ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》シャルケ戦でファンがライターを投げ込み助監督が負傷!スキャンダルに発展

先週のシャルケ戦で観客席からライターが投げ込まれ、シャルケの助監督が頭部を負傷するという事件がありました。写真には頭部にぶつかったジッポーが壊れてしまった様子が写っており、相当な勢いがあったと見られています。

シャルケ側はいま犯人を探しているところですが、結構な騒ぎとなっておりましたのでその記事を紹介します。紹介するのは本日のビルトです。




2014121521560379f.jpg

シャルケ戦でのライター・スキャンダル


ジッポーを投げ込んだ本人は自首するだろうか?


シャルケでライター・スキャンダルが起きている!


ケルン戦(1:2)のアディショナルタイム中に起こったこのシーンは全てのものにショックを与えた。

シャルケのキーパー、フェアマンとケルンのブレーカーが衝突した後で、トレーナーのベンチ前で一騒動になった時、突然金属製のライター(ジッポー、70g)が投げ込まれシャルケの助監督スヴェン・フィプシァーの頭にものすごい勢いで直撃した。

このシャルケの巨人は(192センチ95キロ)倒れこんだ。多くの出血をともなった裂傷は控室で3針も縫われなければならなかった。
2014121521560472c.jpg


シャルケのマネージャーであるホルスト・ヘルトは呆然自失となり、“こんなことはあってはならない、命の危険に関わる事だ。ものすごいひどい話だ!我々は犯人を探すために全力で取り組むだろう。”と語った。

フィプシァーと警察は危険な傷害事件として被害届けを出した。そしてシャルケはすでに犯人の後を追っている。

昨日よりクラブにはテレビ局からライターが投げ込まれたとみられるC2ブロック(52ユーロ)周辺の有益なビデオが集められた。

警備主任のフォルカー・フィルデラーがビルトに語った所によると“我々は犯人を見つける事ができると確信している。我々は彼に自ら名乗るように助言するよ。”

今日シャルケはスタジアムにある127つのカメラの全てを分析する。いずれにせよ警察と警備係は問題の起こったエリア内(北側のシャルケブロック)を継続的に分析している。会場整理係はできるだけ多くの証人を探している。もしかしたらこの犯人はフィプシァーではなくて本当はケルンの選手を目掛けて投げたのかもしれない。


ケルンのトレーナー、ペーター・シュテーガーはビルトに対して“当然我々に起こっていた可能性もある。この人間は本当に阿呆だ!私は早く犯人を捕まえて、この犯人が二度とスタジアムに入れない事を願っているよ。”

スポンサーリンク


ドイツ人の反応

201412152156050e8.jpg

・こうしたファンがいることは悲しい。

・なんて恥なんだ。

・おそらく相当確実な証拠があるんだろうね。自首しろなんて言うからには。

・彼は高い授業料を払うことになりそうだな。

・これがケルンの選手をめがけて投げたからって何か変わるかい?そうならないと思うけど。僕も彼が自ら名乗りを上げる事を勧めるよ。

・これはサッカーを暴力なしに見たいファンにとっては非常に恥さらしな出来事だ。

・僕はこの席が高い事を考えると、これはファンではなくて、金持ちのしわざだと思う!!

・少なくとも5,6人は見ただろうね。僕は彼らが隠すことが理解できない。

・信じられない。僕もこの犯人の周りの奴らが犯人を捕まえなかった事が信じられない。この周りの連中ももっとひどい阿呆な連中に違いない。

・僕がやったんだ・・・。やらなければならなかったんだ・・・。





以上です。

記事ではシャルケファンがケルンの選手をめがけて投げたれど、シャルケの助監督にあたってしまったと考えているようですが、ファンの見方は少し違っているようです。なによりも53ユーロのチケットは毎回見に行くようなファンには高い値段なので、違うのではないか、という意見のようですね。

いずれにせよ、写真をみたら結構ショックを受けました。助監督に当ったわけですが、選手に当たる可能性だってあったわけですし、どこまで警備を強化するかがまた議論されることになりそうですね。

今後どういう展開を見せるか注目していきたいと思います。



【おまけ 今日のドイツ】

2014121522442915e.jpg

20141215224430af5.jpg

ドレスデンのクリスマス・マーケット 中世の街
楽器の演奏 ノリの良いダンス・ミュージックを演奏していました。
前回ご紹介したグリューワインのカップは下の写真のバーでゲットしました。
[ 2014/12/16 06:00 ] シャルケ04 | TB(-) | CM(4)
No title
これには自分も(自称)スポーツマンとして腹が立ちますね。プレイヤーならびにスタッフは正々堂々とフィールドで戦っていると思います。見る側であるサポータもエキサイトする気持ちはわかるが人に八つ当たりしてはダメ。一発退場(レッドカード)どころか永久追放でしょ。でも行った行為を反省し早く自首して欲しいですし、謝って欲しいですね。また、一生逃げて生活する羽目になりかねませんので、後悔する前にきちんと陳謝することを願います。当たった助監督も早く良くなって欲しいですね。
[ 2014/12/16 07:20 ] [ 編集 ]
No title
私も自称スポーツマンなので試合場に物を投げ込む行為ってのは理解出来ません。
もうちょっと関係者やグラウンドってものに敬意持てないもんですかね。
[ 2014/12/16 07:44 ] [ 編集 ]
映像見たけど当たった瞬間煙みたいなのあがるほどすごい勢いで、落ちたライターはひしゃげて分解していた
もし目に当たっていたら更に酷いことになっていただろう
犯人はあそこまで酷い怪我を負うことを想定出来なかったんだろうけど、やったことの責任をとるべきだ
[ 2014/12/16 08:21 ] [ 編集 ]
No title
プレミアリーグでも、リオ・ファーディナントにゴムで飛ばしたコインを当てて負傷させた事件がありましたね。
アフリカでは投擲物で選手が死亡した事件がありました。

サッカー観戦は熱くなりますが、時にそれが誤った方角へ行ってしまうのでしょう。残念ですね。
[ 2014/12/16 11:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。