ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント会長!ヴィダルのような悪役の獲得を希望!ただし彼より安い選手!《ドイツの反応》




ビルト】

ヴァツケ、睨みを利かせられる選手の獲得を希望!

ヴィダルのような選手!ただし少し安め!



entry_img_2130.jpeg

“我々は少し睨みが利かせられるような選手が必要だ。”

ドルトムントの会長ヴァツケは、スカイにおいてミッドフィルダーの潰し屋を探していることを明言した。

スポンサーリンク




探しているのは:睨みを利かせられる選手だ!

ヴァツケ:“たとえばシャビ・アロンゾだ。僕は彼を称えたものだ!”


しかしアロンゾはキャリアを終えている。しかしこうしたタイプでまだキャリアを終えていない選手がいる。



アルトゥーロ・ヴィダルだ。


このバイエルンの戦士は、痛みを伴う戦いに常に挑み、必要とあれば、相手にメッセージを送るためにも進んで間に割って入る(相手を削る。)。


彼のバイエルンでの契約は2019年までとなっている。バイエルンは彼を売りに出すつもりだ。



BVBにはヴィダルを獲得するチャンスがあるだろうか?

無理だろう。



このチリ人はチェルシーからオファーを受けているようだ。このクラブは1000万ユーロの年俸を支払う用意があるという。

ではBVBは睨みが効かせられるような選手自分のチームから見つけることはできるだろうか?


スヴェン・ベンダーが移籍して以来、BVBには一人も戦士がいない。シャヒン、ヴァイグル、カストロはすべてボールを散らす選手だ。


ヴァツケ:もしかしたら、ワンツーのパスを出すだけでなく、間に割って入る事が出来るような選手が欠けているのかもしれない。

ヴァツケはヴァイグルについて:“ユリアンはまだ体が出来ていない。もしかしたら3,4キロ太ったほうが良いかもね。”


そして睨みを利かす練習だ。






以上です。


ヴィダルの名前は勝手にビルトが出しただけでしたが、こうしたタイプを探しているのは間違いなさそうですね。かつてはローデがその役割を担うとされていましたが、怪我が多く、見通しはまったく不明です。

やはりヴァイグルは一対一はあまり強くありませんね。足もそんなに速くないので、彼が抜かれて一気にシュートまで持っていかれた場面は何度もありました。

ブンデスリーガの調子が良かった5,6年前はシュヴァインシュタイガーやクロースをはじめベンダー兄弟など、結構このポジションも才能が豊富だったんですが、最近は少々人材不足ですね。

トゥヘルの時に彼の教え子だったサミ・ケディラを取ってほしかったです・。

[ 2018/02/13 19:00 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(20)
今更評価とかベンダーも複雑でしょうね
監督交代した後、てっきり一番評価をされるのはベンダーだと
私は思ってたのですが
[ 2018/02/13 19:14 ] [ 編集 ]
ベンダーを放出しといて何言ってんだ?って感じですけどね。そのくせスターは獲得出来ない。無理ですよ、若手じゃ。ベンダーをCBで使ったり、大事だけどヴァイグルを重宝しすぎましたね。あのタイプが必要なのはずっとわかっていたじゃないですか。
[ 2018/02/13 19:23 ] [ 編集 ]
後先考えずに選手を放出、獲得を繰り返してるのは誰なんだと。全てはCEOの責任じゃないんですかね?
[ 2018/02/13 19:28 ] [ 編集 ]
今更遅すぎるわ。そんなもの何年前から言われてると思ってるんや。ギュンドアンが抜けたとき、代わりの選手に大金をつぎ込むか、ベンダーを育てあげるべきだった。
本当にこのビジネスマンは試合に勝つ気がないな。
[ 2018/02/13 20:07 ] [ 編集 ]
よくもまぁそんな事しれっと言えますね。それこそ若手の潰し屋タイプ買えばいいのに。
[ 2018/02/13 20:26 ] [ 編集 ]
誰かに指摘されたんですかね。プリシッチいるのにデンベレとったり、シュールレ、ゲッツェ、フィリップ、サンチョ一体何人前線の選手に金を使ったんでしょうか。お金がないならこんなこと普通はしないですよ。どこのプレミアクラブですか?FWは高額でDFは安いからお金をかけたくないだけでは?
それにだったらCBをDMFとして使ってみればいいのに、バルトラとかギンターとか。にもかかわらず、放出していきなりDMFがいないとか言われても、何いってるの?としか。お金で買おうとせず、それこそ若い選手をユースからもってきたらどうですか。少し前のPSMではいたのに放出しちゃって。
デンベレやプリシッチのロストショーを見せるくらいなら、DMFも辛抱して使って欲しいですね。
[ 2018/02/13 20:42 ] [ 編集 ]
ブンデス2連覇した時はケール、ベンダー、グロクロなどがいたから香川らが躍動出来たんだと思う。そういう選手を大事にせず似たような個性の選手を集めすぎ。
[ 2018/02/13 21:24 ] [ 編集 ]
トゥヘルの時に大活躍して安定感有ったビュルキ、バルトラ、ヴァイグルが軒並み評価を落としているのは、選手の安定感の低下というよりも戦術の変化よるのでは無いでしょうか?
トゥヘルの時は、テクニカルな選手が活躍して攻撃的な戦術でしたが、最近の戦術は中下位の肉弾的フイジカルサッカー。そんな香川に合わなさそうな戦術でも活躍しているのは凄い。
[ 2018/02/13 21:33 ] [ 編集 ]
前の試合、数回のパスでSBと1対1になってて危なっかしかったな。
中盤の問題というか、前線がチェイスしなさすぎて、ヴァイグル一人のせいにされるのは可哀想だ。
[ 2018/02/13 21:34 ] [ 編集 ]
ベンダーは出番が少なくて出場機会を求めて出て行ったから仕方ないと思う・・

[ 2018/02/13 22:36 ] [ 編集 ]
ヴィダルとは気になるタイトルなのに勝手に出されただけですか・・・。

ファイタータイプは今季ベンダーが予定外の放出でローデのみなのに、怪我で現在出場すら見通せずなのでさすがに探すよね。
例えがアロンゾってCFより重視して欲しいけどやはり大物は無理か・・・。
ケディラよかったけどもう不可能でしょうね。
[ 2018/02/13 22:51 ] [ 編集 ]
機会を見て攻撃に参加するように言われていると本人は言っていたけれど、この間の前半、1対1勝率が中盤でダントツな香川にまさか頼もしかったベンダーがやっていたタスクを期待していたんじゃないでしょうね?信頼されるのはいいけれど、そんなタスクで彼らしい良さを消さないでほしい。まさかですが、ありえそうでこわい。
[ 2018/02/13 23:19 ] [ 編集 ]
ヴァイグルを評価しないとか笑える
[ 2018/02/14 00:46 ] [ 編集 ]
ドルトムントには中盤の潰し屋とか競り合いに強い守備的MFが必要
そもそもベンダー放出しなきゃ良かったんだけど、放出するならするで穴埋め要員は獲得しなきゃいけなかった
偏った補強を繰り返してきたツケが回ってきたんだね
[ 2018/02/14 01:28 ] [ 編集 ]
自分で放出しておいて他クラブの選手を羨望するってトップとしてどうなの?
[ 2018/02/14 04:45 ] [ 編集 ]
ヴァイグルも守備専気味な汗っかきタイプの相棒がいたら思い切ったプレー出来るんじゃないかね?
現状では安牌な左右へのショートパスばかりだけど、失敗してもフォローしてもらえるって安心感があればバンバン縦のパス出せるだろうし。
ベンダーの移籍に関してはトゥヘルの微妙な起用や本人の怪我もあったりだから難しいところだけど、フロントには残留に向けた説得をして欲しかったな。
[ 2018/02/14 05:43 ] [ 編集 ]
ベンダーは怪我しすぎで、ロイスよりも稼働率低いくらいだから、放出で正解だと思う。むしろ、そういう選手に対して甘すぎたことが問題。ドイツ人やユース上がりの選手を整理できないから、今のへんな選手層になったんだと思う。
[ 2018/02/14 11:06 ] [ 編集 ]
>フロントには残留に向けた説得をして欲しかったな。

既出だけど出場機会を求めていて引き留めきれなかった旨のコメント出してたよ。
折り合えなかっただけで引き留めようと説得はしてるでしょ。
[ 2018/02/14 22:06 ] [ 編集 ]
もう見てないとは思いますが…今の薬屋でのプレー見てればベンダー放出は普通に悔やまれるものと思いますけどね。
[ 2018/02/15 02:22 ] [ 編集 ]
>今の薬屋でのプレー見てればベンダー放出は・・・
個人的には放出前から高く評価してたので現状くらいは出来ると思ってました。
ヴァツケも同様な評価してるっぽいコメント出してなかったかな?

CBとDMFが新戦力含め多数で出場機会は難しい状況。
それなりの強豪から主力と望まれ本人も希望してるという条件ですよ。
自分は普通に仕方なかったと活躍ぶりを喜んでます。
まあ直接対決では活躍望みませんけどね。
[ 2018/02/15 17:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。