ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「ドルトムントは選手を売ってばかり!」ロッベン、BVBの補強政策に一言!《ドイツの反応》





西ドイツアルゲマイネ】


ボルシア・ドルトムント:“選手を売ってばかり!”ロッベン、BVBの補強政策に一言!



entry_img_2169.jpeg

バイエルンのストライカー、アリエン・ロッベンは34歳にも関わらず、いまだにブンデスリーガのトップ選手だ。

この選手は状態が良ければ、今でもチャンピオンズリーグでトップクラブを相手にし、決定的な場面を作る事ができる。

スポンサーリンク



そしてBVBも過去に、このオランダ人のクオリティーを目の当たりにすることになった。



ロッベンは“Sportbuzzerファントーク”でドルトムントの補強政策に関して言及している。


“彼はこれまでに常に新しい良い選手を獲得し、その選手たちを成長させてきた。もちろん彼らはこうした選手を常に売ってばかりだ。”



ドルトムントは何度も選手をミュンヘンに引き抜かれている。


2014年にはレヴァンドフスキーがバイエルンに、そしてマリオ・ゲッツェが2013年に、さらに2016年にはフンメルスがミュンヘンに行っている。


しかしロッベンにとっては、こうした事はドルトムントが良い仕事をしているという事でもあるようだ。

“でもこれは賛辞でもあるよ。ドルトムントでは選手が次なるステップを踏むことができるからね。”




これと同時に、ロッベンは、ドルトムントがトップスターにとって一時的なクラブでしかないことを告白している。


そしてドルトムントは今シーズンもその事を痛感する事となっていた。ウスマン・デンベレーに続いて、ピエール・エメリック・オバメヤンという二人の選手がBVBを去っている。







以上です。

まあこれは誰が見てもわかる事ですが、どうして選手を引きとどめることができないのでしょうか。

まあレアル、バルサ、バイエルンからオファーが来たら選手を引き留めるのは正直難しいでしょう。誰だって行きたいでしょうし。

最低でもバイエルンと毎年優勝争いができるような雰囲気を作らないと厳しいでしょうね。このチームだったらタイトル取れそうかも・・。というぐらいの雰囲気は欲しいところです。

最初から幹部があきらめているようでは難しいですね。



[ 2018/03/03 20:30 ] バイエルン | TB(-) | CM(25)
ビジネスでしょうね。サッカーなんてそこまではに好きじゃない、「会社」なんだと思います
ゲッツェは単に裏切っただけだったのであれですがレヴァンドフスキなんかは積み重ねがあれば引き留められたのではないかと思います。そうすればフンメルスもいたかも知れない。
連鎖的なものなんですよね。つまりこれは本質、体系、ドルトムント経営陣自身に問題があると思います
あれだけ大きな流れがきていてCL準優勝してそこで調子にのってしまった
育てて売れば金も名誉も手にはいると思った。アヤックス見ればどうなるかわかるでしょうに
[ 2018/03/03 21:11 ] [ 編集 ]
誰がなんと言おうとも、私はドルトムントというクラブが、ヴァツケやツォルクや黄色い壁の熱いサポーター達が大好きです。
香川がきっかけでしたが、今は関係なくその立ち位置含め愛するクラブです。 

でも、香川にはもっと上のクラブに行って活躍して欲しい。そういう能力が彼には有ると思うし、この先何年も日本人でそういう選手が手てくるとは思えないから。彼はずっとスベインに憧れていたから、その夢を叶えて欲しい。
[ 2018/03/03 21:12 ] [ 編集 ]
管理人様 いつも ありがとうございます。
ホントそこですよ❗
幹部の目標が低い❗
ヴァツケ自身が「目標はCL圏内」と公言するくらいですから。タイトルを何としてでも獲るんだという気持ちのないチームにサッカー人生すべてを捧げる気持ちにはなれませんよね。
サッカー選手としての人生は とても短いですし、成長出来れば さっさとタイトルが獲れる所へ行きたいのが当たり前ですね。
[ 2018/03/03 21:15 ] [ 編集 ]
管理人さんの仰る通りです。
優勝を目指さないクラブに選手が魅力を感じるとは思えませんね。
プレーに課題がある選手にはいいかも知れませんが、上を目指したい選手には物足りないでしょうね。
自らビッグクラブへの途を閉ざしているようにも感じます。
[ 2018/03/03 21:17 ] [ 編集 ]
なかなかに面白い記事ですね。
「何故引きとどめることができないか?」に触れてないのが好みです。

まあガス抜きは大事です。

「どうして選手をとどめれないか?」はカンタンなようで難しいですね。
一言でなら魅力が大事だけど、資金力、人気、実力、実績と細かくは色々です。
全てがあると思えるメガクラブだって、ネイマールのような事も少ないけどある。
資金だって万能じゃないし実力や気概も同じこと。
ギンターやベンダーは出場機会が望みで資金や気概じゃ無理と思えますから・・・
[ 2018/03/03 21:38 ] [ 編集 ]
幹部が優勝を諦めているようではこの現状は変わりませんよね

香川がセレッソから移籍した時にドルトムントを知り、好きになりました
ドルトムントは選手の差別や派閥があまりなく和気あいあいとしていて、悪質なファールもせず、なにより楽しそうにサッカーをするチームだと思います

攻撃的でスピーディなドルトムントは昔ほど見られなくなりましたが
それでも大きな魅力のあるクラブだと思います

またリーグ優勝してほしいですね
[ 2018/03/03 21:43 ] [ 編集 ]
単純に言えば選手が残らないのは待遇の不満だよね。

それが生まれる要因としては、チームは明らかに若手偏重で育成重視という点。それはデータ的にも欧州トップクラブでこれだけ若手偏重のチームが殆ど無いという事が示してる。

加えればこれはリーグの問題でもあり、優勝を捨てても、収益的に最大目標と言えるCL出場ができてしまう。他のリーグでは優勝狙わないチームが出れるなんてまぁ無いよね。リーガもあるけどあちらはCL二枠は埋まるので枠が少ないし競争はやはり激しいよ。
[ 2018/03/03 21:55 ] [ 編集 ]
幹部がやる気ないから、チームもその程度でバランスが良いと思いますよ。
中途半端な補強して中途半端な監督を何期も雇ってたから、それなりの都合のいいチームになったじゃないですか?何の不満もありませんよドルには、その程度なんだから、逆に優勝してたシーズンが奇跡なだけで、以降は敗北主義者のやり方ですよね。
[ 2018/03/03 21:57 ] [ 編集 ]
バイエルンの自己資本は4億ユーロくらいじゃなかったか?ドルは1億くらい?これじゃ当面選手の売り買いシコシコやって国内カップ戦狙うとか 地道にCLベスト8くらい狙うしかないわな。
もっとも中堅どころの買い物は当たりハズレに差がありすぎるように見えるからうまくやって欲しい。
[ 2018/03/03 22:12 ] [ 編集 ]
アトレティコマドリードやナポリが羨ましいです。
ワールドクラスが残りたいと思わせられないクラブなのは確かですね。
[ 2018/03/03 22:16 ] [ 編集 ]
次はプリシッチとロイスが話題になってますからね。
自ら勝者のメンタリティーを捨ててCL圏内を目標にしてしまってるし。最近は試合を見てても面白くないっていう。。
[ 2018/03/03 22:48 ] [ 編集 ]
はぁ
なんでバイエルンの選手が分かってて当のドルトのお偉いさん達が分からないのか
管理人の言う通り魅力的なクラブにしないといい監督も選手も来ませんよ
[ 2018/03/04 00:26 ] [ 編集 ]
組織はトップ次第。ですから管理人さんの言うとおり。経営陣が交代しないと先が無い。
[ 2018/03/04 00:47 ] [ 編集 ]
上場企業だからね、しょうがないよ
[ 2018/03/04 01:40 ] [ 編集 ]
クラブ側が選手をあまり引き止める気がないですね。
母親のような視点です。
でもそろそろ、腰を据えて長期に渡り君臨できる戦術、選手を持ってもいいのではないかと思います。
[ 2018/03/04 02:18 ] [ 編集 ]
ドルトムントは魅力的なクラブですよ
右肩上がりのクラブ会員数が証明してます

サポーターが満足してるみたいなのでフロントの考えはこれからも変わらないでしょう
元々選手は育てて売る方針ですからロッベンのコメントは今更ですしね
[ 2018/03/04 02:19 ] [ 編集 ]
選手を育てて売って、ガッツリ儲けるのはめっちゃ凄いのにその金をドブに捨てまくるのも凄い(笑)
[ 2018/03/04 03:33 ] [ 編集 ]
負債を返し終わったら、いきなり金持ちになったので
お金の使い方が解らなくなってる感じでしょうか
ドイツ人選手との年俸差が他国出身選手から見れば許し難いとか
CEOの口が軽いのもなんだかなあと思います
[ 2018/03/04 04:46 ] [ 編集 ]
そもそも選手達がドルトムントを最終ゴールとして考えていないんじゃないですか。クラブもクロップも最初は夢を持っていたけど諦めて方向転換したんじゃないかという気もするんですけどね。
[ 2018/03/04 08:42 ] [ 編集 ]
レアル、バルサ、バイエルンだけじゃなくてプレミアの上位からも簡単に引き抜かれてるから…
選手にとってドルトムントはステップアップの為のクラブなんでしょうね
[ 2018/03/04 10:56 ] [ 編集 ]
 
年俸10億円以上の選手をロイス以外に抱えるのが嫌なのか
活躍した選手に魅力的なオファーがくれば
売っぱらうというスタイルなのは今後も変わらない。
ロイスに関しては新しい契約を用意してるみたいだがどうなることやら。

ドルの中じゃゲッツェの8億や香川の6億5千万も高給取りには違いないし
プレミアやリーガの上位みたいに10億超だして選手を引き止めれるクラブは羨ましい。
[ 2018/03/04 14:27 ] [ 編集 ]
香川選手が新たな挑戦を決めて引き留められたら?
[ 2018/03/04 14:39 ] [ 編集 ]
>単純に言えば選手が残らないのは待遇の不満だよね。
確かに、待遇、環境への色々な不満が理由だね。
問題を単純化して安直に「魅力がない」と断ずるのが好まれてないかな?

BVBの場合は若手偏重、育成重視で、中堅選手の不満の種になってそうだね。
しかし、満足する環境を作るには経済基盤は必須条件。
「CL権は最低限必須」なのが経済基板の現実だよ。

現実直視し先を見据え結果を堅実に積み重ねようとする姿勢はドイツっぽくて好ましいけどねぇ。
「リーグ優勝」も無茶な目標でもないし、言葉にして欲しいのは判るけど・・・
[ 2018/03/04 18:29 ] [ 編集 ]
 BVBだってBVBよりも予算の小さいクラブから引き抜いている。そしてBVBは自身よりも予算の大きなクラブに引き抜かれる。普通の事です。
 ロッベンはおつむがアレなのでこんな当たり前が分からないのでしょうが、ラームなら絶対にこんな事は言わないね。
[ 2018/03/04 19:40 ] [ 編集 ]
ロッベン△
最近のドルトムントはレアルバルサバイエルン以下のクラブにも選手売っちゃってますし、それにCL優勝出来ないのであればバイエルンだけには選手を売っちゃいけないと思います
バルサやアトレティコだって滅多にレアルへ選手は売りませんしセリエやプレミア上位もユーベやチェルシーマンユには殆ど売りません
もちろん資金力などの差はあるでしょうが良い加減ドルトムントは自分たちがブンデス内で優勝を争うレベルにありCLでも優勝を目指すべき位置にいなければならないクラブだと自覚するべきだと思います
でなければブンデスは他リーグとのポイント差をつけられて4大リーグからも落ちてしまいかねません
[ 2018/03/05 17:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。