ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ギュンドガン!オバメヤン批判!「BVBに損害を与えた!」《ドイツの反応》




西ドイツアルゲマイネ】



ギュンドガン!オバメヤンを批判!彼はBVBに損害を与えた!



entry_img_2115.jpeg



マンチェスター・シティのミッドフィルダー、イルカイ・ギュンドガンは、ピエール・エメリック・オバメヤンがアーセナル移籍を強行した事に対して批判した。


“こうした出来事はチームのパフォーマンスを後押しする事にならなかった事は確かだね。”とギュンドガンはスポーツ・ビルトのインタビューで語っている。なぜなら、“選手としては毎日ネガティブな話題を新聞で読むことになるし、そうなるとそれが負担になるんだ。これは最高のパフォーマンスを出す上では妨げでしかないよ。”

スポンサーリンク


しかし2016年にBVBを去り、黄色と黒のユニフォームと水色のユニフォームを交換したギュンドガンの批判には首をかしげる点もある。当時彼の移籍も大きな話題となったのだ。


大きく異なる点は、正直さだ。“僕も当時批判にさらされていた。ファンの反応もいくらかは理解できるよ。でも僕は正直でありたかったし、クラブのためにすべてを捧げたつもりだよ。”とギュンドガンは語る。


しかし、彼は必要とあらば強硬手段にでただろうか?



“僕にオバメヤンがやったような事が出来たかは分からないね。”と語った。


ハッキリしていることは、ドルトムントがオバメヤンを約6400万ユーロで売ったという事だ。“ドルトムントは非常に素晴らしいストライカーを失ったけれども、最終的に下した決断は、双方とも受け入れることができるだろうね。僕は再び落ち着きが戻って来ることを願っているよ。”と、ボルシアと今でも繋がっていると感じている彼は語った。“僕はBVBがチャンピオンズリーグに参加できるように応援しているよ。そこで来シーズン対戦出来たら素晴らしいだろうね。”


この27歳の選手はボルシア・ドルトムントで5年間プレーし、2011年にはダブルを達成している。しかし彼はドルトムントで長い間負傷に苦しんでいた。彼は今マンチェスターシティでップレーしているが、3月1日にはアーセナルと対戦する。そこでオバメヤンと再会することになる。







以上です。

元のインタビューを読んだ限り、クラブに損害を与えた、とまでは一言も書いてなかったんですが。本人の感じからすれば迷惑をかけた、ぐらいのニュアンスでしょうかね。

ギュンドガンはまたプレーできるようになって良かったですね。このまま調子を上げて、ぜひともワールドカップでプレーしている所を見せてほしいです。



[ 2018/02/07 21:50 ] 元BVB選手 | TB(-) | CM(8)
契約について良く分かりませんが、円満に移籍出来る選手とそうでない選手の違いって何なんでしょうか?
[ 2018/02/07 22:12 ] [ 編集 ]
ギュン…ドルトムントに戻ることも考えての発言かと不安になるの巻
オバメもオバメだがドルもドルなんでそんなフォローしなくても良いんだよギュン
[ 2018/02/07 22:43 ] [ 編集 ]
ギュンドアンの時は、一気に主力3人でしたからね、批判が分散したというか、フンメルスやミキタリアンよりはスマートだっただけで、チームの動揺はかなり有リましたよね。あんたは黙ってろ!って言いたい。

シティは凄く良いチームになりましたね。でもギュンドアンはデブルイネとシルバの控え扱い。ドルトムント時代よりも満足してるのかなぁ?
[ 2018/02/07 23:10 ] [ 編集 ]
スタメン減ってきたから保険でも掛け始めたのかな?
ブンデスよりプレミアの方がおもしろいって言ってたよね
貴方もご都合主義じゃありませんでした?
他人のこと言えた立場じゃないですよ
[ 2018/02/08 00:08 ] [ 編集 ]
普通によくあることだけど大袈裟なタイトルですね。
ギュンドガンは特には揉めず円満な方でしたが批判されましたね。
批判理由は主に「ケガ治るの待ったのに恩知らず」でしたっけ?

フロントとは契約に則って双方がマナー違反をしないだけで良い。
しかし、ファンの批判はチーム状態の弱体化が酷くない事が重要。
なので混同させると主力の移籍は円満が難しくなってますよね。

まあメディアは混同したほうが売れるので・・・。
[ 2018/02/08 06:02 ] [ 編集 ]
円満、それは次がいるかどうかでしょう
香川だって状態の良いゲッツェがいたから(香川は助っ人外国人ゲッツェは自国代表)円満に近い移籍だったわけで
ギュンはカストロやシャヒン、レヴィはオバメがいたから批判もある程度は抑えられた感じ
逆にゲッツェフンデンベレオバメはいなかったから彼ら自体に問題はあったものの一層批判が集まった
ファンやフロントにとって選手の扱いなんてそんなもんですよ
[ 2018/02/08 13:08 ] [ 編集 ]
なるほど、これがビルトですか
日本で言うところのゲンダイやらそんな感じなのかな
その内机と会話しだすんじゃないんですかね
[ 2018/02/09 18:53 ] [ 編集 ]
>逆に・・・フン・・・彼ら自体に問題はあったものの・・・

「キャプテンなのに裏切り者」って感情的批判しか覚えてないけど・・・。
フンンメルスに問題行動あったっけ?
問題と思って仕方ない移籍先だけど、そこに含める行動と思えないし・・・。
[ 2018/02/10 11:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。