ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!バチュアイ!プリシチとのトレードでBVB残留か?《ドイツの反応》



【西ドイツアルゲマイネ】


バチュアイ、プリシチとのトレードでBVB残留か?



バチュアイがBVBファンの心を掴むのに対した時間はかからなかった。

グラートバッハ戦ではノーゴールだったものの、デビューから3試合で5ゴールを挙げている。
スポンサーリンク


そしてBVB幹部たちは彼の獲得に興味を持っている。


またバチュアイはドルトムントは〝全てが完璧だ〝と語っていた。


そしてイングランドの〝デイリーメール〝が、ビック・ディールに関して報じている。



それによるとFCチェルシーは、プリシチとのトレードであればバチュアイ移籍にも応じる用意があるとのことだ。



この19歳のプリシチの契約は2020年までとなっている。だからBVBがそう簡単に応じる事はないだろう。プリシチは、素早いドリブル、アシスト、ゴールで多くのイングランドトップクラブの獲得候補になっている。







以上です。

これは可能性はありそうですね。

ただ現時点ではなんとも言えません。ゲッツェ、シュルレ、ロイスがサイドで今後も調子を上げてくれば、いずれは選手が余ってしまう事になりますね。

だからと言ってユース育ちを出して良いものか…。

ロイスの契約延長など、様々な要素が絡んでくるでしょう。

[ 2018/02/20 07:35 ] バチュアイ | TB(-) | CM(23)
ソースがデイリーというのが、記者の妄想ぽいですが…今で必要なのはバチュアイですよね。
[ 2018/02/20 07:25 ] [ 編集 ]
バチュアイは継続して活躍するのならオーバの移籍金で取れるんじゃないか?クラブもオーバマネーは使い切らないと半分税金だろうし。
本人もドルが気に入ったみたいなとこあるね。ベストファーレーンのあのお客さん見たらスタンフォードブリッジに帰っても物足りないんじゃないかな?キャパシティ半分だからな。
プリシッチはバチュアイ関係なく一度レンタル武者修行やらせたほうがいいかもね。ドルにいてもロイス、ヤルモレンコ、シュールレ、フィリップ、ゲッツェ、サンチョあたりとポジション争いでは出場機会限定で伸びるのも伸びなくなる。コヴァチあたりに預けて見てもいいんじゃないか?そもそもドルに入れたのはあの人なんだから。
[ 2018/02/20 07:45 ] [ 編集 ]
いずれにせよ夏の話なんで、今は代わりのストライカーをしっかりスカウティングすることを期待しています。個人的にはプリシッチをそんな簡単に出して欲しくないです。
[ 2018/02/20 08:04 ] [ 編集 ]
バチュアイってまだ24歳なのか。それならありかもね。
プリシッチは将来高く売れるとは思うけど、怪我人が戻ったドルだとスタメン確約はできないからねえ。
移籍したほうがいいのかな?
[ 2018/02/20 08:15 ] [ 編集 ]
ここでバチュアイ逃しても、プリシッチを手放しても周りからの扱いは悪いままになりそう
[ 2018/02/20 08:41 ] [ 編集 ]
フィリップ、サンチョがいるのでプリシッチ本人が希望すればよいかもしれませんが、ユースを使わないクラブと言われるのはあるでしょうね。
[ 2018/02/20 08:53 ] [ 編集 ]
確かブンデスはユース出身者を置かなければならない人数に規定がありましたよね?ゲッツェとかもですけど、スタメン候補に上がる選手は、いくらCFがいないとはいえちょっと勿体無いかなぁ…

個人的にはイサクの成長に期待したいです。
[ 2018/02/20 08:56 ] [ 編集 ]
もうトレードしてしまっていいんじゃないですかねぇ・・・プリシッチのポテンシャルは間違いないと思うけど、もう結構プレー時間積んでる割にはあんまり変わってない様にも思います。
もちろんこれから化ける可能性も大いにあると思いますが、ドルにしてもいつまでも待つよりはバチュアイの様な即戦力との交換なら応じても良いんじゃないかと。まだ若いし。
まぁ今急激にサッカー市場が成長しているアメリカのスター選手という意味で保持する意味は相当に大きいのでしょうが・・・
[ 2018/02/20 09:29 ] [ 編集 ]
もしも本当なら俺は賛成だけどね。今の時代CFが不足してる上に値段がとにかく高いしここまでフィットしてるんだから獲得できるならプリシッチは出してもいいわ。どっちにしろいずれ引き抜かれるしユース枠ならゲッツェで十分。
[ 2018/02/20 10:32 ] [ 編集 ]
これは難しい。。
現時点ではバチュアイのほうが戦力だけどプリシッチが22歳ぐらいになった時どうなってるか。。。

どっちもチェルシーに使いこなせない可能性もある
[ 2018/02/20 12:42 ] [ 編集 ]
BVBが態度改めないとバチュアイもオバやデンベレになりかねないですけどね
プリシッチは今は微妙だけど未来があるし、不要なのはゲッツェやシュルレであってプリシッチじゃない感じ
[ 2018/02/20 14:56 ] [ 編集 ]
現状必要なのがプリシッチよりバチュアイなのは確かだし、チームに合うと既にわかっているバチュアイ以上のFWを夏に獲得出来るとは限らない。
だからこそ足元を見られてるように感じます。
将来性を加味するとバチュアイとプリシッチのトレードでは釣り合いが取れてないかなーと。
[ 2018/02/20 17:47 ] [ 編集 ]
チームにフィットするFWなんていつ取れるかわからない以上バチュアイ取れるならプリでも誰でも出すべき
レヴァが出て行ってからの苦労みてればバチュアイは最優先。
中盤は比較的補強しやすいから、SB、CB、GK以外なら誰要求されようが取りに行く方がいい。
[ 2018/02/20 19:26 ] [ 編集 ]
本当なら最高のトレード
右はゲッツェが出来るし
[ 2018/02/20 19:37 ] [ 編集 ]
バチュアイは確かに欲しいけどイサクも居るしね
若い、しかも自ユース出身の選手と引き換えにして取るのはなんか違う
ちょっと前にホムグロの話してた奴が居たけど、プリシッチはモロにそれ要員にも使えるでしょう
CL、ELのレギュレーションじゃ登録人数減らせば良いだけなので、そこまで関係ないけど
[ 2018/02/20 19:38 ] [ 編集 ]
ドリブラーがいなくなったら厳しいぞ〜
長いシーズン、必ず剥がせる選手の不在は響いてくる。
[ 2018/02/20 20:54 ] [ 編集 ]
育成枠はレンタル出してるラーセンやパスラックはじめ、イサクやサンチョ、ゲッツェにシャヒンにシュメルツアー等沢山居るからなぁ。プリシッチとバチュアイのトレードは有りだと思う。
[ 2018/02/20 21:21 ] [ 編集 ]
今後のバチュアイの活躍次第かな。必要不可欠になればアリだと思う。
[ 2018/02/21 03:32 ] [ 編集 ]
デンベレ、モル、プリシッチが居た頃なら問答無用でトレードしても良かったが、20:54氏が指摘するように個人打開できるのがいなくなるのは問題。
モル残しとけばなぁ・・・
[ 2018/02/21 10:37 ] [ 編集 ]
 プリシッチ次第で可能性はありますが、どうでしょうね。プリシッチがチェルシーに移籍したとしてもおそらくローンでどこかに出されます。普通は受けないでしょう。
 BVB視点でいうと、お得な取引かと思います。
[ 2018/02/21 11:08 ] [ 編集 ]
これは駄目でしょ
確かに最近不調ではありますけど、選手としての価値はプリシッチの方が格段に上ですよ
そもそもまだ10代なんですから今のタイミングで他所に渡す必要は全くないです。
[ 2018/02/21 11:35 ] [ 編集 ]
レンタル出ている若手?
パスラックもラーセンも全く試合に出てないのに成長なんかするもんか
まだクラブ内で育成してた方がマシだったわ
プリシッチにしろサンチョにしろイサクにしろ、本来はトップチームでプレーしてるのはおかしい
バチュアイが欲しいならオバの売った金をまるまる掛けてでも金で取るべきだろう
[ 2018/02/21 21:42 ] [ 編集 ]
プリシッチよりもバチュアイがいなくなる方が痛いし、
ユース育ちにこだわった結果、
CL圏に残れてるチームが来季はEL圏すら怪しくなるとすれば理念が間違ってるわな

市場に良いCFが出回らない中でフィットするバチュアイと出会えた事は幸運だし、中位に沈みたくないならそれこそプリシッチをトレードのコマにしてでもチェルシーを納得させるしかない。有望株放出で後悔して金銭だと渋いチェルシーも、有望株同士のトレードなら飲んでくれるかもしれん
[ 2018/02/22 20:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。