ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ハンブルガー戦!ゲッツェ!ロイス!ダブルカムバックなるか?《ドイツの反応》





ビルト】

GÖTZEUS ゲッツォイス!BVBカムバック間近!


一年でもっともすばらしいカムバックになるだろう!




entry_img_2121.jpeg

マルコ・ロイスは膝十字靭帯の負傷の後でようやく健康になった。マリオ・ゲッツェの背中の負傷も回復したようだ。

スポンサーリンク


土曜日のハンブルク戦ではほぼ一年ぶりに二人同時にフィールドに立つ可能性がある。この間二人が同時にプレーしたのは2017年1月29日のマインツ戦だった。



ロイスは259日間の苦悩の日々を乗り越えてのカムバックとなる。



シュテーガー・監督!“マルコがプレーしたがっているのは分かっている。我々も彼を連れていきたいよ。でもこのような長い離脱期間の後では注意深くなければならないね。それについては直前に決断すると思う。”


さらに“彼は試合を大きく変えることができる数少ない選手の一人だ。彼の個人技、素早さ、技術など、チームにとって非常に重要な存在だ。”


しかしロイスがスタメンで出場することはないだろう。でもベンチ入りはするかもしれない。


それに対して彼の親友ゲッツェは一試合休んだだけで、再びスタメンでプレーするとみられている。


シュテーガー“マリオの問題はもう良くなった。調子は良いよ。”


ゲッツォイスが戻ってきた


ゲッツェは2016年にバイエルンから戻って以来、ロイスとほとんど一緒にプレーしていない。二人のうちのどちらかが負傷していたのだ。



そしてこの二人がようやく魔法を見せてくれそうだ。昔のように。これはBVB幹部だけでなくファンも待ち望んでいる。






以上です。

ゲッツォイス!これは当然ビルトが作った言葉ですが、ドイツ語でZeusツォイスというのは全能の神であるゼウスの事ですね。ゲッツェとロイス二人合わせて全知全能の神といったところでしょうか。

個人的には明日ロイス・香川・ゲッツェがともにプレーしている姿を是非とも見てみたいですね。やっぱり2013年に一番見たかった2列目だったので、これが活躍する姿、一度は見てみたいんです。






[ 2018/02/10 06:05 ] マルコ・ロイス | TB(-) | CM(23)
ロイスゲッツェというドルを見ていれば誰もが望むコンビの復活(正確にはロイスの復帰)から快進撃と行きたいですね!
今のタレント不足を考えればロイスの復帰とゲッツェのプレーは不可欠です。
[ 2018/02/10 06:39 ] [ 編集 ]
ゲッツェがドルトムントに戻ってきてからは、ロイスと一緒にプレーしてもずっと微妙でしたけど
しかも昨シーズンのフランクフルト戦でしたか、ロイス、ゲッツェ、シュールレのドイツ代表仲良し3人組とやらが
揃ってスタメンだった試合は酷い内容で、その後のトゥヘルの選手批判発言が問題になってましたよね
ドイツ人はその事実から目を逸してませんかね?
[ 2018/02/10 06:54 ] [ 編集 ]
ゲッツェは普通にプレイして90分もつ様になるまではスタメンになられちゃ迷惑なだけでしょ
[ 2018/02/10 07:16 ] [ 編集 ]
ゲッツェ…
使うならサイドで…
[ 2018/02/10 07:27 ] [ 編集 ]
哀れにすら思う
このクラブが低迷してしまった理由がよく分かる記事ですね。
いつまで経っても過去に執着し、「今」を生きることが出来ない。
過去にばかり囚われ、しがみつき、前進することを拒否してしまう。

まるで未練がましい子供のようにーー。


クラブ、マスメディア共にこういう状態なのですから、低迷は必然だったと思われます。
[ 2018/02/10 07:33 ] [ 編集 ]
香川トップ下のゲッツェSHとかなら見てみたいですけどねー…。
4231のWボランチなら中盤の守備強度もまだ安心ですが、433または4141のIHなら片方はダフードとかにした方がいいんですけどね。ゲッツェ使うにしろ香川使うにしろ。
[ 2018/02/10 07:56 ] [ 編集 ]
ロイス香川ゲッツェどういう風に使うか興味深いですね。
[ 2018/02/10 08:19 ] [ 編集 ]
データはデータに過ぎないけど、ゲッツェが戻ってきてからロイスと同時に出た試合は3試合しかなくて、一試合も勝ててないんですよね。ジンクス続かないといいですけど。
[ 2018/02/10 08:40 ] [ 編集 ]
いつもありがとうございます。
ロイス、いよいよ復帰ですね。
香川との相性も良いので活躍が楽しみです!
ただ、ゲッツェと香川が組むと攻守が左右で分かれてしまい香川が常にバランスを意識しているのかやりにくそうに感じます。
香川とゲッツェはIHの横の関係じゃなく、どちらかがサイドに回って縦の関係が良いと思うんですがどうでしょうか?
とにかく大事な試合が続くので良い化学反応が起こることを期待しています!
[ 2018/02/10 09:04 ] [ 編集 ]
GÖTZEUS! ゲッツェとロイスのファンの間ではよく見かける言葉ですね!
レヴァンドフスキとロイスを合わせて、Leweusという単語も見たことがあったので、単に最高のコンビという意味で名前を組み合わせただけだと思っていましたが、そういう意味があったんですね。
確かにCLの頃のゲッツェとロイスは凄かった。コンビ復活が楽しみです!
[ 2018/02/10 09:14 ] [ 編集 ]
ロイスは分かるけれどゲッツェの不調はマルチタスクが原因でもないのに何を以って、そんなに期待出来るんだろうか?しかもタレント不足とまで言う人もいるし…
負け越してるなら分かるけどシュテーガーに変わってから無敗なのにタレント不足とか言うのは現レギュラーに対して余りにも無神経で礼儀も敬意も足りてないと思いますけどね
[ 2018/02/10 09:22 ] [ 編集 ]
ロイスが復帰してゲッツェが落ち着きを取り戻せばと期待したい所
結果が出ないからゲッツェは焦って空回りしてる感があるので
[ 2018/02/10 10:00 ] [ 編集 ]
トップ下香川で、FWロイスバチュアイゲッツェの布陣が見てみたい。
[ 2018/02/10 11:23 ] [ 編集 ]
怪我人が増えた事で中盤が過剰でサイドが足りなくなっている。是非ゲッツェをサイドで起用して欲しい。
[ 2018/02/10 11:33 ] [ 編集 ]
 急がずじっくり調整して欲しい。そうでなければ、彼らはすぐに病院へカムバックするだろう。
[ 2018/02/10 11:49 ] [ 編集 ]
ただゲッツェは復帰してから何もしていない。持ち上げられすぎだと思う。9月からゲッツェの出た試合は一勝もしていない。
[ 2018/02/10 12:59 ] [ 編集 ]
4231でのレヴァンドフスキロイス香川ゲッツェは誰しもが考えた理想でしょうね。レヴァはいませんがシュールレ入れたら面白そう
[ 2018/02/10 13:06 ] [ 編集 ]
いや、ほんとに香川がマンUに移籍しなければレバ・ロイス・ゲッツェ・香川という夢のカルテットが見れたんだよねぇ
まあでも、この3人のプレーはぜひ見たいですね
[ 2018/02/10 13:20 ] [ 編集 ]
ロイス復帰がきっかけでゲッツェもかつての輝きを取り戻せたらいいですね
病気の事があるとはいえ今の彼ははっきりいって「凡庸」ですから
[ 2018/02/10 14:20 ] [ 編集 ]
さすがロイスとゲッツエ押しのビルトですね
記者変わりました?
[ 2018/02/10 16:05 ] [ 編集 ]
守備強度を課題に挙げながらダフードを挙げる不思議。ダフードもゲッツェと同じでヒートマップ見ると結構な頻度で前に上がってるんですけど?普通に考えれば真司ヴァイグルカストロで固定ではないでしょうか?
過去の印象で真司とゲッツェを一括りにする人は見方が偏ってないですかね?
[ 2018/02/10 22:38 ] [ 編集 ]
ゲッツォイスで勝ちましたね!
ロイスのプレーによる幾つものチャンスメイクに一点目はロイスのお膳立て
そして押し込まれて苦しいときにゲッツェのゴールでダメ押し
この二人がいるとやはり違うなと思います
残念ながら二人同時とはなりませんでしたが頼りになる二人です
[ 2018/02/11 01:49 ] [ 編集 ]
後半香川が下がってから、バタバタしはじめましたね。香川の重要さがわかる試合でしたね。監督から頼りにされているのがわかります。
[ 2018/02/11 03:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。