ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【EL抽選】ドルトムント!ザルツブルクとの対戦が決定!ファンの反応《ドイツの反応》


entry_img_2147.jpeg


【ヨーロッパリーグ ベスト16組み合わせ】


ディナモ・キエフ – ラツィオ・ローマ

ライプツィヒ – ゼニト・サンクト・ペータースブルク

アトレティコ・マドリッド - ロコモティーフ・モスクア

ZSKAモスクワ – リヨン

マルセイユ – ビルバオ

スポルティング・リスボン - ヴィクトリア・ピルセン

ドルトムント - Red Bull ザルツブルク

AC ミラン - FC アーセナル


スポンサーリンク



【ファンの反応シュヴァッツゲルプより】



・対戦相手がザルツブルクに決まったぞ!いきなりだ!なんてこった!


・↑まあアーセナルよりは良かった。


・いい組み合わせだね。


・これならなんとかなりそうだ!


・ライプツィヒは、ペータースブルクに決まったね。


・ザルツブルクは良い組み合わせだと思う。


・ヤルモレンコのお別れ試合としてキエフを期待していたがそうはならなかった。


・ザルツブルクもレッドブルだけど、ファンはボイコットするの?


・↑熱狂的なファンは行かないと思う。


・綺麗な街だしファンは行くべきだと思う。


・↑国際大会だし、ファンが行かなかったら残念だね。


・↑国際大会でファンがボイコットしたら少し恥ずかしいと思う。それにそういう理由ならイングランドに行く必要はまったくなくなってしまう。


・↑しかしイングランドとはいえレッドブルのようなクラブはないのでは?


・↑マンチェスター・シティだね。


・東の方に行くことにならなくて良かった。


・もっと別な組み合わせが良かったよ・・・


・ミランやアーセナルにならなくて良かった。幸運だ。


・ドイツから20分しか離れていないし、休暇としても良い場所だね。


・ミランが良かったけれど


・結構きつい組み合わせだね。


・レッドブル相手に戦うのは年に2回で十分だ!この組み合わせは小便の味がするぜ。


・まあ何とかなる相手だが、モチベーションはいまいち。


・いつかザルツブルクでプレーする事を待っていた!





現在抽選が終わったばかりですので、コメントがどんどん増えている所ですが、この辺で区切りたいと思います。


相手としては、まあまあと言ったところではないでしょうが。いきなり決勝戦のような組み合わせにならなくて良かったですね。


しかしファンのレッド・ブルに対する嫌悪感はかなりあるようですね。ウルトラスなど熱狂的なファンはライプツィヒ戦をボイコットしていますが、それと関連してザルツブルク戦をどうするかが早くも話題になっていました。


ザルツブルクは美しい街ですので、ファンとしては休暇にもなって良さそうですね。




[ 2018/02/23 21:38 ] サッカー ニュース | TB(-) | CM(5)
サウンドオブミュージック!
オーストリアといえばシュテーガー!

ウィーンに、ザルツブルクに。

サッカーよりも、美しい芸術ばかりにウットリしてしまいます(^^;)
[ 2018/02/23 21:44 ] [ 編集 ]
何気に有名どころは割とばらけたんですね。
ミラン対アーセナルのみが、ここで当たるかってカードです。

ザルツブルグは相性的に悪く無さそうだしキッチリ勝ちたいね。
勝てれば次は有力クラブになりそうだし期待が膨らみます。
[ 2018/02/23 22:16 ] [ 編集 ]
BVBサポは楽観視し過ぎだと思いますよ。いまのBVBの状態を考えたら容易な相手など無いと思いますけどね。
[ 2018/02/23 23:48 ] [ 編集 ]
南野が行ったというので2〜3ゲーム見た感想でいうと、ゲーゲンやってくるぞ。ドルは自分たちが本家のくせにこれやってくる相手がナゼか苦手。パスミス、トラップミスは命取り。なのでチーム全体でしっかりした密度の濃い連携が必要。香川とロイスが十分であることを祈るよ。
[ 2018/02/23 23:54 ] [ 編集 ]
日程的に、上位のライプツィヒ戦とフランクフルト戦の間に入ってくるのは厳しいですね。
ブンデスリーガ(CL圏獲得)を最優先にしないと、共倒れになってしまうのは怖い。
[ 2018/02/24 00:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。