ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルン!やる気なしのレヴァンドフスキーにフンメルスが激怒!《ドイツの反応》




ビルト】



フンメルス、レヴァンドフスキー、トレーニングで喧嘩!!

このだらしなさがマッツ・フンメルスの怒りに触れた!



entry_img_2161.jpeg


水曜日のバイエルンのトレーニングでまさに一発触発だ!ロベルト・レヴァンドフスキーは最終トレーニングでしっかり守備をせず、靴紐が緩んだ状態で(気が緩んだ状態で)プレーした。そして、その結果として相手チームのトリッソが簡単にゴールをあげてしまった。これによってフンメルスとレヴァンドフスキーのチームが敗れたのだ。

スポンサーリンク



そして怒ったフンメルスが、“レヴィ!本気かよ!靴紐ちゃんと縛ってんのか?このクソ野郎!”と罵声を浴びせたのだ!


それに対してポーランド人は即座に、“ボールを取られたのはお前だろう?”とやり返した。


しかしフンメルスは言い返す。“俺の場合はミスだ。だけどお前の場合は態度の問題だ!”


レヴァンドフスキ―の頭には正当な批判は思い浮かばなかったようだ。彼は“お前はボールを失ってばかりだ。口だけだよ。”

フンメルス:“いい加減に黙りやがれ!さっさと失せやがれ!”


フンメルスとレヴァンドフスキーの喧嘩!







以上です。

レヴァンドフスキ―とフンメルスがやり合ったようですね。これまでは良くリベリーやロッベン、ヴィダルあたりが争っていたようですが、今度はこの二人ですか。

とは言ってもこのぐらいの言い争いはどこにでもありそうですが・・。

レヴァンドフスキ―は代理人を変えたことで移籍も噂されていますが、どうなるでしょうか。



[ 2018/03/01 05:57 ] バイエルン | TB(-) | CM(12)
レヴァはそろそろドイツを出る時期だと思います。もう若くはないしブンデスでは安泰のバイエルンにいてもモチベーションは上がらないのでは。
[ 2018/03/01 08:02 ] [ 編集 ]
フンメルスらしいと言ってしまえば語弊がありそうですが、勝利を渇望する選手と勝利に慣れてしまった選手の気持ちの差なんでしょうか。
タイトルが欲しいと移籍を決めた一人と自分の成功を模索する一人、どちらの気持ちも解らなくは無いです。
練習に集中しないとケガをするぞって言いたかったのだろうと類推しますが、つい余計な事も言ってしまったという感じではないでしょうか。
[ 2018/03/01 08:15 ] [ 編集 ]
レヴァンドフスキ試合見てても最近あんまりやる気ないですよね
点は取ってるけど内容は微妙な感じで…
レアル移籍したいからでしょうけど…
[ 2018/03/01 09:00 ] [ 編集 ]
声を荒らげれば喧嘩ですし、冷静に話し合えば表沙汰にならない事柄なんですがね
問題があるとすれば今後当人同士やチーム内にシコリが残るかどうかでしょうね
ちょっとした切っ掛けで何かが瓦解することはあり得ますからね
[ 2018/03/01 09:09 ] [ 編集 ]
良し、フンメルス、帰っておいで^^
いや・・・悲しいけどやっぱり今のドルには帰ってきてほしくないわ
[ 2018/03/01 11:14 ] [ 編集 ]
 これ自体は些細な事ですが、こうした事が記事になるのが良くない。ビッククラブにしてはバイエルンの情報管理は甘いね。
[ 2018/03/01 11:22 ] [ 編集 ]
自分のミスシーンでここまで堂々と他人の責任を追及できるってのはすごいな。
良くも悪くも日本人にはなかなか無いメンタルタフネス。
[ 2018/03/01 11:40 ] [ 編集 ]
ドルトムントにも欲しいね、ちゃんと注意できるひとが。
[ 2018/03/01 12:06 ] [ 編集 ]
そりゃオバというライバルもいなくなったリーグで楽しくもないでしょ。それもこれもドルがふがいないせい
[ 2018/03/01 13:04 ] [ 編集 ]
自分にはどっちも正当にみえる
[ 2018/03/01 17:33 ] [ 編集 ]
優勝も得点王も既にほぼ決まりだしレバはモチベが低下してるんやろな
ドルにっとってフンが抜けて痛かったのは技術的な事以上にリーダーシップだわな
この点はパパやシュメは代わりにならんわ
[ 2018/03/02 01:07 ] [ 編集 ]
これは普通
[ 2018/03/03 13:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。