ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ジルー!ドルトムント移籍を断った理由を語る!「財政面では興味深かったが・・。」《ドイツの反応》





ビルト】



チェルシー・スター


だからドルトムントに行かなかった!





本来であればオリヴィエ・ジルーが、オバメヤンの代わりとして冬にBVBに移籍するべきとされていた。しかしこのフランス人はボルシア・の代わりにチェルシーへの移籍を決断したのだ。

そして今、彼はこの決断について語る!

スポンサーリンク




“ドルトムントは財政面では最も興味深いやり取りがあった。”と元アーセナルのストライカーフランスの雑誌“フランス・フットボール”で語っている。“ドルトムントに行くのは最も簡単な道だったと思う。アーセナルもドルトムントも両方とも幸せになっただろうね。”



しかし結果は違うものとなった。



“ドルトムントは僕を欲しがったけれど、チェルシーから非常に良い契約のオファーをもらったんだ。でも目標に関して疑問を抱いた事は一度もないよ。選択は僕の手の中にあった。それにチェルシーは、ドルトムントのようなローンではなくて、ちゃんとした契約だったんだ。ドルトムントに行っていれば、状況は変わらなかっただろうね。”


しかしお金だけが決めてとなったわけではないようだ。ジルー私生活における原因も挙げている。“3人目の子供が生まれたばかりだったから、ちょっとストレスが多かったんだ。4か月子供を見ないで過ごすことができる事がどうか、分からなかったんだよ。”


ジルーは2019年まで契約しており、年俸は700万ユーロとみられている。







以上です。

ジルーが言っている、財政面で一番興味深いやりとり、というのは、クラブ間の交渉を含めたものだと想像します。ローン移籍したら、ドルトムントからもアーセナルからも給料がもらえる、という可能性もありますが、そういう事ははっきりとは語られていませんでした。

やはり決め手となったのは、ローンではなくてきちんとした契約だったという事ですね。

ドルトムントはきちんとした契約までは用意していなかったという事でしょうか・・・。彼をドルトムントでも見てみたかったので少し残念ですね。



【おまけ 冬休み】

20180223075256bb0.jpeg

ハンガリーのブダペストに行ってきました。
中央市場で売っていたハンガリー料理
[ 2018/02/23 12:21 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(5)
あとは、やはり奥さんがロンドンを離れたくなかったのが大きいでしょうね。
夏のエバートン移籍が消滅した原因もそうでしたし。
そういう意味でも、ロンドンを拠点とするチェルシーは何もかも完璧だったのでしょう。
[ 2018/02/23 12:30 ] [ 編集 ]
チェルシーで700万ユーロなので財政面でいい話だったということはドルに行っていれば700万ユーロ以上だったんじゃないでしょうか?
子供の話をしていますが、おそらく奥さんがロンドンを離れたくなかったんでしょうね。
[ 2018/02/23 13:31 ] [ 編集 ]
 家族がいると、色々と考えなければいけない事が多いですからね。英語が使えて住み慣れたロンドンならそっちのが良いに決まってます。アーセナルサポーターを除けば、彼の決断に疑問を抱く人はいないでしょう。
[ 2018/02/23 14:32 ] [ 編集 ]
選手なら本当に必要とされているクラブへ行きたいもの。ローンは不信感の表れでしかないので完全移籍を優先するのは当然の成り行きですね。
子供が産まれた事、ローン契約の事、BVBには縁が無かったと言うことでしょうね。
[ 2018/02/23 14:36 ] [ 編集 ]
財政的にBVBが目指したのは買取オプション付きローンと推測しますね。
この条件なら財政負担的に費用捻出が楽でしょうし・・・。
ジルーの言ってるちゃんとした契約って完全移籍のことでしょ?

完全移籍とローンでは見通しが大きく違います。
子供の話もあるし、選手目線で見ればこの差はかなり大きいですね。
[ 2018/02/23 15:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。