ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「ドルトムントのプレースタイルに対する批判が大きくなる!」《ドイツの反応》




キッカー】

BVBのプレースタイルに対する批判、大きくなる



entry_img_2165.jpeg


ドルトムントにとって、次に対戦するライプツィヒは、過去を振り返ってみれば、靴に入った石ころよりも痛い。2017年10月14日に対戦したライプツィヒ戦で2:3と敗れたことにより、ドルトムントは下降線をたどり、その後7試合に渡って勝ち星がなかったのだ。そしてペーター・ボシュの解任へとつながった。

スポンサーリンク


ライプツィヒはフランクフルト、ナポリ、ケルンを相手に3連敗をしており、ちょっとした危機を匂わせている。しかしドルトムントの監督は、ライプツィヒが3連勝しようが、3連敗しようが関係ないと語る。“チームのクオリティーは変らないよ。僕は別に彼らが危機にあるとは思わない。”と彼は語ったが、彼によれば、ライプツィヒが“上位にいるのは当然”とのことだ。


シュテーガーは基本的にライプツィヒの攻撃を気に入っており、“非常に魅力的で、非常にたくさん攻撃をする”と述べている。これは月曜日に対戦し、スペースを与えなかったアウグスブルクとはまったく異なる。


“両チームとも勝利を目指して戦うだろう。より速く、スペースもあると思う。”と彼は見ている。


シュテーガーは次の試合では月曜の夜よりも、より多くのハングリー精神と勝利への欲求を望んでいるようだ。“目標に対する意思”が無くなってしまったと彼は感じており、次の試合では“魅力的で、興味深くさらに攻撃的で多くのゴール”を望んでいる。


しかしそれと同時に監督は“スイッチを押したようにすぐに変わる”わけではないという事も知っている。


そしてもっと“話し合いや、トレーニング、時間”が必要である、と補った。


しかし、よりによって時間が足りない。


シュテーガーは9試合で19ポイントを獲得しているにも関わらず、BVBのプレースタイルに対する批判は日に日に大きくなっている。


それに対してシュテーガーは“それでも、まあOKだと思えるぐらいの成長は見て取れるよ。”と自己弁護した。






以上です。

やはりドルトムントは内容が改善しないので、それに対するフラストレーションがかなり溜まっていますね。

シュテーガーになってからはリーガは負けておらず、失点も減っている点を考えれば、まあまあかと思いますが、やはりあの面子をみるとファンは攻撃に期待してしまいますね。

後半戦はぜひともライプツィヒに勝って、そこから上向きになってほしいですね。


[ 2018/03/02 12:17 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(14)
ライプツィヒは3連敗中で、現在6位なんですね。

ロイスは別格だから良いとして、90分戦えない選手を2人もスタメンに入れていたら、アウクスブルク(ホーム)にすら勝てないのだという事が分かりましたね。
監督に修正力があるのかどうか、しっかり見たいですね。
[ 2018/03/02 12:27 ] [ 編集 ]
フィリップ復帰
次節はフィリップとサンチョが復帰のようです。
前線はロイス以外、頼りにならないので、フィリップにはスタメンで出てゴールを仕留めてもらいたいですね。
[ 2018/03/02 12:30 ] [ 編集 ]
単純に今のメンツが弱すぎる。
今の結果は実力通りだと思います。
香川ゲレイロフィリップあたりが復帰すれば良くなると思いますよ。
それでも補強は必須ですね。サイドバックが弱点すぎる。
[ 2018/03/02 13:01 ] [ 編集 ]
 戦術的な問題もありますけど、もうちょっと両サイドの選手が柔軟に頭を使って欲しいんですよね。ロイスはいいんですけど他がね。
[ 2018/03/02 13:16 ] [ 編集 ]
変な話ですが、香川に対する批判でなくて良かった。かつてのワクワクするBVBはもう戻ってこないだろうから期待するだけつらい思いをするだろう。
[ 2018/03/02 13:46 ] [ 編集 ]
シュルレ、ゲッツェ、トプラクを使ってる限り改善なんてする訳ない
シュルレは89分居ても居なくても関係ないし、ゲッツェは左に寄って行って中盤で仕事できない
トプラクは後ろで適当にやってるだけで、フンメルスやバルトラの様に中盤にパスが出せない
ボスの時も停滞した原因が同じ選手達だし、シュメ見たいな奴ではなく、ケールやフンメルスといったリーダーが居ないとダメなんだろう
バチュアイ、ロイス、ヤルモレンコ(プリシッチ)、香川、カストロ(ダフード)、ヴァイグル、ゲレイロ、アカンジ、パパ、ピシュチェク、ビュルキってなるまでの辛抱
[ 2018/03/02 15:17 ] [ 編集 ]
今のバランスの悪い面子で内容を求めますかー。
選手名だけを見ればなかなか魅力的ですがプレー内容を見ればとてもそんな事が言える状況じゃない。
前と後ろ、中とサイドを繋ぐ選手もいなけりゃ、カバーもいない。どこへ行ってるんですかね。
[ 2018/03/02 17:09 ] [ 編集 ]
香川が戻ってバチュアイを使えるようになると、ファンはきっと手のひら返しますよ。
[ 2018/03/02 17:20 ] [ 編集 ]
香川とゲレイロが戻ってきたらこの二人がインサイドハーフ(状況によってはゲレイロが下がって香川がトップ下)、サイドにロイスとゲッツェという形を一度でいいから見てみたいです。
きっとドキドキするような連携が見れる気がするんですが・・・
[ 2018/03/02 17:34 ] [ 編集 ]
香川、ゲレイロ、ロイスがいれば問題ない
[ 2018/03/02 18:19 ] [ 編集 ]
17:34さん、同じくです。
[ 2018/03/02 18:47 ] [ 編集 ]
まあ正直トゥへルと比べるとシュテーガーのサッカーは深夜に起きて見るのはキツイのでドルトムントじゃなかったら絶対見てないです…
[ 2018/03/02 22:12 ] [ 編集 ]
シュテガーになってかなり守備は改善したと思います。トプラク等はボシュ時とは別人の様に安定して守備にビルドアップに貢献してます。
ただ、攻撃に関しては特に引かれた相手に対して、シュテガーにアイデアが無いように感じました。選手任せで香川要れば香川がなんとかしてましたけど…居ないと漠然とボール回してるだけでシュート迄いけない。
実際ケルン相手に引いてくるチームは無いでしょうから、経験値が無いのでしようね。逆にいつも攻めてくる相手と戦っていたので、ライプチヒ戦はシュテガーの戦術が光ると期待しましょう。
[ 2018/03/03 00:27 ] [ 編集 ]
個人的にシュテーガーのサッカーは好みだし内容に不満はない。
しかし、対戦予定や周囲の不満的には問題だね。
サンチョとフィリップが戻って、もう一段攻撃が良くならないとダメかも・・・。
逆境なのに希望もってるせいか意外にワクワクしてる自分にビックリ。

希望を持ってるかどうかって大事だね・・・。
自分トゥヘルの時は希望持てず観るの辛かったので、逆の人には同情しますよ。
[ 2018/03/03 05:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。