ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川不在ドルトムント!ライプツィヒとも引き分け!!選手採点と寸評!《ドイツの反応》




レヴィーア・スポーツ】


entry_Img_2170.jpeg



ビュルキ 3
失点は彼の責任ではない。それ以外は良く注意していた。9分のヴェルナーのシュートに対する反応は特に良かった。それ以外はあまり出番なし。



ピスチェク 4-
この右サイドバックはヴェルナーに苦労した。攻撃でもあまり成果なし。



アカンジ 4
注意深く一対一も力強かった。しかし壊滅的なミスが2回あった。最初は彼のパスがヴェルナーに渡ってしまった事。そして21分にヴェルナーに取られてしまった事だ。


スポンサーリンク




トプラク 2-
失点の場面ではオグスタンにやれててしまったが、責任はもっと前線にあり。組み立てで頑張っていたが、パスを出せるところが少なかった。ライプツィヒのプレスが原因だ。



シュメルツァー 3-
攻撃は良かったが、素早いライプツィヒに対して守備で苦労した。



ヴァイグル 4
今日は彼の日ではなかった。パスは目的に届かず、ロングパスでそれが目立った。ライプツィヒのカウンターでは彼にスピードがない事が目立った。後半は少し良くなった。



ダフード 2-
長い間上手く行かなかったが、ドルトムントで予想外な瞬間を作ろうとした。38分のロイスへの縦パスは素晴らしかった。その後も力強いドリブルでバチュアイのチャンスを作っている。しかし後半は目立たなくなった。



ロイス 2-
彼は何度もライプツィヒの脅威となっていた。しかしオフサイドに苦しんだ。38分には完璧なタイミングで飛び出し、ゴールキーパーをかわして同点ゴール。



ゲッツェ 4
いつものように良く走っていたが、輝かしい瞬間がなかった。そして試合の大部分は彼なしで行われた。それでも時々ロイスと良い連携。



シュルレ 4
彼のミスが失点につながった。攻撃でも運がなかったが、疲れを知らない動きを見せた。



バチュアイ 3-
アウグスブルク戦よりは明らかに良く試合に関与していた。10分にはグラシに止められる。シュルレとロイスに見ごたえのあるヒールパス。63分のダフードからのパスはフリーだったが決められず。






以上です。

最近試合が見れない日々が続いています・・。今日も勝つことが出来ず、なんとシャルケに抜かれてしまいました・・・。

もうそろそろアイデア切れですかね・・。これから前半戦で勝てなかった相手が続くのではやく香川選手に戻ってきてほしいです。

香川が休んでいる間、チームはロイスの3得点のみ
ここ3試合中、チームの得点はたったの3点。
しかもその得点は、3連続すべてマルコ・ロイス。
いったい他の前線の選手は何をやっているのでしょうかね。
彼がいなけりゃ、チームは3連敗だったということですよ。
[ 2018/03/04 06:55 ] [ 編集 ]
ロイスが格の違いを見せている以上、前線の選手の情けなさは言い訳できないレベルだ。

香川真司には早く戻って来てもらいたい。
[ 2018/03/04 06:59 ] [ 編集 ]
1-1だったけど前のゲームより良かった。
中盤でガチンコのボールの取り合いで、基礎的なプレーをミスると点に結びついて緊張感あった。ボール取られたシュールレもボールウォッチングしたカンプルもほんの一瞬のスキの突かれた感じだったな。
次は今日の相手のセカンドチームみたいなもんだから同じ様に緊張感持ってやってもらいたいですね。
[ 2018/03/04 07:17 ] [ 編集 ]
前半よし、後半はダレてたな
ロイスのゴールはオフか
ゲッツェは使うならサイドだな、使うなら
[ 2018/03/04 08:17 ] [ 編集 ]
後半だけ見れたけどドルトムントは後半シュートほぼゼロだった
相手も同じようなものでしたけど
ダフード>バチュアイのフリーのパスと書かれてるプレーも、スローで見る限りバチュの前ではなく後ろにボールが来てるのでトラップできたとしてもシュートまで持っていけたかどうかというものでフリーというのは嘘ですね
交代で入ったフィリップが殆ど画面に映ることはなかったのが・・・
[ 2018/03/04 08:20 ] [ 編集 ]
3連敗中の6位相手に不甲斐ないドロー。
別格のロイスとダフードのおかげで、何とか敗戦を逃れたと言って良い。

今更言うまでもないが、フィリップ、プリシッチ>>>シュールレ、ゲッツェなのは明白だろう。
ロイスを除いて、世界ランク1位の代表選手だとはとても思えず、失望を禁じ得ない。
そろそろ怪我人も戻ってくるし、スタメンは入れ替えるべきだ。

改めて「良かった」「惜しかった」で試合には勝てないということ。

積み重ねたスコアポイントは裏切らない。

[ 2018/03/04 08:47 ] [ 編集 ]
もう明確にトップ下はゲッツェから香川に入れ替えるべきですね。
はっきり言って2016年の復帰以降、何も貢献していませんよ。
ゴールもアシスト数も、どうやったって香川には勝てないでしょう。
シュールレも同じくフィリップの確実性には勝てないでしょうね。
[ 2018/03/04 09:01 ] [ 編集 ]
ライプツィヒ明らかに調子悪かったので勝って欲しかった。
前半はバチュアイのポストプレーを生かしましたが、相手のラインが高いとは言えオフサイド引っかかり過ぎ。まともに裏抜け出来るのロイスだけでしたね。
ダフードが攻守に効いてたので、このままWボランチの一角で結果残せれば香川が復帰した時に二列目で使って貰えることが増えるかも知れませんね。
[ 2018/03/04 09:05 ] [ 編集 ]
前半戦は久々に良かったんじゃないでしょうか。
前線から中盤での激しい攻めぎ合いに果敢にチャレンジしていたと思います。
BVBの得点シーンはオフサイドでしたが、その前数回との合わせ技で線審が旗を挙げ辛かったのでしょう、幸運な得点となりましたね。
ただ、体力が落ちた後半の失速はダメですね。
ここ数試合と全く同じ展開に何の策も弄してないのはチームが成長してない証拠です。
ベンチ含め何かしらの意図を感じたかった。
案の定、疲れたロイスを下げたら全く太刀打ち出来なくなりましたね。
失点は時間の問題かと思われましたが良く踏ん張りました。
後半、せめてもの救いだっんじゃないでしょうか。
[ 2018/03/04 10:06 ] [ 編集 ]
ライプツィヒは今調子良くないチームですよね…前節、調子がいいとはいえケルンに負けてました。なので絶対勝って欲しかった。最近得にモヤモヤしています。ほんとに中堅クラブになってしまう…
[ 2018/03/04 10:23 ] [ 編集 ]
ほんとロイスが別格だった。
ロイスを中心としてシュールレ、ゲッツェ、バチュアイあたりで良い連携が見られた場面が何度かあったので、そこが収穫かな。ロイスの復帰でここまで変わるのかと。
それでも、勝ちきれないのはアイデアで違いを作ることのできる選手が少ないからなのかな。ダフートも、アシストは目が覚めるようなパスだったが、他のプレーではちょっとどうなの?っていうパスも多かった。もちろん成長途上の選手だってことは加味すべきだけど、ここに広い視野とアイデアと展開力で違いを作れる香川の必要性を感じてしまった。
あと、中盤で潰し屋タイプの選手がいないのも痛いのかな。ベンダーは必要だったよ。この試合では中盤の競り合いで負けてた印象が強いので。試合全体としては、両チームともに攻撃的で、面白かったかな。
[ 2018/03/04 10:59 ] [ 編集 ]
W杯イヤーという事もあって前線はこのままバチュアイ+ドイツ3人組を使い続けて行くんでしょうか?
そうなると香川はボランチということになるけれど、それだと香川が入った効果が半減してしまうと思うんですよね。
香川が復帰したら今のゲッツェの位置でぜひ使ってほしい!
ロイス、シュールレ、ゲッツェはプライベートでは仲が良いのかもしれないけれどプレーの相性の良さというものはあまり感じられません。
直線的に縦に速いだけで捻りがないからチャンスらしいチャンスは作れてないですよね。
ロイスと近い位置で香川の閃きを使えばもう少し色んな形が作れると思います。
ただ香川が怪我してしまった試合(ハンブルガー戦)でシュテーガーは香川をボランチ起用してたから香川トップ下はもうないのかなぁ?…
香川ボランチも悪くはないというか、他の中盤の選手がやるよりは良いとは思うけど
香川の能力を最も発揮できるのはもう少し前目だと思うので。またロイスやゲレイロとの連係が見たいです。
[ 2018/03/04 11:16 ] [ 編集 ]
シュールレロストだらけ、ゲッツェが終始空気で実質バチュアイとロイスだけの前線じゃ得点取れないですね。香川の復帰と人選、配置の変更が待たれます
[ 2018/03/04 11:47 ] [ 編集 ]
しばらくロイスをトップ下で使うのかな?と思ってたんだけど、とてもそんな余裕はないってすぐにロイスをSHで使うようになったけど、流石としか言い様がない。

ロイス以外の攻撃陣はちょっとなぁ。まあ、仕方が無いとは思うけど。香川はいつ戻れるんだ。

ディフェンスは頑張った。特にダブルボランチが良かった。ヴァイグルの採点が低いけど、ヴァイグルがいなかったら引き分けにできなかった。シャヒンのことは好きだけど最近は展開の速さについていけない感じになっちゃってるから。
[ 2018/03/04 13:16 ] [ 編集 ]
ゲッツェ選手に頑張って欲しいと思っていましたがどうしても調子が上がらないのが辛いです。
やはり良くない選手から交代させられるのは常なので途中交代でしたし。
試合を作る選手がいない感じで縦ポンばかりで相手に簡単にボールをあげてしまっていたのもきつかったです。
まともに通用する選手がロイス選手しかいない現状が。。。
怪我人の中心選手達に早く戻ってきてもらいたいです。。。
[ 2018/03/04 13:27 ] [ 編集 ]
試合見れないって辛いですね。
今のシャルケは実はかなり強くて順位抜かれる筆頭候補・・・
しかし天地逆転しようともシャルケに上回られたくはないね。

良い試合だったけど、やはり攻撃改善が一歩届かずでした。
そろそろゲッツェとピシュチェクに連戦疲れが見え始めてるね。
ダフードが今回の出来なら、素直にゲッツェのところに香川が期待できる。
1点続きだがフィリップも戻り攻撃陣は好転要素も少なくない。

アイデア切れってシュテーガーの戦術の事かな?
人が戻れば限られた状態が緩和するので楽観視してて良いんじゃないかな。
人材状態に難がある部分は相変わらず苦しいけどずっと補えてるのだし・・・。
[ 2018/03/04 13:44 ] [ 編集 ]
トゥヘルが何故使わなかったのかってのがなんとなーくわかるようなわからないようなそんな感じですなあ。
[ 2018/03/04 20:28 ] [ 編集 ]
20:28さん
ペップ・グアルディオラとトゥヘル、二人の名将が使わなかったのに理由がないわけはありませんよ。

現時点でそれがなんとなくわかるくらいの出来かと思います。
しかしながら、ドルトムントサポーターは昔を知っているので諦めきれないんです。
どうしても昔の彼を思い出してしまうんですよね。

もう少し応援したいですね。
[ 2018/03/04 22:46 ] [ 編集 ]
ゲッツェは連戦の疲れもあるんだろうけど、攻から守の切り替え遅いし、守備のインテンシティー低いなどやっぱりまだコンディション悪いと思いますね。
香川が復帰したらサイドのスーパーサブなどで使ってあげる方が今のゲッツェの為にもいい気がします。
[ 2018/03/04 23:55 ] [ 編集 ]
この採点を見て、ドイツ代表3人組をやたらと絶賛して、3人を纏めているのは日本メディアだとわかりました。DAZNで試合見てますが、毎回ドイツ代表組絶賛、ゲッツェ絶賛、シュールレ絶賛ですよ。
アナウンサーは香川戻ったらどうなるんでしょうね?とか…ゲッツェと交換だろって思いますが。自分たちで日本人はドイツ代表に勝てないと思っているのでしょうね。
[ 2018/03/05 08:20 ] [ 編集 ]
03/05 08:20さん

いいえ、地元紙のWAZはゲッツェとシュールレに「3」を付けていたので、依然として評価は高いでしょう。
(私はこの2人を評価していませんが)
日本メディアなりDAZNは、そういった外国や現地の評価を受けて、その論調に乗っかって紹介しているだけですよ。
[ 2018/03/05 16:41 ] [ 編集 ]
申し訳ありません、追加で。

そして日本の各ネットメディアは、後日に発表されるキッカーの採点は取り上げませんので。
各メディアが取り上げるのは試合直後に出されるルールナハリヒテンやWAZのみです。
なので香川に対しては厳しい採点やタイトルが並びますし、ドイツ代表に対しては言わずもがなですね。
[ 2018/03/05 16:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。