ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!シュテーガーの前にヒッツフェルトにオファーをしていた事が判明!《ドイツの反応》




ビルト】

BVB!ボシュの後継にヒッツフェルトにオファー!



entry_img_2167.jpeg

すでにビルトが報じていた事が、証明された!

オットマール・ヒッツフェルトは昨年末にドルトムントに戻って来ることができたかもしれないのだ。


スポンサーリンク


この監督レジェンドは“Sportbuzzer”の質問に対して、“接触はあったよ。”と答えたのだ。


しかし、“それについて深く考えることはなかった。私はもう監督はやらないと固く決心していたからね。それが例え8か月や3か月であったとしても。”


彼と共にリーグで2度優勝し、1997年にチャンピオンズリーグで優勝したクラブでさえ、ヒッツフェルトのカムバックを説得する事はできなかった。



ヒッツフェルト:“カムバックは一度たりとも考えたことはない。家族と共に過ごしたいし、常に勝利しなければいけないというプレッシャーやストレスを背負いたくないね。国内であろうが国外であろうが。”


ドルトムント幹部もすぐにヒッツフェルトをあきらめたようだ。


その代わりにボシュの後継者としてペーター・シュテーガーを獲得している。





以上です。

これはバイエルンがハインケスを呼ぶのに成功した事と関係があるのか気になるところですね。

ヒッツフェルトは90年代から2000年初めに活躍した選手からの評価が極めて高い監督ですね。

当ブログのコメントでも良く見られますが、やはり監督は大事ですね。

[ 2018/03/03 06:00 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(1)
まあ勝利や内容への要求は留まることがないので、一度降りてホッとすると再び意欲を持つのは難しいでしょう。
意欲だけは成功できなかった方が簡単かも知れないですね。

ハインケスは成功も満足も安心もしたでしょうに意欲継続できるの凄いですね。
[ 2018/03/03 14:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。