ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川!踝の負傷でグラートバッハ戦の欠場が決定!《ドイツの反応》



西ドイツアルゲマイネ】

グラートバッハ戦、シュメルツァーは微妙!香川の状態ははっきり!




金曜午前中のトレーニングに訪れた観客たちは、BVBの選手たちの状態がどのようなものかをチェックすることはほとんどできなかった。トレーニングのほとんどが施設内で行われたためである。


“もちろん今日はそんなに徹底したトレーニングではなかった。”とシュテーガーは3:2で勝利したベルガモ戦の翌日に語った。“プレーした選手は、疲れをとるためのトレーニングを行い、プレーしなかった選手はサッカー面で少しばかりトレーニングしたよ。”

スポンサーリンク




シュメルツァーは微妙。香川は欠場


トレーニングをした中には肉離れの後でベルガモ戦を欠場したシュメルツァーも含まれた。しかし彼のグラートバッハ戦の出場はまだ微妙な所だ。“今日土曜日の最終トレーニングの後で決定するという事を話し合った。彼をベンチに入れるかどうかをね。もう問題はないけれど、まだ万全だとは感じていないようだ。“とシュテーガーは語った。


一方で香川の状態は、よりはっきりとしたものとなった。“彼は踝に問題を抱えている。だから今週末はどう見ても間に合わないだろう。”とシュテーガーは語った。しかし診断の結果やどのぐらい離脱するのかには言及しなかった。


それ以外は特に大きな問題はないようだ。“プレーした選手から問題があるとは聞いていない。疲れているのは当然だが、大きな負傷は見られなかったよ。”とシュテーガーは説明した。


フィリップ、ローデ、ドゥルムは現在ジョギングを開始したが、試合は欠場となる。さらにサンチョ、ゲレイロ、ヤルモレンコとサイドの選手が欠けることになる。


12日で4試合あるが、そこでローテーションをするには限界がある。いずれにせよシュテーガーはそれほど大きく入れ替えたがるタイプではない。“チームはできるだけそのままにするのが理想的だが、これまでと同様に何人かの選手にはプレー時間を与えるだろう。”と彼は語った。



さらに、2番手に回っている選手達については、“ベンチ入りしたメンバーは、いつでもスタメンででるクオリティーを持っている。”と語っている。







以上です。

香川選手の欠場がすでに決まったようですね。診断結果は特に明らかにされませんでしたが、長引かないことを願います。ただ無理せずしっかり治してからプレーしてほしいですね。


[ 2018/02/17 06:55 ] 香川2017 | TB(-) | CM(8)
中途半端に試合に出て悪化することだけは避けたいですね
[ 2018/02/17 08:19 ] [ 編集 ]
焦らず休むことも大事ですね。中途半端に出ても良いパフォーマンスは出来ないし悪化するだけですから。
[ 2018/02/17 08:33 ] [ 編集 ]
あせらずしっかり治す事を念頭においてほしいですね。
[ 2018/02/17 12:28 ] [ 編集 ]
踵の問題ですか、言われてみると体重載せないようにしてたような・・・
正念場という事もあり早期復帰願うけど、焦らずキチンと治して欲しいです。

週末は基本ELの布陣と思うけど難しいね。
カストロの状態とヴァイグルの状況からシャヒン使っておきたいよね?
ダフード&ヴァイグル先発という可能性も無きにしもあらずだし・・・
ヴァイグルを先発外すという事までありえそう。
[ 2018/02/17 12:31 ] [ 編集 ]
管理人さん、ありがとうございます。診断の結果はまだ発表されてないので心配ですね。軽い怪我は発表しないこともあった気がしますが。風邪は治ったようなので、とにかく早い回復を祈ります。
[ 2018/02/17 12:47 ] [ 編集 ]
 古傷かな? 長引かないといいけど、無理もしてほしくないな。
[ 2018/02/17 13:09 ] [ 編集 ]
シュテーガー監督下ではここまでファーストチョイスでしたし、焦らずゆっくり治してほしいですね。まだW杯も先ですし。
[ 2018/02/17 15:56 ] [ 編集 ]
ロイスみたいに怪我慣れしてるわけじゃないし完治してからトップフォームに戻るまで数試合かかる香川の場合ときどきは出してボールタッチ等の試合勘は鈍らせないようシュテーガーにはお願いしたいですね
[ 2018/02/18 20:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。