ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ロイス!復帰戦でマン・オブ・ザ・マッチの活躍!キッカー採点と試合評!《ドイツの反応》

entry_img_2127.jpeg




【キッカー ドルトムント対HSV】



・ドルトムント採点 4231

ビュルキ 3.5、

ピスチェク 4.5、アカンジ 3.5、トプラク 2.5、トルヤン 5

ヴァイグル 4、香川 4

プリシチ 4、ロイス 2.5、シュルレ 2.5、

バチュアイ 3


スポンサーリンク




ハンブルガー採点 523(343)


マテニア 3

マヴライ 5、ユング 4、ヴァン・ドロンヘレン 4

酒井 3.5、エクダル 4、ヴァァス 3.5、サントス 4

ウッド 5、ハント 3.5、コスティッチ 4



・審判 フリッツ 2

難しくない試合を難なく裁く。全体的に非常に手堅い出来。



試合採点 4
前半はドルトムントが、ハンブルクの壁に対してアイデアがなく、見るのがつらかった。ドルトムントが得点を挙げてから、面白くなった。


試合分析
ドルトムント、ハンブルクの壁の前にアイデア無し!

ドルトムントが前半に披露したパフォーマンスは忘れるに値する。それはカムバックを飾ったロイスでさえ変えることはできない。

ドルトムントは大部分4231で動いていたが、アイデアと知性が欠けていた。ハンブルクは非常に統率がとれており、523のフォーメーションでドルトムントを難なくゴールから遠ざけることができた。しかし攻撃時においてはこのフォーメーションが妨げとなった。攻撃までの距離が長すぎ、中継点も少なくなっていた。

両チームとも一度もゴールチャンスを得ないまま休憩となった。シュテーガーはそれに対応して香川を一列前に上げた。チームが再び活性化するチャンスとなったのは、ミッチー・バチュアイの先制点だ。

これによってHSVはオープンにプレーする事を迫られたのだ。ホラーバッハ監督はより攻撃的な戦術に変更し、BVBはそれによってできたスペースを利用する事でチャンスを作った。

しかし試合はアディショナルタイムにマリオ・ゲッツェが2:0としてようやく決まった。




まとめ
後半からのパフォーマンスが向上したドルトムントがチャンスも多く作り、勝者に相応しい。



マン・オブ・ザ・マッチ
マルコ・ロイスは、8か月半の休憩の後でチームを牽引し、動きのないチームにスピードを与えようと努めた。




キッカー日本人採点】

長谷部 3.5
武藤 3.5








以上です。

香川選手の怪我の情報はまだ出ていませんね。離脱という事になれば今日の午後にでも発表されると思います。
シュテーガーは初めて4231を採用しましたが、まさかの香川選手ボランチ起用となりました。
これだとメンバーが攻撃的過ぎてバランスが悪くなってしまいましたね。できればロイスをサイドで起用してほしかったです。

しかしロイスは怪我明けでも運動量がすごいですね。周りの選手もロイスにつられるように動きが良くなりますが、同時に落ち着きもなくしてしまうので、それは今後も気を付けてほしいですね。

いずれにせよロイス復帰してくれて嬉しいです。


スタートフォーメーションはハンブルグが引き気味で5バックだったからあやふやだった。中途半端に高い位置を取らされてあわやつり出されそうになったけどその後は修正できた。
ロイスは試合勘なかったはずだけど冷静にやれてた。ゴール前に行こうと思えばやれただろうけど強引なことは慎んだ。前にケガして復帰した時は強引さが目立ってまたケガする羽目になったけど今回は自重してチームの流れの中でやろうとしていた。今のチームは潰し屋つか汗かき役がいないから主力がこれやってくれるとありがたい。主力が流れの中でやろうすれば全体は引き締まったものになる。今後も継続してもらいたいよね。
[ 2018/02/12 19:16 ] [ 編集 ]
相変わらずロイスは別格でしたね。
[ 2018/02/12 19:35 ] [ 編集 ]
最後のゲッツェのアシスト以外役立たずだったシュルレが高すぎるのは相変わらずで笑う
前に香川が出て攻撃の形がようやく生まれ、引いた後は何も出来てなかったのに、シュルレは何やってんですかねー?
ハンブルガー側ならこの試合の酒井はかなり良かった
[ 2018/02/12 19:36 ] [ 編集 ]
納得の採点と分析でキッカーはさすがに安定感あるね。

香川4231のボランチは少しよぎりましたが、いつもの4141の方だろうと思ってたので意外でしたね。
現状なら後半開始の布陣を基本にするんじゃないかな?
ゲッツェがサイドの方が良さそうなので現状中が苦しいし・・・
[ 2018/02/12 19:40 ] [ 編集 ]
管理人様 いつもありがとうございます。
試合分析
『ドルトムント、ハンブルクの壁の前にアイデア無し!』とあるように、
今のドルトムントは引いて守る相手に対して、攻め手に欠きバックラインで
ただ緩慢なパス交換をしているだけという状況はずっと続いていますね。

期せずして、昨晩バルサとヘタフェの試合を見ていたのですが、
似たような状況でバルサはやはり幾つも引き出しを持っていました。
第一にパス交換のスピードが全然違い、バルサは明らかに相手を左右に揺さぶり、
守備ラインを崩すためのパス回しをしていました。

チームの戦術やスタイルも、もちろん個人個人の技量も違うのでしょうが、
この辺りはずっとドルトムントの課題の一つであるとも思いますので、
改善を期待したいです。











[ 2018/02/12 19:49 ] [ 編集 ]
二列目にロイス(シュルレ)・香川・プリ(ゲッツェ)、三列目ダブルでヴァイグル、カストロを何故やらないのかな〜。香川のボランチは、彼の長所を消してしまいますね。
[ 2018/02/12 19:53 ] [ 編集 ]
悪くはなかったけど、マンオブザマッチ???
[ 2018/02/12 20:06 ] [ 編集 ]
完全に素人目線だけど、433で中盤香川、ヴァイグル、ダフードで3トップの左ロイスとかでいいんじゃないのか。
ダブルボランチはヴァイグルが苦手そうだし。
あと出来れば左サイドバックはゲレイロで見てみたい。
[ 2018/02/12 20:31 ] [ 編集 ]
ロイスはさすがでしたが、前線の人数が多すぎてゴチャゴチャしてましたね。
前を一人削って、中盤を増やすべきです。

それから、前半は両サイドバックのポジショニングがあまりに高すぎて、何もせず、ヴァイグルや香川がDFラインまで下がって、ボールを動かさざるを得なくなっていました。
やはりサイドバックの状況判断や知性が、他のビッグクラブと比べると格段に差がありますね。
前々から思っていましたが、ドルトムントほど、中盤の選手に依存というか、極端にビルドアップの負担がのし掛かっているビッグクラブは見たことがありません。
[ 2018/02/12 20:33 ] [ 編集 ]
えっ!ブリシッチとヴァイグルと香川が同じ4?シュールレがバチュアイよりも良い?
久々にキッカーよりもルーナハの採点の方がしっくりしました。
[ 2018/02/12 21:18 ] [ 編集 ]
ロイスは大好きだし運動量もあったしあいかわらずうまいけどそこまで良くもなかったのに2.5はつけすぎ
[ 2018/02/12 21:33 ] [ 編集 ]
 攻撃的なら攻撃しやすく流動的に動いて攻めきってしまえばいいのだが、それをする勇気がチームに無かった。

 ロイスはよく動いてましたが、同時に慎重にプレーしていたように思います。それでいいんです、それで。
[ 2018/02/12 21:46 ] [ 編集 ]
前線(中盤もだが)は不調な選手たちばかりで、試合ごとにメンバーが替わってばかりでしたが、今後はようやくロイスが固定されるようになるのは大きいです。
そして、攻撃陣で唯一の10試合連続出場してきた香川には頭が下がる思いです。
ここに来ての怪我はチームにとってあまりにも痛すぎますね。
香川なしで今の3位はありえませんでしたから。
[ 2018/02/12 21:49 ] [ 編集 ]
ロイスはやっぱ違うね
復帰直後だけどドルトでは頭一つ抜けてるわ
ロイスまで移籍されたらドルトの未来が不安しかない
[ 2018/02/12 23:41 ] [ 編集 ]
ビルトによると香川の怪我は深刻ではないそうです。他紙の情報はありますか?
[ 2018/02/12 23:44 ] [ 編集 ]
前回5-2-3あるいは5-4-1できたのはフライブルクだったか。あの時も苦戦した。
今回のドルは2ボランチだったから前回5-2-3でこられた時ほどCBとボランチのところでは抑えられなかったけど、シュールレとプリシッチはスペースがないといまいちなタイプなので両サイドが機能不全を起こしたというか起こされて攻めてがなくなった感じ。スペースがない場合はサンチョのような選手のがいいはずだけど、前の試合で怪我しちゃったんだっけ?

というかスペースがあってもサンチョのが上だけど。サンチョにはスピードもテクニックもある。フィジカルはシュールレのが上だけど。プリシッチはやたら評価高いけど今のところサンチョに勝ってる要素は実績のみ。
[ 2018/02/13 01:58 ] [ 編集 ]
いつもありがとうございます。
以前、香川と中村俊輔との対談の中で、「小さな選手が海外でケガをしないためには激しいファールになるような当たりをしないこと、させないこと」という話があった。
ただこれは攻撃的な位置にいる時だけで、ここ最近の守備もしなければいけない香川は相手との接触も避けられませんでした。
まぁそれでも試合に出たいというのが香川だろうからとにかくケガが軽いことを祈ります。
[ 2018/02/13 06:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。