[ 2018/02/05 22:02 ] [ 編集 ]
とても良い行動だと思います。これでデンベレとオバメヤンのような行いをする選手はいなくなるでしょう。移籍したい選手は別なまっとうな手段をとるしかありません。
[ 2018/02/05 22:11 ] [ 編集 ]
選手側の問題なので防止策としてはこれくらいしかないです。
とはいえ防止にならないでしょうね・・・。

結果だけみればダメフロントって事になっちゃうんですけど・・・
選手側が酷いとなにをしようと結果がダメな典型で同情します。
条件など考慮されず非難されるフロントって本当に大変ですね。
[ 2018/02/05 22:26 ] [ 編集 ]
今後の移籍の歯止めとしてある程度必要な発言だったのもしれません
しかし管理人さんもおっしゃる通り二人に強行移籍されておいて今更というか、どの口がとも思ってしまいますね
ある程度自分たちにも責任があることを自覚できていればいいのですが…
今後の選手のモチベーションのためにも夏スカッドの調整をするというのであればクラブのレベルアップのための補強をして欲しいところです
[ 2018/02/05 22:29 ] [ 編集 ]
今移籍を目論む選手が残ってるんですかね?目論んではないが引き抜き可能性アリのヴァイグルくらい?
[ 2018/02/05 22:39 ] [ 編集 ]
選手側だけ批判するファンが一定数いるとクラブは強くなれないですね、マンユやインテルミランとドルトムントは同じ穴の狢です。
実力があり品行方正な選手をどれだけ集めても今のドルトムントでは勝てないと思いますよ。
[ 2018/02/05 23:41 ] [ 編集 ]
なんでこう…下策を打つのか……
[ 2018/02/06 00:05 ] [ 編集 ]
金に目が眩んだ人間は眼前の物が見えない。
今さら何を言っているんでしょうか。
選手に脅しを掛ける発言は最低以外の何ものでもありません。
それらしい言動をした選手や代理人にだけ伝えれば済むのに自らの仕事を放棄したかのような物言いは愚かとしか言えない。

改めて思いましたが、チームを変えたいのであればヴァツケを代える必要があると感じました。自分の事は気付かないのでしょうね。
[ 2018/02/06 00:12 ] [ 編集 ]
スカッドの調整自体は歓迎かな?リーガもCLも狙えるチームにって言うのであればね。
数年後を見越した(移籍金ビジネス込みの)若手の獲得ばかり目につきますけど、サッカー選手の選手寿命は決して長くありません。
自分のピークであろう年齢のシーズンを″つなぎ″のように扱われては、選手のモチベーションも気持ちも離れていくのではないかな。
そういった意味で選手にフェアになれないのであれば、フロント陣の調整の方が急務かと思いますね。
[ 2018/02/06 04:09 ] [ 編集 ]
ロイスもガラス製じゃなかったらとうに移籍してたろうな
[ 2018/02/06 08:13 ] [ 編集 ]
ミキ、デンベレ、オーバですね。
次にやりそうなのはプリでしょうか。
ギュンドガンやフンメルスの移籍は痛かったけど他は全く大した事なかった。
移籍時に利己的だった選手は試合の時もそうだった選手なので早く売り払ってほしかっただけでしたね。
[ 2018/02/06 09:32 ] [ 編集 ]
目を覚まして、これを擁護している人は飼い慣らされすぎてるよ。
皆が知るドルトムントの魅力は若手主体で欧州上位に食い込み、世界随一のサポーターが熱狂するクラブ。
しかしドルトムントの現状は選手にアメを与えずムチばかり打ち、ドイツ代表のリハビリだったり優先してリーグやCLを諦めてる。
これ選手が離れていっても文句は言えないよ。
[ 2018/02/06 10:37 ] [ 編集 ]
コメントされてる方もいますが、飴とムチも適材適所でないなら、選手はやってられませんよね。飴貰ってばかりの人のために鞭打たれてもチームのために働けと言われてもどうなんでしょうかね
[ 2018/02/07 07:24 ] [ 編集 ]
こういうこと言うとますますストライキしそう
[ 2018/02/07 10:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。