ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「自惚れたドルトムントは罰せられるはめに!」対アウグスブルク戦!ドイツ紙試合評と採点!《ドイツの反応》



キッカー】


entry_img_2164.jpeg


・ドルトムント採点

ビュルキ 3

ピスチェク 4、ソクラティス 4、トプラク 3、シュメルツァー 3.5

ヴァイグル 4、カストロ 5

ロイス 3、ゲッツェ 4、シュルレ 4

バチュアイ 5


スポンサーリンク





アウグスブルク採点

ヒッツ 3

ダンソ 2.5、ケディーラ 3、ヒンターエッガー 3

フラムベルガー 4、マックス 3.5

モラヴェク 4、ク 3

シュミット 2.5、グレゴリッチュ 3.5、カイユービ 4



・審判 グレーフェ 2


良いパフォーマンス。57分のPエリア内でのソクラティスとクレゴリッチュの一対一、そして76分のソクラティスとダンソの一対一の場面でペナルティーキックを与えなかったのは正しかった。



試合採点 4.5

サッカーのための夜ではなかった。見どころもなく、見るのも苦しいぐらい。



試合評 

BVBは4つのポジションを入れ替えてきたが(ダフード、トルヤン、シャヒン、プリシチに変わってシュメルツァー、ヴァイグル、カストロ、ロイス)、はじめは計画通りだった。スピードを保ち、注意深く、523で守る相手に対してお手本のように先制した。

しかし、その後追加点を取ることをせず、最低限の仕事しかせずに、良く守り攻守の切り替えも良い対戦相手に、そのツケを支払う事となってしまった。

アウグスブルクがコーナーキックから同点に追いついたのは本当に相応しい。




まとめ

アウグスブルクは、自惚れたドルトムントを罰した。




マン・オブ・ザ・マッチ

アウグスブルが脅威になった時は、ヨナタン・シュミートがその要となっていた。







以上です。

キッカーはこれまで月曜と木曜の発売だったのですが、月曜日に試合が行われることで、キッカー月曜版のベストイレブンや採点が不完全なものになってしまいましたね。

というわけで木曜の今日に採点が出ましたので紹介しました。

管理人はキッカーは定期購読していますが、月曜版のキッカーの魅力はかなり減ってしまいましたね・・。







妥当ですね。
個人的にはダンソがMOMだと思いました。
それにしても、立て直してくれないと試合がつまらなくなって苦痛に感じてしまいます。
BVBファンなので見ないという選択肢がないだけに厳しく感じるこの頃です。
アキ何とかしてくれという想いです。
[ 2018/03/02 06:41 ] [ 編集 ]
ありがとうございました。
自惚れたBVDっておもしろい言い方ですね。得意げに相手陣内でボールをひたすら回して、BOX内に入り込まない戦い方…お役所仕事、自惚れたBVD、ドイツの方々はユーモアがありますね。
[ 2018/03/02 07:13 ] [ 編集 ]
月曜日の試合はやっぱりいろいろ影響あるんですねえ…
[ 2018/03/02 09:46 ] [ 編集 ]
しなかったのか、できなかったのか、この差は大きい。
しなかった疑問①、後半相手が前掛かりになった時に盛り返す事ができなかったのは何故?
余裕があるなら盛り返せたんじゃないの?

しなかった疑問②、余裕があるのに後半チームがバテバテだったのは何故?特にゲッツェ
ロイスがイライラしてたけど余裕だったんでしょ。何でイライラしてたの?

しなかったのか、できなかったのか、今後の為にしっかり検証した方がいいと思うんだよね。
[ 2018/03/02 11:20 ] [ 編集 ]
うぬぼれたって今のドルトムントにしっくりする言葉ですね。
[ 2018/03/02 12:04 ] [ 編集 ]
キッカー採点楽しみにしてる身なので月曜開催の困り事ですね。

採点は納得だけどフォメは4231と見てそうですね、両サイド4人とゲッツェの動きから442ベースの併用系と見てたんだけど・・・
システム、タスク評価点、試合批評、まとめを個人感想と比べるの楽しいですね。
違った視点を想像できて理解が深まる気がするよ。

代表試合とかの日本メディア採点はビルト同様の見ため印象ベースで悲しいね。
専門紙というより同様のタブロイド採点でしょうから仕方ないですが・・・
Jリーグ中心専門誌で定評メディアって展開できてるのか気になるね。
[ 2018/03/02 12:17 ] [ 編集 ]
自惚れてるのは地元紙もですね。
あんなに高評価のシュールレゲッツェが4ですからキッカーはちゃんと採点しているなと毎回思います。
地元紙こそ自分達のクラブに厳しい目をしっかりもって、しかりつけるくらいお尻を叩くような優しさをみせてもらいたいところです。
[ 2018/03/02 15:56 ] [ 編集 ]
フィリップや香川、ヤルモレンコのゴール数やアシスト数を見たら、シュールレやゲッツェは何も貢献していないですよ。
[ 2018/03/02 20:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。