ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドルトムントのデンベレが活躍できない理由!《ドイツの反応》




スポーツビルト】

フル出場は1試合

だからデンベレーはバルサでまだ活躍できない!



entry_img_2172.jpeg


バルセロナにとって、ウスマン・デンベレーは最大で148ミリオンユーロもかかっている。しかしバルセロナは、まだこの金額に見合った見返りを得ていない。この元ドルトムントの選手は、その期待から大きくかけ離れている。スポーツビルトがその原因を説明する。

スポンサーリンク





負傷しやすい

デンベレーは9月に太ももの肉離れを起こし、107日間離脱した。その2週間後に再び負傷だ。その負傷では26日間の離脱で済んだ。これによって、このスーパーテクニカ―は27試合を逃している。これによってリズムをつかめていない。デンベレーはこの前の試合でようやく90分以上プレーし、1アシストを決めている。これまでこのフランス人は公式戦で380分間しかプレーしていない(0ゴール4アシスト)。



態度に問題

彼のトレーニングにかける熱心さはまだまだのようだ。彼は、夏にドルトムントでストライキを起こし移籍を強行したが、フィットネス状態が悪いままバルセロナにやってきた。彼は未だにそれを改善できておらず、それが負傷につながっている。例えば、デンベレ―は暑すぎるという理由から、ジョギングトレーニングなどを少なくていているようだ。



ファストフード

このサイドアタッカーは、こってりした食事が好きなようだ。これはバルサの好みではない。デンベレーは、クラブでガスボンベを注文したようだが、どうやらそれはバーベキューのためらしい。バルサはそれを拒否し、その代わりに彼のために健康な食事を作るコックを雇ったようだ。そして彼はトレーニング後にその食事を食べるべきだとされていた。さらにクラブの医者と理学療法士なども、デンベレーを健康にしようとの家を訪れたようだ。それに加えて、クラブはボディーガードも雇っている。



パーティー

パーティーをはしごした事が最近話題となっている。すでに“マルカ”が取り上げているが、ジローナ戦の後で、彼は36時間の自由時間をパリとモロッコで満喫するために、プライベートジェットで飛んでいる。彼は夜中の2時までディスコでパーティーするために4355キロも飛んだようだ。彼は火曜日の午前中にはバルサに戻ってきたが、きちんと到着したわけではない。






以上です。

最近デンベレーの行動が結構話題になっていますね。ファストフード大好きでクラブが料理人を雇ってくれるというのは、なんともうらやましい限りですが、食事の好みまでは変らないでしょうね。





[ 2018/03/05 12:30 ] 元BVB選手 | TB(-) | CM(20)
コウチーニョは素晴らしいですが、やはりデンべレはバルサには合わないと思いますね。
来季、グリーズマンが来たらどうなるでしょう。
[ 2018/03/05 12:58 ] [ 編集 ]
ホント、羨ましいですねw
もう嫌味とかじゃなくて、なんか純粋に羨ましいって思っちゃいました
[ 2018/03/05 12:59 ] [ 編集 ]
ドルトムントではレアル、バイエルン相手にも通用してたし使い方次第だと思います。
[ 2018/03/05 13:36 ] [ 編集 ]
テクニカルにいってクラブと合ってない。
引いたとこからプレスをかいくぐってゴール前に迫っていく能力はスゴいんだけど、そこから先は途端におかしくなる。小回り効かないから狭いとこで生きない。
バルサのサッカーは小回りの効くどころか上手なのが前提。あの大型で動きが遅い様に見えるブスケツでもここのところは異常に速いし、上手い。
生き残っていくにはここのところなんとかしないと意外に早い時期に転売になるかもね?いっそのこと守備的なポジョンで汗かきやらすのもいいと思うけど、これはこれで体力必要だし献身性も求められる。ファーストフードやパーティー好きじゃな。勘違いしてんだろね。
[ 2018/03/05 15:36 ] [ 編集 ]
バルセロナって随分過保護なんですね、びっくり。お高いペットみたい。
[ 2018/03/05 16:11 ] [ 編集 ]
若いからまだいいけど、少し忍耐力が足りないのかな・・・
大金に満足して自分の仕事をおろそかにして下降線を辿っていかないよう・・・
[ 2018/03/05 16:13 ] [ 編集 ]
前のデンベレの記事で、バルサは若いデンベレをドルトムントに代わって育ててくれる事に期待したいと書いた者です。
本当にそうなっていて嬉しいです。ドルトムントではこのような性格では、直ぐ見限られて批判の対象にしかなりませんが、バルサは少し余裕が有るのでじっくり矯正してくれる事に期待。個人的にデンベレのブレーが好きなので、しっかり身体造って、練習に励み驚く様なプレーをしてくれる日が来る事を願ってます。
[ 2018/03/05 16:20 ] [ 編集 ]
このままだと完全にlose-loseですね、どこにも益がない。
悪意あっての結果じゃないだろうから色々と質が悪い状態。

幼さや愚かさは悪い事ではないのですが怖い事です。
怖れゆえの利口さは好ましくない事ですから難しいね。
[ 2018/03/05 16:27 ] [ 編集 ]
マジレスするとそのレベルじゃないからだよ
1シーズンだけ上手くいったからってワールドクラスの活躍期待出来るほどビッグクラブは甘いもんじゃない
[ 2018/03/05 16:31 ] [ 編集 ]
「使い方」ではなく、デンベレがバルセロナに合わせられなけりゃ、お払い箱になるだけです。
バルセロナとはそういうクラブなのです。
[ 2018/03/05 16:51 ] [ 編集 ]
若いうちからワガママ一杯で大金までせしめたんだから停滞するかもしれませんね
見込み無いのに数字だけ残すとバルセロナはドルトムントにボーナス払わないとならんですし、夏にはレンタルか放出って可能性もありますね
[ 2018/03/05 17:07 ] [ 編集 ]
そもそもバルセロナが選手を育てるなんて疑問です。ユース育ちの選手がAチームに何人残れるでしょうか。育成は上手くても育てた選手をAチームで使えない。それがバルセロナ。
Aチームで育てて一人前にしてこそ育てたと言えるではないでしょうか。
[ 2018/03/05 17:50 ] [ 編集 ]
デンベレみたいなのがドルなら見限られ批判の対象になるのは性格ではなくレベルの問題ですから
バルサはデンベレが上手くいかなくても直ぐ代えられるだけのメンバーがいる常勝軍団ですから余裕持って育成出来ますし
一方CL優勝回数1回のドルはバルサと比べれば実力的にも資金力的にも台頭してきたばかりの振興クラブですから
かといってリーグ二番手まで来た以上ドルはいつまでも若手育成にだけ時間をかけてタイトル獲得を妥協し続けるわけにもいきませんからね
もともとデンベレはこのくらいのものだと思いますしバルサが数年でどこまで仕上げられるのか見ものです
[ 2018/03/05 18:02 ] [ 編集 ]
まあ大成しないでしょうね。昔は少々乱れた生活をしていても才能で活躍出来た時代もありましたが現代サッカーは節制しないと身体がついて行かないと思いますよ。
[ 2018/03/05 18:33 ] [ 編集 ]
なんかデンベレが失敗するのを期待している方々が多くて驚きです。彼に大金払って引き抜き矯正しようとしているのは、バルセロナですよ。
ドルトムントとしても、デンベレが成功するとボーナス増えますし、何よりあんなにワクワクする選手は滅多に会えません。
怪我明けで、しかもも自堕落な生活して練習も手抜きな、たった20歳の選手なのに、380分で4アシストなんて、ゲッツェやシュールレには出来ない数字。
[ 2018/03/05 21:47 ] [ 編集 ]
成功を収めたのが若すぎて天狗になりその後・・・てのはどこにでもある話
デンベレがそうならない事を祈ります
[ 2018/03/06 01:35 ] [ 編集 ]
 彼が自身のサッカー選手としての才能を100%活かす事は永遠に無いように思う。より高みを目指すバイタリティは特別な人間しか持ち合わせていないが、彼にそれはない。

 とは言え、彼が現状に満足しているならそれで良いのだと思います。一生遊んで暮らせるお金を手に入れていますし、人の幸せのあり方なんて人それぞれですからね。
[ 2018/03/06 02:12 ] [ 編集 ]
ある程度活躍してくれないと、売ろうにも売れない。
買った額以上で売れる選手に成長するとは到底思えないので、バルサにとっては悩ましいところじゃないでしょうか。
[ 2018/03/06 03:20 ] [ 編集 ]
モロッコとパリでパーティのハシゴ?
まず世界最強のクラブで結果を出すために
必死にならないといけない時期なのに・・・

ワールドクラスの選手ばかりのチームで
まだ駆け出しの若手がやる行動じゃないね
[ 2018/03/06 10:26 ] [ 編集 ]
ヤヌザイ化かい
[ 2018/03/06 20:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。